王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献名1東京朝日新聞
文献名2
文献名3昭和10年12月8日 号外
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC NPTAc19351208G2
本文の文字数5205
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 悪質の不敬事件
教主を「ある存在」とし信者に妄信を強ひる

今回の検挙を敢行するまでには京都府警察部を中心として警視庁、島根県警察部では内務省指示の下に慎重に調査を遂げたものでこれは昨年十一月頃信者に送つた文書から活動を始め最近漸く悪質の不敬の事実を突きとめたためである、その内容は教主王仁三郎が自らをある存在だとし、信者に妄信を強ひてゐたものである、但し暴力的な行動を計画した形跡は今の所明瞭でない、なほ検挙は三十名(内東京八名)で一般信者には及ばない方針である

公安憂慮の検挙
高田文部省宗教局長談

従来の制度では宗教として神道、仏教、キリスト教以外は行政上扱つてゐない、大本教は警察だけで取締をしてゐるものだ、従つて野放しとなつてゐる観があるのだ、今度案を練つてゐる宗教団体法案によると、宗教類似の団体に対しては届出を命じて若し不穏のものであれば停止せしめることが規定されてゐる、──宗教局としては大本教の内容に関してこれまでは宗教としての調査はしてゐなかつた訳で、今度の法案が決定したならやらうと思つてゐたものであつた

鈴木京都府知事談

【京都電話】京都府綾部町に本拠を有する大本教において不敬の言動あるやの疑ひあり予て注意中のところこれを放置するにおいては公安に憂慮すべきものあるを認め十二月八日京都府警察部においては京都地方検事局と打合せの上警視庁並に島根県警察部と協力し関係箇所の家宅捜索をなすと同時に出口王仁三郎以下約三十名の関係者を検挙せり

薄田京都警察部長談

【京都電話】内容については本省からの指令によつて鈴木知事の語られた以上の事は話せない、杭迫府特高課長が昨年十一月着任以来大本教に関し専心研究の結果遂に今回の大検挙となつたのであるが内容は去る大正十年大検挙の際と同じやうなことを繰返したものである

〝何が何だか〟
けふ昭和神聖会本部で出口氏次女語る

検挙を喰つた四谷区愛住町昭和神聖会総本部には、事務員達と落つきはらつた出口王仁三郎氏次女出口寿賀麿妻うめのさん(32)が留守をしてゐるが
何も私は知りません、三日前に遊びに上京して来ました、何が何やら判らず驚いてゐるばかりです
といつてゐる、また本部の連中は出口副統監、広瀬総本部次長を曳かれてぼんやりしてゐる
これで二度の災難です、今朝はびつくりしました、広瀬次長はずつと当方にゐられますし、宇知麿副統管はしばらく亀岡に行つてゐられ昨朝帰られましたばかりです
と神の試練だといはぬばかりに落ついたものだ、信者達からの問合せやら見舞の電話に忙殺されてゐる

別院の驚き

杉並区和田本町三一二皇道大本紫雲郷別院は押収された重要書類の風呂敷包十個と共に関東主会長土居靖都氏(53)が検挙され居合せた信者、男五名、女七、八名は何事が起つたのやらわけが判らず
一体どんな事があつたのですか
私たちには皆目判りません
とて茫然としてゐる

新潟の手入れ
役員二名を検挙

【新潟電話】新潟県特高課では八日午前五時中央の指令により新潟市上大川前通小甚旅館に宿泊中の京都府天恩郷本部役員井上留五郎(62)同昭和青年会役員神本泰昭(42)の両名を検挙、新潟署に留置取調中である
右両名は去る六日山形県方面から本県に入り大本教教義宣伝のため引続き新潟市の信徒間に呼びかけ市内数ケ所で座談会を開き七日夜は新潟市二葉町同教支部事務所で数十人を集め深更まで座談会を開いてゐたものである、両名は県下各地の状況その他につき本部との連絡を取つてゐたもので新潟市内の信徒は目下三百名位を有しその他県下には加茂町をはじめ各地に多数分布されてゐる
尚右両名今回の行動は今までのところ新潟市だけに限られてゐる模様である

すでに覚悟の教主
落着いて引立てらる

【松江電話】島根県警察部では別項の如く八日午前四時を期し松江市北堀町大本教島根支部境内にある通称赤山御殿に澄子夫人と臥床中の出口王仁三郎氏を検挙したが同氏検挙に当つては既に警視庁から工藤県特高課長に秘命が発せられて居り当日警官隊が支部を包囲した際例によつて支部付近には昭和神聖会員等が徹宵警戒に当つて居たが入口に居合せた会員二名を検束し間髪を容れず工藤県特高課長が屋内に入り王仁三郎氏に向ひ「京都からお迎へに来ました」といへば既に同氏は覚悟を定めて居たものの如く
一寸京都に用事があるから行つて来る、教徒に心配させぬやうに
と澄子夫人にいひ含め警官に引立てられて行つた

信徒二千名が知らぬ間の拘引
松江の大祭は平穏

【松江電話】出口王仁三郎氏は八日松江市北堀町大本教島根別院に開かれる大祭当日の未明検挙された、その朝の別院は国旗を掲揚し県下各地から続々信者が集まり午前十時には約二千名の信徒によつて盛大な祭典が挙行されたが王仁三郎氏の検挙が疾風迅雷的であつたため信者はこれを知る者少く極めて平穏であるが
島根県警察部では多数の警官を松江に集結北堀の別院を中心に三間おき位に二人づつの警官を配置する一方別院正門には松江署敦賀司法主任の指揮する多数の特別隊が厳重な警戒陣を張り付近一帯は物々しい情景を呈した

教主夫人語る

【松江電話】大本教主出口王仁三郎氏検挙の旋風一過の後松江市の同教島根別院では予定通り八日午前十時から教主夫人澄子氏主宰の下に秋季大祭が執行されたが澄子夫人は落付いた態度で語る
松江は今朝がた警察の方が見えられ教主に同行を求められ出かけましたが私には何のことかさつぱりわかりません、出がけにも何も大した言伝がなかつたものですから祭典は予定通りやつてゐます、私は多分明朝位に綾部へ帰るつもりでゐます

実に計画的だ
断乎処罰せよ
第一回の検挙に腕を揮つた藤沼氏快哉を叫ぶ

大本教大検挙の報に膝をたたいて快哉を叫んでゐる男、かつて大本教に大手入れを断行して天下の耳目を驚倒させた藤沼庄平氏の思ひ出話をきいて見る、その検挙は大正十年二月十二日、当時藤沼氏は若冠三十六歳の警察部長として京都府に在職、元気一ぱいの腕をふるつた頃の思ひ出である──
大正七年の五月京都へ赴任し、米騒動が終つてから、同年暮愈々大本教検挙を決意しました、皇道大本を説きながら教主出口王仁三郎の書く文章の至る所に不敬な言辞が散見するのです、当時の馬渕府知事の同意を得、現在仙台の日本生命支店長をしてゐる高芝君を専任警部に任命して内偵を進めたのです、材料を集めるのに一年半、その間高芝君は出口から「秘書に命ず」という辞令をもらつたりしてね、あつはつは──愈々その頃の平沼検事総長、小山次席検事(前法相)の指揮によつて断行したね、綾部、亀岡、八木、京都の四ケ所を襲つて、出口は大阪の大正日日新聞社長室から検挙した、この時彼は僕に耳打ちしてね「藤沼さん、不敬罪ぢやありますまいな」といひましたよ、この一言で彼等の行動が如何に計画的であり、又精神病者でもなく、彼等の一番痛い所であるかが判るでせう、断々乎として処罰すべきですよ、それが大正天皇崩御のためその事件は特赦になつたんです、今京都でやつてる中村総務部長が当時の保安課長でね、断然やるでせうよ、何しろその頃から「『お筆先』なんてものは私の作りものです」と出口は平然と云つてるんですからね、皇道を説く者としてあんな団体がある事は実際困ります
と前警視総監の腕をさすつてゐるのだ

解散を命ずるか
内務省慎重に研究

不敬事実を暴露した大本教に対し内務省警保局では解散を命ずべきかどうかについて目下研究を進めてゐるが大本教が秘密結社等に抵触せぬとしても取調の進行によつて不敬問題で断乎解散することになりはせぬかと見られ成行は頗る注目されてる

埼玉県下の信徒

【浦和電話】埼玉県下の大本教組織は大正十年の大検挙前に根を下したものであるがその後一時沈滞し昨年大本教を中心とする政治結社昭和神聖会の組織されて以来急速に発展し現在では教徒概数五百、二分所、十八支部がある、分所、支部所在地は次の通り
△分所 浦和、本庄
△支部 大和田、志木、内間木、浜崎、川口、太田窪、木崎、大宮、三橋、所沢、川島、松山、野本、行田、江面、大里、藤田、仁手

物凄い勢力で海外にも蔓る
全土に臨む大理想を描く
大本教とは何か?

京都府何鹿郡綾部町に天保七年に生れた出口直婆さんは明治二十五年以来神がかりだといつて物質万能の世を立直さねばならぬと神人の関係、霊主体従主義の警告、教訓及び予言等全部平仮名で書き綴つた所謂「お筆先」を多数作成し艮の金神その他の神を祀つてゐたところ現教主出口王仁三郎氏は明治三十二年直の末女すみの婿養子となつてその後多少の変遷はあつたが直のお筆先が自分の修得した霊学を骨子として大本言霊学及び大石凝真著「美の言霊学に」よつて解釈した古事記の主旨を加味して教義を組織しこれを皇道大本と名づけた
その教義は直に憑り移した艮の金神国常立命の神勅により政治宗教その他人世の経綸一切よう実行せんとする治教の一種だと称し幽顕両界の立替へ立直しをして将来世界統一の帝都を綾部に遷し出口家が祭祀長となつて神勅を受けると説き神社を祀り瞬くうちに大勢力を築き上げ殊に知識階級、軍人、官吏等が多数馳せ参じてゐたが
大正十年五月同教の宣伝機関誌で大正六年から綾部で発刊してゐた「神霊界」と題する雑誌中に皇室の尊厳を冒涜する不敬記事が多数掲載されてゐることが判明大検挙が行はれ出口王仁三郎氏、教義宣伝に当つた浅野和三郎氏、発行人の吉田祐定氏は京都地方裁判所で公判に付され大騒ぎであつた
 ○……
然しその後も同教の勢力は再びぐんぐん盛返して大正十四年から欧洲にも進出してパリに欧洲本部を置き又支那満洲の世界紅卍会と共同宗教戦線を張つて人類愛善会を設立して総本部を亀岡に置き「人類愛全新聞」を発行、更に全東洋の宗教界に君臨すべく支那の道教、救世新教、仏教、喇嘛教、道教、仏教、回教等を含む世界宗教聯合会を北平に設ける等物凄い勢ひで進出してゐる
 ○……
かくて大本教はかつての検挙による弾圧に一応鳴りをひそめてからは只管海外進出に主力をおいてゐたが総本部を綾部に、活動機関本部を京都府亀岡町に置き同町の天恩郷は明智光秀の旧城址二万余坪を擁し常に数百名が居住して光照殿月宮殿等数多の造営建築物をはじめ大祥殿といふ大道場、安生館といふ宿舎等修業者は益殖え行く一方宣伝のための印刷工場を設ける等組織ある大運動の起訴はぐんぐん固められてゐる
内地には千数百の分院が各地至る所に設けられ六千の宣伝布教師が活躍し又昭和青年会は人類愛善会発展の前衛隊として活動し全世界各国にも多数の信者を獲得その数は非常に多く見られてゐる

昭和神聖会
奇矯な綱領
大本教の別働隊

【綾部電話】今回の大検挙により糾明の核心と見られて居る昭和神聖会は大本教の別働隊で出口王仁三郎氏を統監に、公爵二条基弘氏を総裁に、昨年一月二十三日東京で発会式を挙げ総本部を東京に、亀岡に本部を置いて全国主要都市にそれぞれ支部を置き又綾部には三本地方本部を設立し広く会員を募集して居た、昭和神聖会の綱領は左の通りである
一、皇道の本義に基き祭政一致の確立を期す
一、天祖の神勅並に聖詔を奉戴し神国日本の大使命の遂行を期す
一、万邦無比の国体を闡明し皇道経済、皇道外交の確立を期す
一、皇道の国政を信奉し国民教育指導精神の確立を期す
一、神聖皇道を宣布発揚し人類や愛善の実践を期す
以上の綱領により所謂皇道維新、祭政一致、皇道外交、人類愛善を提唱し又雑誌「神聖」を毎月発行、この外「祭政一致の大道」「華府条約即時廃棄」「機関説排撃」などのパンフレツトを多数頒布して居た
紙上には出口統監以下幹部等は所謂神聖会の綱領に基き政策諸説を発表して居るが出口統監の所説には皇道経済として紙幣一千億円を発行せしめ、五六年間は全く国民の諸税を免除し酒煙草の如き全部無税にすべしといふやうな驚くべき奇矯な説を発表してゐる
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki