王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献名1東京朝日新聞
文献名2
文献名3昭和11年3月14日 夕刊(15日付)
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC NPTAc19360314Y1
本文の文字数624
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 王仁さんスタコラ
カメラの襲撃に取り乱す
けふ刑務所へ転居

【京都電話】前日起訴され京都五条、中立売両署預けとなつてゐた出口王仁三郎以下六名は十四日中京区刑務支所に収容された王仁三郎はまづ午前八時過ぎ武内五条署長から収容の旨を伝へられると署長を始め係員に「色々お世話になりました」と丁寧に頭を下げた、午前九時半特高課高橋警部が拘引状と六結社解散命令とを携へて留置場に入り、王仁三郎に対して解散命令を伝達した、この時分から五条署の前は非常な混雑を呈し午前十時護送の自動車が用意せられ衆人注視の裡に重々しく開かれた留置場からノソリと出て来た王仁三郎は普段着のままで鉄無地紬黒無地羽二重の羽織を引掛け、フエルト草履を穿き胡麻塩九の丸刈頭に黒ベロアのソフトを冠つてゐた、血色の好い顔も流石に興奮して堅く口を結び、ヂロリと辺りを見廻してゐたが一斉に向けられたカメラの放列に急に狼狽の色を見せてコソコソと小走りにうつむき乍ら自動車の中に駆込み面をふせた、護送自動車は黒山のやうに群つた市民の好奇の視線を浴び乍ら京都地方検事局に送られた、かくて検事局三階の小野主任検事の室で午前十一時拘留訊問が済んで拘留状を執行され検事局の裏からこつそり刑務所に収容された
一方中立売署に留置中の東尾、高木、岩田、桜井、井上、吉野も護送され午後一時全部の送局を完了拘置訊問を終り順次拘引状を執行され検事局から中京区刑務支所へ悉く収容された
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki