王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献名1東京朝日新聞
文献名2
文献名3昭和11年11月19日 朝刊
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC NPTAc19361119A1
本文の文字数703
本文のヒット件数全 1 件/=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 大本と天津教をチヤンポン宗教
龍神会首脳近く送局

【既報】目黒区清水町に神政龍神会の看板を掲げ信者獲得に狂奔してゐた同町四七二予備海軍大佐矢野祐太郎(56)同町四七一予備海軍中佐加世田哲彦(40)の両名を大井署から近く不敬罪で送局する事となつた
同署の調によると矢野は欧洲大戦直前海外武官としてロンドンに駐在中「火星からの使」といふドラマを見て刺激され、更に大本教御筆先を見て宗教に興味を持ち任を終へて帰国、退官後の大正七年一家をあげて大本教の本拠京都府下綾部町に居を移し昭和四年迄十数年間熱心な信者として信仰生活を送つてゐた、その間出口王仁三郎が蒙古に神国建設を唱へた際軍事顧問の名目で王天海と名乗り馬賊三百数十名を従へ蒙古入国の直前張作霖の部下に妨げられて目的は達しなかつたがその際大本教の軍資金のイザコザから王仁三郎とはなれ、大阪の同教まさみち道場で一年間同教の教義をはじめ教団経営の秘訣を修得、更に茨城県磯原町天津教を加味した前記神政龍神会といふ新教を樹立し妻しん(51)を神がかりの巫女に仕立て上流階級に働きかけ多数名士の後援を得て兵庫県川辺郡中谷村下肝川に山林二町歩を買占め「地の高天ケ原」と称して本殿建築を計画、布教に奔走してゐたもので
教義内容は日本書紀、古事記等を曲説し「下肝川由来記」「雲の上より」等のパンフレツトに不敬文字を連ねてゐたもの
加世田は元天理教信者で大本教に転じ昭和八年矢野と知合ひ共鳴、昨年十二月退官したもので、本年三月の検挙以来取調べに八ケ月を要し大井署で身柄送局に先立つて一件書類並に証拠書類をトラツク三台に満載送局した
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki