王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献名1霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻
文献名2第2篇 中軸移動
文献名3第13章 神憑の段〔213〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ鬼神たちは神々を鉄棒でさんざんに打ち悩ました。すると突然暴風が吹いて、鬼神たちは追い払われた。
神々が不思議に顔を見合わせていると、盤古大神、常世彦、常世姫をはじめ、多数の神々は神がかりとなって、上下左右に身体を振動させて狂気のように飛び回り始めた。
これは、心身が弱ったところを見計らって、邪霊たちがいっせいに憑依したのである。
聖地エルサレムの天使・言霊別の長子である竜山別は、腹黒い神で、野心を抱えていた。エルサレムの変乱にも自己の一派はたくみに逃れて常世彦の配下に収まっていた。
竜山別は今回の断食にも参加していたが、八頭八尾の大蛇の眷属に憑依され、日の大神・月の大神であると百雷が轟くような声で名乗った。神々らはいっせいに歓喜の声を上げた。
そこへ中空に『邪神にたぶらかされるな』という声が聞こえた。盤古大神はこの声を聞くと、突然その場を逃げ出した。
盤古大神を常世姫がさえぎり、二神は格闘を始めた。他の神々は邪霊に憑依されて、残らず常世姫の肩を持った。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月07日(旧12月10日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所
OBC rm0513
本文の文字数2217
本文のヒット件数全 1 件/ウラル山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  東北の天より降りきたれる六面八臂の鬼神は、あまたの部下を引率し、盤古大神以下の飢餓に迫りて身体痩衰へ、あたかも葱を煮たやうにヘトヘトになつて、身動きも自由ならぬこの場に現はれ、鉄棒をもつて疲れ悩める神々を突くやら打つやら、無残にも乱暴狼藉のかぎりを盡し、連木で味噌でもするやうな目に遇はしてゐる。盤古大神以下の神人は、抵抗力も防禦力も絶無となつてしまつて、九死一生、危機一髪の悲境に陥る折しも、またもや忽然として暴風吹き起こり、岩石の雨は邪鬼の群にむかつて打ちつけた。あまたの鬼どもは周章狼狽しながら、雨と降りくる岩石に打たれて、頭を割り、腰骨を挫き、脚を折り、這々の態にて、負傷した鬼どもを各自小脇に抱へながら、東北の空さして雲を霞と逃げ失せた。しかるに不思議なことには、盤古大神部下の神人は一柱も負傷するものがなかつた。何れも顔を見合して、眼前の奇怪千万な光景に呆れるばかりであつた。
 このとき、一陣の風サツと音して吹き来たるよと見るまに、大地に平臥して苦悶せし盤古大神も常世彦、常世姫も俄に顔色紅を呈し、元気は頓に回復し、立上つて両手を組みながら上下左右に身体を動揺させ、躍り上つて遠近を狂気のごとくに飛び廻つた。これは八頭八尾の大蛇と金毛九尾の悪狐の邪霊が、心身の弱り切つたところを見澄し、一度に憑依したからである。次々に他の神人も同様に元気を回復し、手を振り足を踏み轟かせ、遠近を縦横無尽に駈廻るその有様、実に雀の群に鷹の降りたる時のごとき周章かたである。彼方にも此方にも、ウンウン、ウーウーと呻るかと見れば、ヤヽヽヽヤツヤツヤツ、カヽヽヽヽシヽヽヽヽラヽヽヽヽヤツヤツカヽヽヽシヽラヽヽ、ヤツカシラヤツヲノ、ヲヽヽヽヽロヽヽヽヽチヽヽヽヽ、ヲロチヲロチと叫ぶのもあり、キヽヽヽヽキンキンキンキンモヽヽヽヽヽヽモウモウキユキユキユビヽヽヽヽキキキンモモモウキユキユキユウビヽヽヽキンモウキユウビのキヽヽヽヽツヽヽヽヽネヽヽヽヽキツネキツネキツネキツネと叫ぶ神人もできてきた。また一方にはクヽヽヽヽニヽヽヽヽトヽヽヽヽコヽヽヽヽタヽヽヽヽチヽヽヽヽノヽヽヽヽミヽヽヽヽコヽヽヽヽトヽヽヽヽ、クヽニヽノトヽコヽタヽチヽノヽミヽ、コヽトヽとどなる神人もあれば、ケヽヽヽヽケンゾクケンゾクケヽヽヽヽケンゾクケンゾクタヽツヽヤヽヽマワヽヽケヽヽ、ノヽヽミヽコトと口走つて、両手を組み、前後左右に跳ね廻り飛走るさま、百鬼の昼行ともいふべき状況である。常世姫は俄然立ちあがり、
『部下の神人たちよ、われこそは日の大神の分魂にして玉津姫大神なるぞ。このたび地の高天原をこのアーメニヤに移されしについては、世の初発より大神の経綸であつて、万古不易の聖地と神定められたり。盤古大神夫婦は、今日よりこの方の申すことに誠心誠意服従すべきものなり。只今より常世姫の肉体は玉津姫大神の生宮なるぞ。一日も早く立派なる宮殿を造営し、神定の地に神政を行へ、ウーン』
と呻つて天にむかひて打ち倒れた。
 聖地ヱルサレムの天使言霊別の長子なる竜山別といふ腹黒き神人は、始終野心を包蔵してをつた。それゆゑ今回のヱルサレムにおける変乱にも、自己一派のみは巧みに免れ、邪神常世彦の帷幕に参じてゐた。彼は今また、このアーメニヤにきたり、神々とともにウラル山の中腹に登つて断食断水の仲間に加はつてゐた。たちまち身体震動し、顔色火のごとくなつて神憑りとなつた。彼には八頭八尾の大蛇の眷属、青竜魔が憑りうつり、
『アヽ有難いぞよ、勿体ないぞよ、この方こそは日の大神、月の大神であるぞよ。神人ども、頭が高い、頭が高い、大地に平伏いたせ、申し渡すべき仔細こそあれ。今日は実に天地開闢以来の目出度き日柄であるぞよ。眼を開いてこの方を拝んだならば、たちまち眼が潰れてしまふぞ。これからこの方の仰せを背いた神は、神罰立ちどころに致ると思へよ。この方は日の大神、月の大神に間違ひないぞよ』
と怒鳴つた。その声は百雷の一度に鳴り轟くごとくであつた。神人らは、一斉に、アヽヽヽヽリヽヽヽヽガヽヽヽヽタヽヽヽヽヤヽヽヽアリーガーターヤヽヽヤーと声を震はせながら涙を流して嬉しがつた。
 中空に声あり、
『邪神に誑されなよ。今に尻の毛が一本もないやうに抜かれてしまふぞよ』
と聞えた。盤古大神は何思ひけむ、この場を逃げ去らむとするを、常世姫の神憑は、大手を拡げて、
『アヽ恋しき吾が夫よ、妾の申すことを一々聞かれよ』
と涙声になつて抱止めた。盤古大神は袖振払ひ、
『無礼もの』
と叱咤した。常世姫は柳眉を逆だて、
『畏くも日の大神の御分魂なるこの方にむかつて、無礼ものとは何事ぞ。汝こそは盤古大神とエラソウに申せども、この生宮のために今日神人らより崇敬さるるやうになりしを知らざるか、その方こそ無礼ものなり』
と毒づいた。ここに盤古、常世二神の格闘が始まつた。組んづ組まれつ互ひに挑み合ひ、互に上になり下になり、咆哮怒号した。あまたの神人は残らず邪神の容器となり、常世姫の肩を持ち、
『邪神の盤古盤古』
と一斉に叫びながら立上つた。アヽこの結果はどうなるであらうか。
(大正一一・一・七 旧大正一〇・一二・一〇 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki