王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第53巻 真善美愛 辰の巻
文献名2第1篇 毘丘取颪
文献名3第6章 気縁〔1369〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじヒルナ姫はビクトリヤ王の居間に進み入った。王は一心不乱にコーランをひもといている。ヒルナ姫は、城内の内紛を収めるために、左守家と右守家の婚姻を持ち出した。
王は、不仲な両家が婚姻を承諾するかを心配するが、姫は、すでに左守の息子と右守の妹は相愛の仲であり、両家ともこの婚姻に前向きであることを王に伝えた。
ヒルナ姫の提案と報告を聞いてビクトリヤ王は賛同し、王自ら左守を呼び出してこの件を進めることを約束した。
そこへ折よく左守が伺候し、ビクトリヤ王から直接婚姻の件を承り、承諾した。婚姻の準備についてはヒルナ姫が仲人の手配をすることとなり、左守は王と王妃に厚く礼を述べて我が家へ帰って行った。
ビクトリヤ王とヒルナ姫は、神前に向かって感謝の祝詞を奏上した。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年02月12日(旧12月27日) 口述場所竜宮館 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
本文の文字数2715
本文のヒット件数全 1 件/竜宮館=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ヒルナ姫は意気揚々としてビクトリア王の居間に進入つた。ビクトリア王は経机にもたれ、一心不乱にコーランを繙いてゐた。
ヒルナ姫『御免下さいませ。ヒルナで厶います』
 此声にビクトリア王は老眼の眼鏡越しに覗く様にして、
刹帝利『ヒルナ姫、今日は何とはなしに元気のよい顔だな。何か面白い事がありましたかな』
ヒルナ姫『はい、エー、早速で厶いますが、吾君様にお願が厶いましてお伺ひを致しました、コーランを御研究の最中にも拘らず御邪魔を致しまして済みませぬ』
刹帝利『ア、いやいや別に邪魔でもない。さうして願ひとは何事だ。早く云つて見たが宜からう』
 ヒルナはモジモジし乍ら、満面に笑を湛へ、媚を呈し、言葉淑かに、なめつく様な声で視線を斜に向け乍ら、少しく体を揺りシヨナ シヨナとして両手を膝の上に揉みつつ、
ヒルナ姫『吾君様、今日の国家の危急を救ふのには先づ第一着手として城内の内紛を鎮定せなくてはなりませぬ。それについて妾は日夜心胆を練つてゐました。漸く今日其曙光を認めましたので御相談に参りました』
刹帝利『成程、先づ国民を治めむとすれば、右守、左守司の暗闘を何とかして鎮めねばなるまい。然し如何しても彼等は思想が合ない犬猿啻ならぬ仲だから此際如何な手段を用ふるも何の効もあるまい。正直一途の左守司に対し権謀術数至らざるなき奸黠の右守司は、刹帝利としても、如何ともすべからざるものだ。彼の家は祖先から兵馬の権を握つて居るのだから、何時反旗を掲げるかも分らない。如何に左守司忠勇義烈なりとて兵馬の権を握らぬ中は、国家の禍害を除く事は到底不可能だ。何か其方は妙案を考へ出したのか、兎も角云つて見やれ』
ヒルナ姫『仰せの如く左守司は実に立派な人格者で厶います。それについて右守司は才子肌の男で、年も若く且つデモクラシーの思想にかぶれて居りますれば、保守主義と革新主義との両人の争ひ、如何にして之を調停せむかと苦心惨憺の結果、思ひつきましたのは左守司の伜ハルナと右守司の妹カルナ姫との結婚問題で厶います』
刹帝利『成程、それは至極妙案だらう。然し乍ら如何しても此結合は至難事であらう。一時は刹帝利の命に服従して仮令結婚を致すとも忽ち破鏡の悲しみを見るは目の前だ。さうなつた上は両家は益々、嫉視反目の度を高め、遂には累をビクトリア家に及ぼす様になつては大変だから余程考へねばなるまいぞ。一利あれば一害の伴ふものだ。それにつけても頑強なる律義一方の左守司は容易に承諾は致すまい』
ヒルナ姫『それは御心配遊ばしますな。最前も左守司を呼んで其意見を叩きました処、思ひの外打解けお国のためとなればお受け致します、嘸伜も満足致しませうと云つて帰りました』
刹帝利『何と、あの左守司がそんな開けた事をいつたかな。ウーン、之も時勢の力だ。忠義な家来は融通が利かず、融通の利く奴は悪い事を企むなり、真に股肱と頼む家来がないので心配致して居つたが、左守もそこ迄開けたかな。それは実に結構だ。併し乍ら右守司は如何だらうか。彼は亦頭の古い老耄れ爺と何時も排斥してる様だが、此縁談を承諾するであらうかな』
ヒルナ姫『それは御心配に及びますまい。実際の処は左守の伜ハルナと右守の妹カルナの間には、已に既に情約の締結が内々結ばれたと云ふ事で厶います。右守は元より此縁談は余り好まない様でしたが、肝腎の妹が諾かないものですから、到頭我を折つて賛成をする事になりました』
刹帝利『さうなれば左守、右守相並んで国政に鞅掌し、ビクトリア家の政治は万世不易だ、ああ実に嬉しい時節が来たものだな』
ヒルナ姫『左様で厶います。こんな嬉しい事は厶いませぬ。此儘両家暗闘を続けてゐませうものなら兵馬の権を握つた右守司は如何なる事を仕出かすか知れませぬ。遂には左守を亡ぼし、畏れ多くも刹帝利様を退隠させ、自分がとつて代らむとする野心を包蔵して居るかも分りませぬ。否確に其形勢が現はれて居ります。かかる危急存亡のビクトリア家を救ふのは、此結婚問題に越したものは厶いますまい。妾はホツト息をついた様な次第で厶います』
刹帝利『成程、お前の云ふ通りだ。然らば一時も早く左守司を呼び出し、彼に改めて申渡すであらう』
ヒルナ姫『早速その運びを致しませう。妾も此事が成功致しますれば、仮令死しても心残りは厶いませぬ』
刹帝利『アハハハハ、二つ目には死ぬのなんのと、左様な心細い事を云ふものではない。七十の老躯をさげたビクトリアも未だ二十年や三十年は社会に活躍するつもりだ。お前は若い身を持つて、左様な事を思つたり、云つたりするものではない。言霊の幸はふ世の中だから、不吉の言葉は云はない様にして呉れ』
ヒルナ姫『はい不調法申しました。屹度心得ます。盤古神王塩長彦命様、見直し給へ聞直し玉へ』
と合掌する。そこへ恭しく衣紋を整へ参つて来たのは左守司であつた。左守司は末座に平伏して言葉もつつましやかに、
左守『吾君様、ヒルナ姫様、私は左守で厶います』
刹帝利『いや左守殿、いい処へ来て呉れた。さア近う近う。其方に折入つて申入れたい事がある』
左守『はい、然らば御免蒙りませう』
と云ひ乍ら恐る恐る一間ばかり間近まで進み寄り平伏した。
刹帝利『左守殿、其方はヒルナに聞いてゐるだらうが、気に入るまいけれど、ビクトリア家の為め、国家の危急を救ふために、汝の伜ハルナと右守の妹カルナ姫との結婚を申付けるから、承諾して呉れるだらうな』
左守『はい、畏れ多くも斯様な事までお心を悩まし奉り、実に感謝に堪へませぬ。仰せ畏み慎んでお受を致します』
刹帝利『流石は左守殿、満足々々。さア一時も早く此縁談に取かかつて呉れ』
ヒルナ姫『左守殿、吾君様のお言葉、有難くお受け致し、円満に此縁談を解決する様取計らつて下さい。それに就いては内事の司、タルマンを媒介として、此方より差遣はすによつて、其心算で居つたが宜らうぞ』
左守『はい、何から何まで、お心をつけられまして痛み入りまする。左様ならば吾君様、ヒルナ姫様、一時も早く館に帰り、準備にとりかかりませう』
と厚く礼を述べイソイソとして吾家へと帰り行く。後にビクトリア王とヒルナ姫は、直ちに神前に向ひ感謝の祝詞を奏上し、姫は慇懃に挨拶を述べて、吾居間に帰り行く。
(大正一二・二・一二 旧一一・一二・二七 於竜宮館 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
霊界物語を始めて読む人のための参考書『はじめて霊界物語~第1巻を読んでみよう』(Kindle版)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータの大半はオニドで配布しているテキストデータ(青空文庫形式)をもとに作成しています。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)