王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献名1霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻
文献名2第3篇 天地の剖判
文献名3第23章 黄金の大橋〔23〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ地の高天原にはヨルダン河(またはイスラエルの河、五十鈴河という)が流れており、そこには非常に大きな黄金の反り橋がかかっている。非常に勾配が急で渡るに難しく、また金に身魂が映って本性を表すので、悪魔はこの橋を渡れない。
自分は橋を渡ってエルサレムの聖地(地の高天原)に着いた。そこには荘厳な大神の宮殿が造られていた。宮殿のあるところは蓮華台上である。四方は青山に囲まれ、ヨルダン河と湖水が麓にある。湖水には大小無数の島があり、檜作りの宮が建てられている。
湖にも黄金の橋がかけられており、黄金造りの高殿に通じている。これが竜宮城である。
盤古大神一派、大自在天一派は竜宮城を占領して地の高天原の主権を握ろうとたくらみ、潜入しつつあった。
蓮華台上の珍の宮に登ることができる身魂は、神界から大使命を帯びた神人である。竜宮に至ることができるのは、中位の神の身魂である。竜宮には竜神が集まり、解脱して人間に生まれ変わる神界の修行の場所でもある。
竜宮の宝は麻邇の珠であり、風雨雷電を叱咤するという神宝である。珍の宮には真澄の珠という宝がある。
竜神は畜生の部類をまだ脱することができない身魂であり、人間よりも一段下の位である。しかしながら、人間界が堕落するにつれて、下位の竜神を崇める人間が出てくるという身魂の転倒が起こったのである。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年10月21日(旧09月21日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所
OBC rm0123
本文の文字数2221
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  地の高天原は、盤古大神塩長彦系と大自在天大国彦系の反抗的活動によつて、一旦は滅茶々々に根底から覆へされむとした。故にその実状を述べるに先きだち、地の高天原の状況を概略述べておく必要がある。
 自分の霊魂は今まで須弥仙山の上に導かれて、総て前述の状況を目撃してゐたが、天の一方より嚠喨たる音楽聞えて、自分の霊体は得もいはれぬ鮮麗な瑞雲に包まれた。その刹那、場面は一転して元の神界旅行の姿に立返つてゐた。
 或ひは細く、或ひは広き瓢箪なりの道路を進んで行くと、そこには大きな河が流れてゐる。これは神界の大河でヨルダン河ともいひ、又これをイスラエルの河ともいひ、また五十鈴川ともいふのである。さうしてそこには非常に大きな反橋が架つてゐる。
 この橋は、全部黄金造りで丁度住吉神社の反橋のやうに、勾配の急な、長い大きな橋であつた。神界旅行の旅人は、総てこの橋の袂へ来て、その荘厳にして美麗なのと、勾配の急なのとに肝を潰してしまひ、或ひは昇りかけては橋から滑り落ちて河に陥込むものもある。また一面には金色燦爛としてゐるから、おのおの自分の身魂が映つて本性を現はすやうになつてゐる。それで中には非常な猛悪な悪魔が現はれて来ても渡られないので、その橋を通らずに、橋の下の深い流れを泳いで彼岸に着く悪神も沢山ある。それは千人に一人くらゐの比例であつて、神界ではこの橋のことを黄金の大橋と名づけられてある。
 自分はこの大橋を足の裏がくすぐつたいやうな、眩しいやうな心持でだんだんと彼岸へ渡つた。少し油断をすると上りには滑り、下りになれば仰向けに転倒するやうなことが幾度もある。要するにこの黄金の大橋は、十二の太鼓橋が繋がつてゐるやうなもので、欄干が無いから、橋を渡るには一切の荷物を捨てて跣足となり、足の裏を平たく喰付けて歩かねばならぬ。
 さうしてこの橋を渡ると直に、自分はエルサレムの聖地に着いた。この聖地には黄金とか、瑪瑙とかいふ七宝の珠玉をもつて雄大な、とても形容のできない大神の宮殿が造られてある。
 さうしてこの宮はエルサレムの宮ともいへば、また珍の宮とも称へられてゐる。ウといふのはヴエルの返し、サレムの返しがスであるから、珍しい宮といふ言霊の意義である。さうしてこの宮の建つてゐる所は、蓮華台上である。この台上に上つて見ると、四方はあたかも屏風を立てたやうな青山を廻らし、その麓にはヨルダン河が、布をさらしたやうに長く流れてゐる。また一方には金色の波を漂はした湖水が、麓を取囲んでゐる。その湖水の中には、大小無数の島嶼があつて、その島ごとに宮が建てられ、どれもこれも皆桧造りで、些しの飾りもないが非常に清らかな宮ばかりである。それからそこに黄金の橋が架けられてあり、その橋の向ふに大きな高殿があつて、これも全部黄金造りである。これを竜宮城といふ。
 空には金色の烏が何百羽とも知れぬほど翺翔し、またある時は、斑鳩が沢山に群をなして飛んでをる。さうして湖上には沢山の鴛鴦が、悠々として游泳し、また大小無数の緑毛の亀が遊んでゐる。
 この島嶼はことごとく色沢のよい松ばかり繁茂し、松の枝には所々に鶴が巣を構へて千歳を寿ぎ、一眼見ても天国浄土の形が備はつて、どこにも邪悪分子の影だにも認められず、参集来往する神人は、皆喜悦に満ちた面色をしてゐる。これは、国常立尊の治めたまふ神都の概況である。さうしてこの竜宮を占領して、自ら竜王となり、地の高天原の主権を握らむとする一つの神の団体が、盤古大神系である。この団体が、蓮華台上を占領せむとする大自在天(大国彦)一派の悪神と共に、漸次に聖地に入りこみ、内外相呼応してエルサレムの聖地を占領せむと企らんでゐた。
 蓮華台上に昇り、珍の宮に到りうる身魂は、既に神界より大使命を帯たる神人であり、また竜宮に到りうるところの身魂は、中位の神人であつて、今までの総ての罪悪を信仰の努めによりて払拭し、御詫を許され、始めて人間の資格を備へ得たものの行く処である。この蓮華台上の珍の宮は、天国のままを移写されたものであつて、天人天女のごとき清らかな身魂の神人らが、天地の神業に奉仕する聖地である。また竜宮は主として竜神の集まる所で、竜神が解脱して美しい男女の姿と生れ更る神界の修業所である。
 さうしてこの竜宮の第一の宝は麻邇の珠である。麻邇の珠は一名満干の珠といひ、風雨電雷を叱咤し、自由に駆使する神器である。ゆゑに総ての竜神はこの竜宮を占領し、その珠を得むとして非常な争闘をはじめてゐる。されどこの珠はエルサレムの珍の宮に納まつてゐる真澄の珠に比べてみれば、天地雲泥の差がある。また竜神は実に美しい男女の姿を顕現することを得るといへども、天の大神に仕へ奉る天人に比ぶれば、その神格と品位において著しく劣つてをる。また何ほど竜宮が立派であつても、竜神は畜生の部類を脱することはできないから、人界よりも一段下に位してゐる。ゆゑに人間界は竜神界よりも一段上で尊く、優れて美しい身魂であるから神に代つて、竜神以上の神格を神界から賦与されてゐるものである。
 しかしながら人間界がおひおひと堕落し悪化し、当然上位にあるべき人間が、一段下の竜神を拝祈するやうになり、ここに身魂の転倒を来すこととなつた。
(大正一〇・一〇・二一 旧九・二一 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki