王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献名1霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻
文献名2第5篇 御玉の争奪
文献名3第41章 八尋殿の酒宴の一〔41〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ竹熊は、残りの十個の玉を一挙に奪おうと画策した。まず、大八洲彦命の前に出て、涙とともに以前の罪を謝罪する振りをした。
大八洲彦命は竹熊の懺悔を憐れみ、これを許した。竹熊と大虎彦は新しい八尋殿を建てて祝宴を張り、大八洲彦命とその従神たちを歓待した。大八洲彦命が退席した後、黄金水の玉を持っている従神たちをたぶらかして、玉を一気に奪おうとしたのである。
竹熊とその従神たちは、偽の宝玉を出して自慢をし合い、大八洲彦命の従神たちを挑発した。杉生彦、猿彦はまんまと計略に乗って、おのおの持っていた黄金水の玉を取り出して自慢を始めた。
一方、高杉別、森鷹彦、鶴若、亀若、時彦らは、どれほど挑発されても、玉を出そうとはしなかった。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年10月24日(旧09月24日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所
OBC rm0141
本文の文字数2006
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  竹熊は奸計を廻らし、やうやく二個の玉を手に入れたが、後にまだ十個の玉が残つてゐるのを手に入れねばならぬ。しかし是はなかなか容易の業ではないと悟つた竹熊一派は、一挙に十個の玉を得むことを企画した。そこで先づ第一に竜宮城の宰相神なる大八洲彦命を誑かる必要に迫られた。竹熊は大虎彦と共に種々の珍しき宝を持ち、大八洲彦命の御前に出で、以前の悪逆犯行の重き罪を、空涙とともに謝罪した。
 その時の有様は、土間に両名四つ這となり、地に頭を下げ、もつて絶対的帰順を装うたのである。大八洲彦命は元来仁慈無限の神にして、かつ戦闘を好まず、悪霊を善道にみちびき神界を泰平ならしめむと、日夜焦慮してをられた。そこへ両名の帰順の態度を見て心中深く憐れみ、邪悪無道の敵ながらも気の毒なりと、つひにその請ひを許し、将来は相提携して神業に奉仕せむことを教示せられた。両名は感謝の意を表はし、恭しく礼を陳べこの場を立去つた。
 しかして竹熊、大虎彦は門外に出づるや否や、たがひに面を見合せて舌を出し、苦笑した。このとき大八洲彦命は、田依彦、玉彦が竹熊の奸計によりて、玉を奪取されたことを感知してゐなかつた。田依彦、玉彦は己が失策を責められむことを恐れて、たれにも口外せず、ただ独り煩悶してゐたからである。
 ここに竹熊、大虎彦は、新しき八尋殿を建てて諸々の珍器を飾り、金銀珠玉をちりばめたる金殿玉楼を造り、平和帰順の目出度記念として大祝宴を張らむとし、第一に大八洲彦命を招待した。大八洲彦命は、玉照彦、大足彦を左右にしたがへ、神彦、芳彦、高杉別、森鷹彦、鶴若、亀若、倉高、時彦、杉生彦、猿彦らと共にこの祝宴に臨まれた。また竹熊の方では、大虎彦をはじめ、玉若、繁若、坂熊、寅熊、桃作、木常姫、中裂彦らが宴に侍した。
 大八洲彦命は竹熊らの歓待に満足し、大盃を挙げて祝された。しかして一同にむかひ、
『斯くのごとく互ひに打ち解け帰順和合の上は、もはや世界に敵味方の区別なし。たがひに力を協せ心を一にし、親子兄弟のごとく相和し相親しみ、もつて神業に奉仕せよ』
との訓示を伝へ、かつ竹熊、大虎彦らに厚く礼を述べ、玉照彦、大足彦とともに鳥船に乗りて、竜宮城へ無事帰城された。
 大八洲彦命の退座されし後は、もはや少しの気兼なく、たがひに心を打ちあけ無礼講をなさむとて、さかんに飲み食ひ、かつ乱舞に時を移した。時分はよしと竹熊は、田依彦、玉彦より奪ひたる玉に金箔を塗り、玉の一部分に生地を露はし、その生地のところに日月の形を造り、宴席の上座に持出して、
『これは余がかつて天神より賜はりたる金剛水の玉なり、この玉ある時は世界は自由自在なり』
と誇り顔に陳べたてた。竹熊の従臣は、「われにも斯かる珍器あり」とて、円き石に種々の箔を着せ、宴席に持出し、非常に玉の功用を誇つた。高杉別以下の竜宮城の神司は面目を失つた。たちまち負けぬ気になつた芳彦は、懐より紫の玉を取出し、
『諸神よ、あまり軽蔑されな。われにも斯くのごとき宝玉あり』
と席上に持出し、これを机上に据ゑ肩をはり鼻息たかく頤を振つてみせた。ここに神彦は、「われにも玉あり」とて、黄色の玉を持出し、机上に据ゑてその珍宝を誇り、意気揚々として座に復した。
 そのとき大虎彦は席上に立ち、
『われ等の部下にはかくの如き数多の玉を有す。然るに竜宮城の神司に玉少なきは如何』
と暗に敵慨心を挑発せしめた。このとき負けぬ気の倉高は、
『貴下らの玉は、吾らの所持する宝玉に比ぶれば、天地霄壤の差あり、天下無双、古今独歩、珍無類の如意の宝珠の玉を見て驚くな』
と酒気にまかして、前後の弁へもなく、鼻高々と机上に据ゑわが席に復つた。竹熊は大ひに笑ひ、
『いかに立派なる竜宮の宝玉とて、ただ三個にては何の用をかなさむ。吾には無数の宝玉あり』
とて、なほ奥の間より一個の偽玉を持出してきた。
 一見実に立派なものであるが、その内容は粘土をもつて固められた偽玉である。羨望の念に駆られたる杉生彦、猿彦は負けぬ気になり、
『斯くのごとき宝玉は、いかに光り輝くとも何かあらむ、今わが持ち出づる玉を見て肝を潰すな』
と酒気にまかせて机上に持出し、玉の由来を誇り顔に物語つた。
 このとき高杉別、森鷹彦、鶴若、亀若、時彦は苦り切つた顔色をなし、酒の酔も醒め色蒼白めて控へてゐる。竹熊、大虎彦は五柱の神司にむかひ、言葉汚く、
『汝らは竜宮城の従臣なりと聞けども、ただ一個の宝玉も無し。ただ汝の持てるものは大なる肛門の穴か、八畳敷の睾丸のみならむ』
と冷笑した。五柱は怒り心頭に達した。されども深く慮つて、容易にその玉を出さなかつた。
(大正一〇・一〇・二四 旧九・二四 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki