王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献検索

キーワード: 天王の森 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 9 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 年月 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第43巻 舎身活躍 午の巻 第2篇 月下の古祠 第8章 噴飯〔1159〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 3 件/天王の森=3 ...優姿、そいつが毎日日日乳母に手を引かれて天王の森へ参拝しよるのだ。その通り路が丁度俺の宅......期して居たのだ。それが貴様、豈図らむや、天王の森詣りは表向で其実は俺に何々して居たのだと......開き「これなテクシさま、あたいが毎日日日天王の森へ参拝するのは何のためだと思つて下さいま... 1
2 霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 第4篇 猩々潔白 第22章 獣婚〔1497〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 3 件/天王の森=3 ...ー………』サーベル『妾の夫はアヅモス山の天王の森を守護して居る猩々で厶いましたが、バーチ......くなつてからと云ふものは朝夕アヅモス山の天王の森へ参拝致し、種々と御祈願を籠めましたが、......まして、形許りの野辺の送りを済ませ、朝は天王の森に夫の冥福を祈り、夕はアヅモス山の山腹の... 2
3 霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 第4篇 猩々潔白 第24章 礼祭〔1499〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 1 件/天王の森=1 ...より  きれぬ縁につながれし吾』玉国別『天王の森に長らく仕へたる  その神徳で人の宿かる... 3
4 霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 第4篇 猩々潔白 第25章 万歳楽〔1500〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 2 件/天王の森=2 ...か』カール『併しアキス、旦那様と奥さまに天王の森の猩々が憑て居ると云ふ事ぢやないか。俺は...... ヨイヨイ ほんに目出度いお目出度い  天王の森の神さまが 御守護を遊ばし御夫婦を  目... 4
5 霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 第4篇 六根猩々 第19章 猩々舟〔1519〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 2 件/天王の森=2 ...りたう厶います。そしてモ一つの御願ひは、天王の森に一日も早く二棟の宮様を建築し、一方は三......支なくば、沢山の船を用意し、一匹も残らず天王の森へ伴れて帰つてやりたいと思ひますが、如何... 5
6 霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 第4篇 六根猩々 第21章 客々舟〔1521〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 2 件/天王の森=2 ...島に残りし三人の 神の御子をば相救ひ  天王の森の眷族と 仕へまつりし数百の  猩々の命...... 二十の船を相並べ  猩々の島に立向ひ 天王の森の眷族を  三百三十三人と 人一化九の三... 6
7 霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 第1篇 天仁和楽 第1章 清浄車〔1526〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 1 件/天王の森=1 ...棲まひしアヅモスの  元の屋敷に立帰り 天王の森の守護神と  再び仕ふる世となりぬ ヨー... 7
8 霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 第1篇 天仁和楽 第2章 神森〔1527〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 1 件/天王の森=1 ...  猩々の彦の魂は 吾肉体を宮となし  天王の森の神殿を いと新しく改築し  底津岩根に... 8
9 霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 第2篇 容怪変化 第9章 谷底の宴〔1691〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 1 件/天王の森=1 ...び来る物品を鉄線と滑車との作用によりて、天王の森の祠の床下から逆落しに谷間へ落し、之を船... 9
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki