王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献検索

キーワード: 神山彦 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 5 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 年月 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 第1篇 神界の混乱 第1章 攻防両軍の配置〔51〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 1 件/神山彦=1 ...小車彦、小車姫、元照彦、梅若彦、玉栄姫、神山彦の八神将を副へてこれを守護せしめられた。... 1
2 霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 第1篇 神界の混乱 第3章 美山彦命の出現〔53〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 1 件/神山彦=1 ...。味方の神将香川彦、広足彦、滝彦、豊彦、神山彦はそれを真の美山彦命と信じ、率先して棒振... 2
3 霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 第5篇 神の慈愛 第30章 十曜の神旗〔80〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 10 件/神山彦=10 ...を開いた。 そのとき末席よりあらはれたる神山彦、村雲彦、真倉彦、武晴彦は一斉に立ち、大......諸神司の眼前に連れ帰らむ』と述べ立てた。神山彦は憤然色をなし、『常世の国に使ひして、言......き真澄姫、言霊姫、竜世姫は異口同音に、『神山彦を遣はしたまふべし。彼は忠勇無比の神将に......実の神司なり』と奏上した。かくしてつひに神山彦の進言は容れられた。 ここに......神山彦は、村雲彦、真倉彦、武晴彦を伴なひ、従臣......やあつてその船は城内に下つてきた。これは神山彦一行の乗れる船であつた。 このとき照妙姫......ごとく身を変じて月界に帰つた。 荒熊彦は神山彦の一行を出迎へ、慇懃に遠来の労を謝し、か......来の労を謝し、かつ使節の趣旨をたづねた。神山彦は威儀を正して、『吾は稚桜姫命の直使なり... 3
4 霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 第5篇 神の慈愛 第31章 手痛き握手〔81〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 8 件/神山彦=8 ... 神山彦は決心の色をあらはし言霊別命にむかつて、......の知らるるごとく竜宮城にあり』と答へた。神山彦は、『そは既に承知せり。第二の妃神に面会......できなかつた。 命は是非なく一間へ帰り、神山彦らに向つて、『今まで吾が前にありし乙女は......く探せどもその影さへも認めず』と答へた。神山彦はニヤリと笑ひ、『天女のごとき妃神二柱ま......はずその場を立ち上がらむとした。このとき神山彦は言霊別命の袂をひかへ、『暫く待たれよ、......に物見せてくれむ』と三方より詰めよつた。神山彦は声を荒らげ、『第二の妃神絹子姫をわが前......きたり、言霊別命の前に平伏した。 ここに神山彦は、したり顔に命にむかひ、『こは照妙姫に......せむ』と先に立つてゆかむとした。そのとき神山彦は、『しばらく待たれよ。申し上げたき仔細... 4
5 霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 第5篇 神の慈愛 第32章 言霊別命の帰城〔82〕 出口王仁三郎   DB
RMN
全 6 件/神山彦=6 ... 神山彦は威儀を正し、言葉を改め、『稚桜姫命の直......をけり、一間に駆け入らむとした。このとき神山彦は懐中より短剣を取いだし、両肌を脱いで割......かに答へむと太息をもらし、思案にくれた。神山彦は決心の色をあらはし、『われは帰りて稚桜......りでなかつた。 命は意を決し、『しからば神山彦の言葉を容れ、すみやかに帰城すべし』と決......たのである。言霊別命はやむをえず、一まず神山彦一行とともに帰城せむとするに際し、元照彦......してこれを守らしめ、天の磐樟船に乗りて、神山彦一行とともに目出度く竜宮城へ帰還した。 ... 5
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki