王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻
文献名2第1篇 幽界の探険
文献名3第11章 大幣の霊験〔11〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ一歩一歩かろうじて前進すると、広大な池があった。池の中には虫がたくさんおり、蛇体の怪物がいた。後ろからは鬼が槍で突きに来る。
進退窮まっていると、頭上から女神の声がして、一本の大幣が下ってきた。大幣を手にとって思わず、「祓戸大神祓いたまへ清めたまへ」と唱えると、池はたちまち平原になり、鬼も怪物も姿を消してしまった。
数万の老若男女の幽体はたちまち蘇生し、「三ツ葉様」と叫んだ。各人の産土の神が現れて、氏子を引き連れて喜び帰って行った。
さらに平原を一人行くと、巨大な洋館が聳え立っていた。中に入ると、獄卒が亡者をひどく責め立てていた。中にたくさんの婦女子が槍で刺されたり、赤子の群れに血を吸われたり、毒蛇に巻かれて苦しんでいる光景があった。
またもや大幣を左右左に振ると、苦しんでいた大勢の婦女子は助けられて、うれし泣きに泣いている。また各人の産土の神が現れて、氏子を伴い、合掌しながら帰って行った。天の一方には歓喜に満ちた声が聞こえる。
主な人物 舞台 口述日 口述場所 筆録者 校正日 校正場所
OBC rm0111
本文の文字数1214
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  一歩々々辛うじて前進すると、広大な池があつた。池の中には全部いやらしい毛虫がウザウザしてをる。その中に混つて馬の首を四ツ合せたやうな顔をした蛇体で角が生えたものが、舌をペロペロ吐き出してをる。この広い池には、細い細い氷の橋が一筋長く向ふ側へ渡してあるばかりである。後から「松」「中」「畑」といふ鬼が十字形の尖つた槍をもつて突きにくるので、前へすすむより仕方はない。十人が十人ながら、池へすべり落て毛虫に刺され、どれもこれも全身腫あがつて、痛さと寒さに苦悶の声をしぼり、虫の鳴くやうに呻つてをる状態は、ほとんど瀕死の病人同様である。その上、怪蛇が一人々々カブツとくはへては吐きだし、骨も肉も搾つたやうにいぢめてをる。自分もこの橋を渡らねばならぬ。自分は幸に首尾よく渡りうるも、連の人々はどうするであらうかと心配でならぬ。躊躇逡巡進みかねたるところへ、「三葉殿」と頭の上から優しい女の声が聞えて、たちまち一本の大幣が前に降つてきた。手早く手にとつて、思はず「祓戸大神祓ひたまへ清めたまへ」と唱へた。広い池はたちまち平原と化し、鬼も怪蛇も姿を消してしまつた。数万人の老若男女の幽体はたちまち蘇生したやうに元気な顔をして、一斉に「三ツ葉様」と叫んだ。その声は、天地も崩れんばかりであつた。各人の産土の神は綺羅星のごとくに出現したまひ、自分の氏子々々を引連れ、歓び勇んで帰つて行かれる有難さ。
 自分は比礼の神器を舟木に渡して、困つてをつたところへ、金勝要神より、大幣をたまはつたので、百万の援軍を得たる心地して、名も知れぬ平原をただ一人またもや進んで行く。
 一つの巨大な洋館が、儼然として高く雲表にそびえ立つてをる。門口には厳めしき冥官が鏡のやうな眼を見張つて、前後左右に首をめぐらし監視してをる。部下の冥卒が数限りもなく現はれ、各自に亡人を酷遇するその光景は筆紙につくされない惨酷さである。自分は大幣を振りながら、館内へ歩をすすめた。冥官も、冥卒もただ黙して自分の通行するのを知らぬふうをしてゐる。「キヤツキヤツ」と叫ぶ声にふりかへると、沢山の婦女子が口から血を吐いたり、槍で腹部を突き刺されたり、赤児の群に全身の血を吸はれたり、毒蛇に首を捲かれたりして、悲鳴をあげ七転八倒してゐた。冥卒が竹槍の穂で、頭といはず、腹といはず、身体処かまはず突きさす恐ろしさ、血は流れて滝となり、異臭を放ち、惨状目もあてられぬ光景である。またもや大幣を左右左に二三回振りまはした。今までのすさまじき幕はとざされ、婦女子の多勢が自分の脚下に涙を流して集まりきたり、中には身体に口をつけ「三ツ葉様、有難う、辱なう」と、異口同音に嬉し泣きに泣いてをる。一天たちまち明光現はれ、各人の産土神は氏子を伴なひ、合掌しながら、光とともにどこともなく帰らせたまうた。天の一方には歓喜にみちた声が聞える。声は次第に遠ざかつて終には風の音のみ耳へ浸みこむ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki