王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第53巻 真善美愛 辰の巻
文献名2第2篇 貞烈亀鑑
文献名3第11章 艶兵〔1374〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじバラモンの鬼春別軍は、ハルナの指揮する城内の防衛軍を襲い、なぎ倒した。ビクトリヤ軍は敗走して武器を捨てて散乱し始めた。ハルナは槍を持って敵の陣中に入り縦横無尽に戦ったが、身に数多の傷を受けて倒れ、捕縛されてしまった。
城内に押し入ったバラモン軍は、ビクトリヤ王、左守、右守も難なく捕縛し、ハルナと共に牢獄に投げ入れてしまった。
カルナ姫は味方の勢力ではとうてい敵し難しと見て、にわかに武装を解いて美々しく装い蓑笠をつけて旅人に扮し、バラモン軍が進軍してくる路傍に倒れて気を引いた。敵の主将を美貌と弁舌で切腹しようとの試みであった。
バラモン軍の副将たちはカルナ姫の美貌を見てさっそく、大将に差し出して手柄にしようとした。カルナ姫は、自分はビク国の女で多くの軍隊を見て肝をつぶして動けなくなったのだと身の上を語った。副将たちは久米彦将軍の配下であったので、久米彦にカルナ姫を送り届けた。
久米彦は、隣のテントに上官である総司令官の鬼春別将軍が陣取っているので、あからさまに喜ぶわけにもいかず、表面は陣中に女を入れるなどけしからんと怒鳴りたてたが、内心は喜んで、さっそくあたりの幕僚に用を言いつけて遠ざけ、カルナ姫を口説きだした。
久米彦はすっかりカルナの手玉となって心をとろかせ、作戦計画も地図もほったらかしてしまった。カルナは両親にかけあった上で結婚の段取りをしようと婚約をほのめかした。
鬼春別は、隣の久米彦のテンドで女の声がし、どうやら久米彦が女の承諾を得たような気配がするので嫉妬し、顔を真っ赤にして久米彦の室に入ってきて怒鳴りつけた。久米彦は上官に対してこの場を取り繕うと焦っている。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年02月13日(旧12月28日) 口述場所竜宮館 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
本文の文字数6266
本文のヒット件数全 1 件/竜宮館=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  鬼春別の股肱と頼む、シヤムは驀地に城内を襲ひ、ハルナの指揮する軍隊を片ツ端から斬りちらし、薙倒した。城内の味方は周章狼狽し、武器を捨て、卑怯にも一目散に四方八方に散乱した。ハルナは槍を提げて敵の陣中に入り、縦横無尽に戦へども、敵は目に余る大軍、遂に力尽き、身に十数創を蒙り、無念の歯を食ひしばり乍ら、ドツと倒れた。シヤムは部下に命じ、高手小手に縛つて捕虜となし、城内の庫に投込み繋いでおいた。夫れより王の殿中に阿修羅王の如き勢にて進み入り、右守のベルツを苦もなく捕縛し、之れ又ハルナを投込んだ庫の中に繋いでおいた。ビクトリア王、キユービツトは弓に矢をつがへ、よせ来る敵を七八人倒した。王の弓弦はプツツと切れた、最早運命之れ迄なりと、短刀を引ぬき自殺せむとする一刹那、左守は弓の手をやめて、王の手に縋りつき、涙と共に自殺を思ひ止まらむ事を諫めた。
左守『モシ吾君様、短気をお出しなされますな。神様のお守りある以上は、屹度此戦ひは恢復が出来まする。貴方がお崩御になれば、どうして三軍の指揮が出来ませう。国家の為に死を思ひ止まつて下さいませ』
と一生懸命に止めようとする、王は決心の色を浮べ、
刹帝利『此期に及んで、卑怯未練に命を存らへむとし、却て名もなき雑兵に首を渡せば王家の恥辱、其手を放せ』
左守『イヤ放しませぬ』
と争ふ所へ進み来るシヤムは、有無を言はせず、数十人の雑兵と共に二人を捕縛し、猿轡をはめて、同じ庫の中に繋ぎ、バラモン軍の万歳を三唱した。
 カルナ姫は到底味方の勢力にては敵し難しと見て取り、俄に武装を解き、美々しき身を装ひ、蓑笠を着け、旅人と扮し、軍隊の進み来る路傍に呻き声を出して、ワザと倒れてゐた。久米彦将軍の副官エミシは百余の軍隊を引率して、進み来る路傍に何者か倒れてゐるのを見て、部下のマルタに命じ、調査せしめた。
マルタ『コレヤ、其方は吾々が進軍の路傍に横たはり、不都合千万、何者だ』
と言ひ乍ら蓑笠を無雑作に引むしつた、みれば妙齢の美人が苦し相にウンウンと呻いてゐる。
マルタ『モシ、エミシ様、ステキ滅法界の美人で厶いますぞ。これは旅人と見えますが、余り沢山な軍隊の勢に恐れ、女の小さき心より吃驚を致して、目を廻したので厶いませう、何と美しい者で厶いますなア』
エミシ『成程、立派な女だ。何は兎もあれ、久米彦様の御前に連れ参り、将軍のお慰みに供したならば如何であらうか』
マルタ『如何にも将軍は定めて満足さるるでせう。然らば之より拙者がお届け申しませう』
エミシ『マルタ、決して其方の手柄に致しちやならぬぞ、……エミシが将軍様にお届け申せ……と云つたと伝へるのだぞ』
マルタ『ヘヘヘ、決して如才は厶いませぬ、御安心下さいませ』
と三四人の部下に担がせ、マルタは後に跟いて、将軍の仮陣営へ送り行く。エミシは城内を指して、四辺の民家に火をつけ乍ら、猛虎の勢、勝に乗じて進み行く。
 一方ヒルナ姫は到底戦利あらずと見て取り、同じく旅人の風を装ひ、軍隊の進み来る路上に横たはり、黄泉比良坂の戦ひに、大神が桃の実の紅裙隊を用ひ玉ひし故智に倣ひ、敵の主将を吾美貌と弁舌を以て説服せしめむと忠義一途の心より危険を冒して待つてゐる。此処へ隊伍を整へ堂々とやつて来たのは、鬼春別の股肱と頼むスパールであつた。スパールは目敏く、ヒルナ姫を見て、其美貌に肝をつぶし、軍隊の進行を止め、ヒルナ姫の前に進みよつて、
スパール『其方は進軍の途上に何を致して居るか、早く立去らないか』
とワザと声高に罵りける。
ヒルナ姫『ハイ、妾は旅の女で厶います。ビクトル山上の盤古神王様の祠へ参拝の為、遥々参りました所、余り沢山のお武家様で肝を潰し、腰を抜かし、一歩も歩めなくなりました、何卒お助け下さいませ。決して身に寸鉄も帯びない女なれば、お手向ひは致しませぬ』
と涙含みつつ言ふ。スパールはヒルナ姫の美貌を熟視し、首を傾け舌をまき乍ら、ウツトリとして見とれてゐる。
 暫くあつてスパールは顔色を和らげ、
スパール『イヤ、旅のお女中、決して御心配なさるな、拙者が貴女の身の上は安全に守つて上げませう。……従卒共、鬼春別将軍の御前に、スパールが此女を宜しくお頼み申したと云つて送り届けて来い』
 『ハイ』と答へて、前列の兵卒二名、従卒二名と共にヒルナ姫を大事相に担いで、鬼春別将軍の陣営に送り届けたり。
 鬼春別、久米彦両将軍の陣営はテントを張りまはし、若草の芝生の上に臨時に造られてあつた。そして両将軍とも一つのテントを隔つるのみにて、二間許りの距離を有するのみであつた。久米彦将軍は味方の勇士の戦報を聞きつつ、ビクトリア城内外の地図を披いて、敵味方の配置を調べてゐた。そこへマルタは四人の兵卒に美人を舁かせて入来り、
マルタ『エー、将軍様に申上げます、城内の敵は殆ど殲滅致しました様子で厶いますれば、先づ御安心遊ばせ。就きましては何処の者とも知らず、吾々軍隊の威勢に恐れ、路傍に倒れ目を眩かしてゐる女が厶いますので、強い計りが武士の情でないと、近寄つてみれば、かくの如き妙齢の美人、やうやう介抱を致し、息を吹返させました。所が貴方の副官エミシ殿が一目みるより目を細くし、涎をくらせ玉ひ……惜いものだなア、此女を陣中の無聊を慰むる為、吾女房にしたいものだ……などと虫のよい事を申します。併し乍ら、此女をみつけたのも、介抱致したのも、拾つたのも此マルタで厶います。言はば戦利品同様、中々エミシの自由には致させませぬ、之は将軍様に献上し、陣中のお慰みに供したいと思ひ、ワザワザ送つて参りました。何卒首実検の上、お受け取り下さいますれば有難う存じます』
と追従を並べて述べ立てた。久米彦は一目見るより恍惚として、目を細くし、涎の滴るのも知らなかつた。されど隣のテントには上官の鬼春別が陣取つてゐる事とてワザと声を尖らし、
久米彦『不都合千万な、此陣中に女を持ち運ぶとは、武士にあるまじき其方の所業、汚らはしい、トツトと持ち帰れ』
マルタ『ヘー、貴方は日頃の御性質にも似ず、斯様な美人がお気に入りませぬか。左様なれば是非には及びませぬ、此戦争がすむ迄どつかにしまひおき、私の女房に致し、軍隊を辞して、楽しき一生を此ナイスと共に送ることに致しませう。何程軍人なればとて、女一人を見すてるは武士の取るべき道では厶いますまい。お気にいらねばどつかへ連れて参ります』
と四人に目配せして伴れ帰らうとする。久米彦は、慌てて、手を頻りに振り乍ら、
久米彦『アア、イヤイヤ、汚らはしいと云ふは表、ソツと其女をここへおツ放り出し、其方は一時も早く戦陣に向つたがよからう』
マルタ『ヘツヘヘヘ、ヤツパリお気に入りましたかな。猫に松魚、男に女、何程軍人だとて、女の嫌ひな男は厶いますまい。併し乍ら喉をならして欲しがつてゐる男も沢山厶いますから、余り、お気に進まぬものを無理につきつけようとは申しませぬ。これ程の美人を貴方に献るのに、苦虫を噛んだやうな面をして居られちや、根つから張合も骨折甲斐も厶いませぬワ』
久米彦『軍人は戦争さへすれば可いのだ。ゴテゴテ申さず、早く立去つて戦陣に向へ、怪しからぬ代物だ』
とワザとに隣室に聞えるやう、呶鳴り立てた。マルタは面をふくらし、ブツブツ小言を言ひ乍ら、シヨゲシヨゲとして再び陣中に進み入る。
 久米彦は四辺の幕僚を種々の用を言ひつけ、遠ざけおき、女の側近く寄り、背を撫で乍ら、猫撫で声を出し、
久米彦『其方は何処の者だ。殺気立つた軍隊に出会ひ、嘸驚いたであらうのう。此方は久米彦将軍と云つて全軍の指揮官だ。最早吾懐に入る上は大丈夫だ、安心致せよ』
女『ハイ、妾はカルナと申しまして、此国の生れで厶います。日頃信仰致します盤古神王様に参拝せむと、一人の伴れと共に此処迄参りました途中に、沢山なお武家様に出会ひ、ビツクリ致し、目が眩み路傍に倒れて居りました。所がお情深いお武家様に助けられて、斯様な嬉しい事は厶いませぬ。モウ帰りましても気遣ひは厶いますまいかな、何ならば貴方様のお印を頂き、それを以て軍隊内を通過し、帰国さして貰へますまいかな』
 久米彦は折角手に入つた此美人を帰しては大変だと直に言葉を設け、
久米彦『武士は情を見知るを以て第一とする、併し乍らここ暫くの間はいろいろ雑多のよからぬ軍人も交つて居れば、実に険難千万だ。此戦が片づく迄、吾陣営に居つたらどうだ。それの方が其方の身の為には安全策だと思ふ。先づ先づ親の懐に入つた心算で、気を落ち着けてゆつくり致すがよからうぞ』
カルナ姫『ハイ有難う厶います。左様なればお言葉に甘え、お世話に与りませう』
久米彦『ヨシヨシ、それで俺もヤツと安心致した』
カルナ姫『何といい陽気になつたもので厶いますな。此青い芝の上にテントをめぐらし、陣営を構へて、三軍を指揮し遊ばす将軍様の御勇姿は、実に何とも言へぬ崇高な念に駆られます。妾も女と生れた上は、どうかして軍人の妻になりたいもので厶います、ホホホ』
久米彦『其方はまだ未婚者と見えるなア』
カルナ姫『ハイ、現代の男子は総て恋愛神聖論だとか、デモクラチツクだとか、耽美生活だとか言つて、実は女の腐つたやうな男計りで厶いますから、妾の夫として定むる男子が見当りませぬので、未だ独身生活を続けて居ります』
久米彦『其方の理想とする夫は、さうすると軍人だと言ふのかな、軍人位単純な潔白な勇ましいものはない。夫に持つのならば軍人に限るなア、アハハハハ』
カルナ姫『何程妾の如き者が、軍人の夫を持たうと思ひましても、駄目で厶いますワ。軍人にもいろいろ厶いまして、上は将軍より下は一兵卒に至る迄、ヤツパリ軍人で厶いますが、靴磨きや馬の掃除をするやうな軍人なら、真平御免です。どうかしてせめて、士官位な夫が持ちたいと希望致して居ります』
 久米彦は自分の鼻を抑へて、
久米彦『拙者はお気に召さぬかな』
カルナ姫『あれマア何仰有います、御勿体ない、妾は士官級で結構で厶います。将軍様は将官級では厶いませぬか。そんな事は夢に思うても罰が当ります、ホホホホホ、御冗談仰有らないやうにして下さいませ。ねエ将軍様』
 久米彦は策戦計画も地図も何も放つたらかして、隣のテントに鬼春別が控へて居る事も忘れて了ひ、ソロソロ、ド拍手のぬけた、惚気声を出して、カルナを膝元に引よせ、カルナの肩を撫で乍ら、
久米彦『オイ、カルナ、さう男に恥をかかすものだない。どうだ、キツパリと将軍に身を任すと云つたらどうだい』
カルナ姫『貴方は最早奥さまもあり、お子様も大きくなつてゐらつしやるでせう。何程顕要な地位に立たれる貴方だとて、妾になつて女の貞操を弄ばれるのはつまりませぬからなア、そんな御冗談はやめて下さいませ』
とワザとにプリンと尻をふつてみせた。久米彦はたまりかね、目を細くし乍ら、
久米彦『イヤ、御説御尤も、併し乍ら拙者も理想の女がないので、恥し乍ら、今日迄独身生活を続けてゐるのだ』
カルナ姫『ホホホホホ、四十の坂を越えてゐ乍ら、独身生活を続けてると仰有るのは、どこか御身体の一局部に欠点がお有りなさるので厶いませぬか。貴方は男らしい立派な男、況して顕要の地位にあらせらるる将軍様ですから、沢山の女にチヤホヤされ包囲攻撃をくつて、遂には肝心の機械を毀損し、六〇六号の御厄介にお預り遊ばしたのでは厶いますまいか。そんな事であつたならば折角無垢の妾の体に病毒が感染し、一生不幸に陥らねばなりませぬ、併し失礼の段はお許し下さいませ』
と早くもカルナは久米彦の自分に惚け切つてゐるのを看破したので、ソロソロ厭味半分に揶揄ひ、ヂラさうと考へてゐる剛胆不敵の女である。
 久米彦は目を細うし、声の調子迄狂はせて、
久米彦『コレヤ、ナイス、余り男を馬鹿にするものでないぞ、エエー。お前は美しい顔にも似ず、随分思ひ切つた事をいふ女だな。大抵の女ならば、かやうな男計りの殺風景な陣中へ送られて来た時は、ブルブル慄うて、一言もよう言はないものだが、お前の言葉から考へても、どうやら女子大学を卒業した才媛とみえる。どこともなしに、お前のいふ事は垢抜けがしてゐるよ。此夫にして此妻ありだ。軍人の妻たる者は軍隊を恐るるやうな事では勤まらない、今時の女性は活気がないから実に困つたものだ。併しお前は新教育を受けた丈あつて、実に明敏な快活な頭脳を持つてゐる。イヤそれが久米彦将軍にはズツと気に入つた。どうだ俺の奥様になる気はないか』
カルナ姫『ハイ、有難う厶います。願うても無い御縁で厶います。併し乍ら何程新しい女だと云うても、妾には両親が厶いますから、此戦ひの終局次第、両親の許しを受けてお世話に預りませう。貴方も今やビクトリア城攻撃の真最中に於て、女を相手となさる訳にも行きますまいからねエ。本当に好きな将軍様だワ』
久米彦『そんな気の永い事を言つて待つてゐられるものだない。俺はモウ情火燃え拡がり殆ど全身をやき尽さん許りになつてゐる。どうだ、此処で一つ情約締結をやらうではないか』
カルナ姫『左様ならば、互に心の底が分つたので厶いますから、予定の夫婦と致しておきませう。それから相当の仲介人を頼んで、両親に掛合つて貰ひ、そこで内定といふ順序をふみ、いよいよ確定に進むべきものですから、マア楽んで、互に吉日良辰の来るを待つ事に致しませうかねえ』
久米彦『成程、予定、内定、確定、ヤア面白い。いかにも新教育を受けた丈あつて、お前のいふ事は条理整然たるものだ。丸で軍隊式だ、ヤ、益々気に入つた、アハハハハ』
と他愛もなくド拍子の抜けた声で笑ふ。カルナ姫は所在媚を呈し、『ホホホホホ』と何気なき体で笑つてゐる。併し心の中では、……夫のハルナさまはどうなつたであらうか、もしや討死をなさつたのではあるまいか、但は捕虜となつて、敵に捉はれて厶るのではあるまいか、刹帝利様や父上は如何なり行き玉ひしか……と気も気でなかつた。併し乍ら大事の前の一小事と、胸底深く包んで少しも色に現はさなかつたのは、天晴な女丈夫である。
 鬼春別将軍は久米彦将軍の笑ひ声に聞耳を立て、様子を窺へば、何だか艶かしい女の声、そしてどうやら久米彦と情意投合したやうな気配がするので、嫉けて堪らず顔を真赤にしてテントを出で、久米彦将軍の室に進み来り、声を尖らして、
鬼春別『久米彦殿、ここは陣中で厶るぞ。其狂態は何事で厶る』
と怒気を含んで叱責した。
 久米彦は頭を抑へ乍ら、
久米彦『ヘー、エ、何で厶います、これには一寸様子があつて……』
と頻りに腰を屈め、手を揉み、此場を糊塗せむと焦つてゐる可笑しさ。カルナ姫は思はず、
『フツフフフフ』
と吹出し、俯いて腹を抱へてゐる。
(大正一二・二・一三 旧一一・一二・二八 於竜宮館 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータの大半はオニドで配布しているテキストデータ(青空文庫形式)をもとに作成しています。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki