王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 2080 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1301 大本神諭   明治32年旧9月19日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...、是は神界の都合の在ることじゃぞよ。上田潮の修行が出来て帰りたなれば何事も一度に... 1301
1302 大本神諭   明治36年旧6月5日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...の身魂が、物質万能的生活に成りて了ふて、外諸国の学術本位に一切が成りて、文明開化... 1302
1303 大本神諭   明治36年旧5月18日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...。此の乱れた世を立直すには、世界が一旦泥に成りて了はんと、是れ丈曇りた世を、コン... 1303
1304 大本神諭   明治33年旧8月5日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...何一種人民の力で造りたものは無いぞよ。大山、大河、小川、草木、人民は申すに及ばず... 1304
1305 大本神諭   明治32年旧4月(日不明)     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...がな。世が変る印しぞよ。此の世は一旦泥のに化りて了ふ所で在れども、此処まで開けた... 1305
1306 大本神諭   明治32年旧8月(日不明)     DB
RMN
全 3 件/海=3 ...。 此の乙姫も我が強き神で、世に落されての底の住居を致して居りたぞよ。我意を屈服......金の乙姫と云ふ神は、欲の深い神で在りて、の底に何不自由は無き神で在れども、......の底に居りたとても面白い事も歓楽き事も無... 1306
1307 大本神諭   明治33年旧5月20日     DB
RMN
全 2 件/海=2 ...いから、御安心致して下ざされよ。永がらくの底に住居いなされた竜宮の乙姫様、出口に......変化て守護致した艮の金神、今度世に顕した潮でないか。跡から筆先送りて貰う如うなこ... 1307
1308 大本神諭   大正5年旧8月5日     DB
RMN
全 2 件/海=2 ...目の世の立替は、日本の国の天地の先祖と、外の国の先祖と、国と国との大戦争であるか......国の先祖と、国と国との大戦争であるから、外の国の先祖の目的が、大分思望が大間違が... 1308
1309 大本神諭   大正5年旧10月2日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...に成りて、我の自由に致す目的を世の元の泥の折りからの広大陰険大きな謀図を今に致し... 1309
1310 大本神諭   大正6年旧1月22日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...経綸を知らん身魂で在りたなら、此の先は泥に成るかと言ふ境ひの大峠げで在るぞよ。変... 1310
1311 大本神諭   明治30年旧11月6日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...大神様、残らずの金神様、竜宮の乙姫様は、の底の御住居を今迄なされたのであるぞよ。... 1311
1312 大本神諭   明治33年旧8月4日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...護神が世に落て居りたので、此の世薩張り泥のなかに住居みて居る如くじや。 此の世に... 1312
1313 大本神諭   明治34年旧1月16日     DB
RMN
全 4 件/海=4 ...此様な字の腹に入りた人結構であるぞよ。 潮の霊学も皆仕組であれども、......潮は参りた折から霊学で開きたいのは当然ざ......配、気苦労出来て、神の名が悪くなる丈ざが潮。 中間に立ちた取次、御苦労な役ざ。 ......労な役ざ。 速く御神徳を貰はうと思ふと、潮にも心配さし、又出口が気苦労致すと皆御... 1313
1314 大本神諭   明治34年旧9月17日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ... 沓島冠島の荒を、龍宮さまの御守護で、松の心で勇み行く... 1314
1315 大本神諭   大正5年旧3月28日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...出来ず、じりじりと身魂が減滅て、一旦は泥に成りて了ふが、何も判らん日本の人民が、... 1315
1316 大本神諭   大正5年旧2月8日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...ぞ見むきも致さん、国が潰れて今此の世が泥に成りかけやうが、チットも構はずに、仕た... 1316
1317 大本神諭   大正5年旧3月17日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...りたら、皆悪い方へ引き陥されて此の世が泥と成りて、世を立てやうと思うても人だねも... 1317
1318 大本神諭   明治34年旧7月15日     DB
RMN
全 2 件/海=2 ...きものは、嫌ひであるぞよ。 マダマダ出口潮を敵対ふものが、役員の中にも、出来てく......邪魔致すものが出来て来るぞよ。神も出口も潮も皆承知であるから、少しも影響ぬが、人... 1318
1319 伊都能売神諭   (年月日不明)     DB
RMN
全 3 件/海=3 ...た折、出口直は変性男子国常立尊と表はれ、潮は変性女子豊雲野尊と現はれて、昔の神代......勤めて貰はな成らんから、是からは今迄とは潮は忙がしうなりて、苦労が段々殖へて来る......云ふ事は出来ぬなれど、天から守護いたして潮に筆先をかかして置くぞよ。同じ筆先の書... 1319
1320 伊都能売神諭   大正7年12月22日     DB
RMN
全 2 件/海=2 ...儀お目出度存じますると仰しやつて、今までの底に溜めて置かれた御宝を、陸の竜宮館の......艮の金神様にお渡し申すと仰せになりたが、の中には金は幾何程でもあるから、竜宮様の... 1320
1321 伊都能売神諭   大正7年12月25日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...してありても未だ気が付かぬか。岩を抱いてへ這入る様な事斗りいたして居るが、神界の... 1321
1322 伊都能売神諭   大正8年1月2日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...を覆して、欲の皮を脱いて見せてやるぞよ。は一つ隔てて居りても日本の神の宝であるか... 1322
1323 伊都能売神諭   大正7年12月23日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...ける時節が来たのであるぞよ。昔の神代の泥の折に、ミロクの大神様が地の先祖と成つた... 1323
1324 伊都能売神諭   大正8年1月19日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...魔は蔭から舌を出して、まだ飽き足らいで大を越え、更に仕組を致して、終には日の本へ... 1324
1325 伊都能売神諭   大正8年2月6日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...の天の岩戸に隠れます、山川動み草木枯れ、河悉々泣干して、黒白も分かぬ暗の世を照し... 1325
1326 伊都能売神諭   大正8年1月25日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...先に、谷々の小川の水も大河へ、末で一つのに入る経綸であると申してあろうがな。神が... 1326
1327 伊都能売神諭   大正8年1月27日     DB
RMN
全 2 件/海=2 ...油断はいたされんぞよ。青山は枯山となり、川は残らず泣き干す時節が近よりたぞよ。金......亀の宝は小魚が喰ふ。山は変りて淵と成り、の中にも山が湧く、是が体主霊従の身魂の年... 1327
1328 伊都能売神諭   大正8年2月13日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...の神様が天照日子尊であるぞよ。天照彦命は潮の肉体に宿りて、五六七の世の御用を致し... 1328
1329 伊都能売神諭   大正8年2月18日     DB
RMN
全 2 件/海=2 ...ぞよ。 この地の世界の初りは世界一体に泥で在つて、光りも温みも何ものもなかりたぞ......致して土と水とを立別け、山、川、原、野、を拵らえたのが地の先祖の大国常立之尊であ... 1329
1330 伊都能売神諭   大正8年2月20日     DB
RMN
全 6 件/海=6 ...でなければ活動が出来ぬなれど、斯の通山川野が出来上りた上は山野に草木を生やさねば......様は天上の御主宰と成られたが、素盞嗚命は原を知召す可しと仰せられたので、天より御......可しと仰せられたので、天より御降りに成り原の守護と成られたので在るぞよ。......原の守護と申す事は全地上の主宰であるが、......たなれど、余り神力の強い国土であるから、を渡りて支那や、印土を乱だし、露国までも......し残念を堪り詰て来た御蔭で、一旦斯世が泥に成る所を受取りて世の立替の後の立直しの... 1330
1331 伊都能売神諭   大正8年2月21日     DB
RMN
全 4 件/海=4 ...。天を相手とし凡人と争はず、天地万有山野川を我の所有となし、春夏秋冬も昼も夜も暗......るる如く、末に至る程深くなりつつ自然に四に達し、我意を起さず、才智を頼らず、天の......決して周章ず騷がず、身魂常に洋々として大の如く、天の空うして鳥の飛ぶに任すが如く......如く、天の空うして鳥の飛ぶに任すが如く、の広くして魚の踊るに従ふが如き不動の精神... 1331
1332 伊都能売神諭   大正8年3月7日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...たら、斯世が根本から覆りて了ふて、元の泥に成るより仕様が無い所であれども、艮の金... 1332
1333 伊都能売神諭   大正8年3月11日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...世界の総宗国であるから、外国からも昔は東の君子国と申し、万世一系の大君と、天壌無... 1333
1334 伊都能売神諭   大正8年3月10日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...の日本魂に生れ返やして与らねば、斯世の泥を此ままに致して置いては、モウ此の后は一... 1334
1335 伊都能売神諭   大正8年4月13日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...東風や北風の。塵も埃も外の国。皆舞鶴の入に、流し清めて惟神。火水の稜威も荒磯の、... 1335
1336 伊都能売神諭   大正8年4月23日     DB
RMN
全 2 件/海=2 ...人の生御魂、天地の神の宮殿の幹の柱と鳴戸、渦卷き来る国津神。国の礎千代八千代、動......一服休み、舞台換はれば大平の、夢を醒した若の、その驚ろきや如何ばかり、トントン拍... 1336
1337 伊都能売神諭   大正8年6月3日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...毛で造りたものを持つて参りて汚したから、上が大変に荒れたのであるぞよ。女子の御詫... 1337
1338 伊都能売神諭   大正8年6月4日     DB
RMN
全 1 件/海=1 ...。永らく掛りた悪神の陰謀は、山の谷々からの底まで、一厘の隙間も無い程、手配ばり致... 1338
1339 全集 第1巻 皇道編 第1篇 皇道大意 第1章 緒論 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...孫四郎只一人より無かつたと云ふ。応仁以降内麻の如く乱れ、文教のことは纔に僧侶の輩... 1339
1340 全集 第1巻 皇道編 第1篇 皇道大意 第3章 三種の神器 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...以て、皇道の光を隠伏し、世界救済のため、外の文物を招収して、幸運発展の神機を待た... 1340
1341 全集 第1巻 皇道編 第1篇 皇道大意 第5章 列聖祭祀の御詔勅 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...シテ朕ガ躬ヲ光助シ給フ。今諸虜已二平ギテ内無事ナリ。以テ天神ヲ郊祀シ用テ大孝ヲ申... 1341
1342 全集 第1巻 皇道編 第2篇 皇道我観 第1章 歴朝の大御心 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...に尊く忝なく、御仁慈の程は山よりも高く、よりも深く、恰も慈母の赤子に於けるが如し... 1342
1343 全集 第1巻 皇道編 第2篇 皇道我観 第4章 神祗の奉斎 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...鎮護し、民生を厚くし玉ふ所以なり。其の山草木、風火金水、百物の神、及び皇子皇孫、... 1343
1344 全集 第1巻 皇道編 第2篇 皇道我観 第5章 世界無比の神国 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...、地は南北に渉り、東西に跨りて、四方に清を環らし、風土清けく地味膏沃、五穀其他の......る武器を作ることは、全世界に比類なく、近には岩石多く点在して、敵艦を近くるに便な......少く、大伴氏の遠祖、天押日命の誓言にも、行かば水潜屍、山行かば草生屍となりて、取... 1344
1345 全集 第1巻 皇道編 第2篇 皇道我観 第7章 皇国の使命 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...致の教政は、国体の精華を発揚し、国威は四を風靡して、天下の無道を糺明し、世界の無... 1345
1346 全集 第1巻 皇道編 第2篇 皇道我観 第9章 天祖の大予言 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...ものは、奇異驚く可きが如しと雖も、亦皆山の形勢、大気の変動及び機械、薬品の致す所... 1346
1347 全集 第1巻 皇道編 第2篇 皇道我観 第10章 皇国の神蹟 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...て筑紫の探題と為し、鎮西の将士を監し、辺を鎮戍し、大に戦備を為し急変に備ふ。未だ......神光を発し天地に照耀す。大風暴び起る、西最も激烈なり。雷迅竜跳、怪異百出、......水篏蕩し、賊艦四千艘悉く皆覆没破壊し、虜... 1347
1348 全集 第1巻 皇道編 第3篇 国教論 第1章 国教樹立論 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...界の知識は普く我邦に輸入し来り、威武益々外に伸張して、帝国の稜威は日に月に隆盛に......雲の靄く極み、白雲の堕り坐向伏す限り、青の原は棹柁干さず、舟の艫の至り留まる極み......は棹柁干さず、舟の艫の至り留まる極み、大原に舟満ちてつづけて、陸より往く道は、荷......雲の靄く極み、白雲の堕り坐向伏す限り、青の原は棹柁干さず、舟の艫の至り留まる極み......は棹柁干さず、舟の艫の至り留まる極み、大原に舟満ちつづけて、陸より往く道は、荷の......の説は、主客本末を誤ったものであって、空の無知は去ることながら、和光同塵の然らし... 1348
1349 全集 第1巻 皇道編 第4篇 日本精神の真髄 第2章 神示の日本魂 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...を相手として凡人と争はず、天地万有山野河を我の所有となし、春夏秋冬も、昼も夜も暗......るる如く、末に至る程深くなりつつ自然に四に達し、我意を起さず、才智を頼らず、天の......決して周章ず騒がず、身魂常に洋々として大の如く、天の空うして鳥の飛ぶに任すが如く......如く、天の空うして鳥の飛ぶに任すが如く、の広くして魚の踊るに従ふが如き、不動の精... 1349
1350 全集 第1巻 皇道編 第4篇 日本精神の真髄 第4章 鎮魂と幽斎 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...物、鰭狭物、野鳥、水鳥、粟、稗、麦、豆、菜、野菜、菓、塩、水(或は米酒のみの儀も... 1350
1351 全集 第1巻 皇道編 第4篇 日本精神の真髄 第5章 古事記の事ども 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...常陸の国に在りなどと称し、又は我が皇祖は外より渡来せしとか、野蛮人種なりとか、殊... 1351
1352 全集 第1巻 皇道編 第4篇 日本精神の真髄 第7章 至聖殿落成所感 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...高天原の御主宰でありまして、素盞嗚尊は大原即ち此の地の主宰神である。地球と云ふも......ち此の地の主宰神である。地球と云ふものはが三分の二を占めて、地と云ふものは三分の......ふものは三分の一位である。素盞嗚尊はこの原即ち地球を知食せと、父神から仰せられた......大御神様は高天原の主宰で、素盞嗚神様は大原の主宰であります。若しこの地が素盞嗚神......あります。それで御神勅に依りまして、金竜の中に大八洲の御宮を建て、小さい御宮も段......かりでは不可ませぬ。一旦緩急ある時は、『行かば水漬く屍、山行かば草蒸す屍、大君の... 1352
1353 全集 第1巻 皇道編 第5篇 皇道と国体 第1章 皇道と国体 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...行くのかさつぱり分からない。暁烏敏氏が北道で『死後の世異等は無い、人間は死んだら......ものを委任さして貰うといつていたが、今日軍は委任統治も糞もない、と発表している。... 1353
1354 全集 第1巻 皇道編 第5篇 皇道と国体 第2章 皇国の道 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 8 件/海=8 ...神宮寺を造りしものさへあつた。それより空、最澄の僧輩出でゝ本地垂迹の説世に普伝さ......らざるをさとりて神仏調和をこころむ倫の空最澄等により神仏の混淆まつり始まりにけり......の祖先崇拝の教をのこらす我がものとせり空は本地垂迹説を唱ヘ神を仏の権現といふ神社......」と詠まれたるも道理にこそあれ。中世以降外より渡来したる異教邪説は、大に皇国の大......、青雲の靄く極み白雲の墜坐向伕す限り、青原は棹舵干さず舟の艪の至り留る極み、大......原に船満ち続けて、陸より往く路は荷の緒結......朕が身を光らし助け玉ひて今諸の虜已に平ぎ内無事なり天神を祀りて大孝を申さん』とあ......氏でも、中山おみきさんでも、日蓮でも、空でも、彼等は皆人間に相違ない。 その人間... 1354
1355 全集 第1巻 皇道編 第5篇 皇道と国体 第4章 神国の研究 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...以て、三世の余烈を奪ひ、中国を併呑し、四を嚢括し、勢に乗じて、我神国を取らんと欲......ることあり。日本の地大国に近しと雖も、灘を隔てて相遠きが如し。故に大国に屈せらる......の者はない。    参考◎万葉集に   往かば水潜屍、山往かば草生す屍、大君の辺... 1355
1356 全集 第1巻 皇道編 第5篇 皇道と国体 第6章 現代の精神的堕落 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...なり、仁斎・東涯ありて儒教の徳育起り、又外に於てもルーテル、カンウインあって新教... 1356
1357 全集 第1巻 皇道編 第5篇 皇道と国体 第9章 皇道大本創立要旨 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...静かなること林の如く、安らかなること春のの如くして、他国に於ける権臣強族の各恣に......民は皆雄猛びに猛びて「山行かば草生す屍、行かば水漬屍、大君の辺にこそ死なめ閑には......て、異邦よりも君子国と名づけられ、由来東の一隅に偏在する弾丸黒子の小島を以てする......辞竟奉らむ大野原に生ふるものは甘菜辛菜青原に住むものはひれの広物ひれの狭物奥津藻... 1357
1358 全集 第1巻 皇道編 第5篇 皇道と国体 第10章 大正維新に就て 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...宅連等の祖なる多遅麻毛理をして常世国なる外諸邦所謂世界一周を為さしめ給ひ、次で景......と宇遅能和紀郎子の謙譲的過失を生じて遂に人をして歎声を発せしむるに至り、租税の弊......私ニ壊ムコト能ハズ。是大権トス。在昔朝廷内ヲ統御スル一ニ是ニヨリ。聖躬之ヲ親ラス... 1358
1359 全集 第1巻 皇道編 第5篇 皇道と国体 第12章 大道を歩む 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...るべき時にあらぬを自愛のみあせる皇国に陸軍なかりせば西洋諸国に亡ぼさるべし浅薄な... 1359
1360 全集 第1巻 皇道編 第6篇 愛善の真意義 第2章 伊都能売 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 9 件/海=9 ...るもので、五音とは、妙音、観世音、梵音、潮音、勝彼世間音のことであり、五観とは真......姫命    瑞の御魂即 木の花姫神   潮音    玉依姫命一名 伊都能売神  ......ります。観音経には慈眼衆生を臠し、福寿の無量なりと出てゐる意味を考へ見れば、更に......訴訟する久方の雲に聳ゆる大伽藍建てて火の降らす宗教おのが身の仕末に困る坊主らが導......語る銀杏と共に名高き伊都能売の像山は裂けあする共伊都能売の神ゐます限り此の世は失......も聞かぬ壮挙をばなして世人を救ふ伊都能売山を諸々越しの雪の空に伊都能売の神世を救......神の織ります御機なりけり天高く大地は広く清く守りますかも伊都能売の神鬼大蛇醜の曲......り地の上に現はれませし伊都能売の神大空のの底ひも隔てなく厚く守らす伊都能売神世の... 1360
1361 全集 第1巻 皇道編 第6篇 愛善の真意義 第4章 愛国の本義 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ... 満洲事変、上事変があつてから、国民一般に愛国報国の精......ものである。我が皇軍が数多の戦ひに於て、に陸に連戦連勝したるは、国民と軍人とが一... 1361
1362 全集 第1巻 皇道編 第6篇 愛善の真意義 第5章 文武の日本 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...世の中であつたのを矛をもつて、漂ヘる国ーの波の様になつて治まつてゐない国が矛の一... 1362
1363 全集 第1巻 皇道編 第6篇 愛善の真意義 第6章 挙国更生 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 11 件/海=11 ...宗教、思想、経済、教育、法律、軍事(陸、、空)国防、衛生、或は言語等、色々な方面......生運動もさういふ小さい所にあると思ふ』鴛『政治の所で御話を承はり度いのですが、今......ら人類愛の上から助けてやらねばならぬ』鴛『近頃ギヤングとか五、一五事件といふ様な......に対しては国民の大多数は無関心であつて陸軍省がやつて居ればよいといふ様な調子であ......一ツもない、極く浅い浅薄なものである』鴛『欧洲の諸国は亜細亜に対して色々借款をさ......帰つて来る事はない。あれは誠ではない』鴛『日本は欧洲人から悪く見られるのは巳むを......本の国防上から云つても必要な国である』鴛『世界平和を招来する階段としても、アジア......国も米国も手が出せなくなつて来る……』鴛『若しアジア聯盟といふものが……』出口氏... 1363
1364 全集 第1巻 皇道編 第6篇 愛善の真意義 第7章 愛善の歌 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...と思ふな現世は愛善の神守る楽園景色よき大原の山河は愛と善とのあらはれなりけり精神... 1364
1365 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第1篇 既成宗教 第1章 公認教と非公認教 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...又何程賢い人間だと謂つても、神の御心は大の一滴位よりしか酌み取ることが出来ないも... 1365
1366 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第1篇 既成宗教 第2章 宗教の害毒 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...ざるが如くならんのみ。陸行には車に依り、行者は舟に依らざるべからず。斯くて目的平......尊、五十猛尊の韓国経営といひ、少名彦命の外経営といひ、神功皇后の三韓征討といひ、......雲の棚引く極み、白雲の墜居向伏す限り、青原は棹舵干さず、舟の艫の至り留る極み、大......原は棹舵干さず、舟の艫の至り留る極み、大原に舟満ちつづけて、陸より往く道は荷緒結... 1366
1367 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第1篇 既成宗教 第7章 信仰の堕落 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...の国を相作らましとのりたまひき。是の時、を光して依来る神あり。其の神言りたまはく......大困難なるを歎かせ玉ひて、三保の碕に出ての遠方を眺め居られし時しも、......上に光ありて神の前に近付き来りたれば、大... 1367
1368 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第2篇 新興宗教 第2章 我皇国の敬神思想 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...と我国の不言の教は誠に難有いもので臣が『行かば水つく屍、山行かば草むす屍、大君の... 1368
1369 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第2篇 新興宗教 第3章 大祓の権威 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...に居る醜の大船を舳解き放ち艫解き放ちて大原へ押し放ち給へ。謹而白す(大正七、六、... 1369
1370 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第2篇 新興宗教 第5章 国教問答 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...べきも、天国の大国憲が地上に降らねば、四和平の安楽界は斯土に出現せぬのである。故... 1370
1371 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第2篇 新興宗教 第7章 皇道大本は宇宙意志の表現 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...既成宗教の如く、只に日本内地のみならず、外の諸国に迄魂は飛んで行くのであります。... 1371
1372 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第3篇 宗教統一 第3章 世界宗教統一 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...も世界に判りかけ、ことに私の蒙古行以来、外諸国の人々の神経を聳動させ、大本の新精......まつて行きつつあります。ついては、今度、外の某々氏らと吾々との相談によつて世界宗... 1372
1373 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第4篇 神霊世界 第26章 神霊問答 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 7 件/海=7 ...くて、と云はれますので』王仁『それは金竜の金竜だ。修業して金竜......へ参れといふことだ。ここ(亀岡)で修業し......いふことだ。ここ(亀岡)で修業したら金竜へ行くだらう。金竜......には──金竜と銀竜が、あそこへ納まること......だから、おして知るべきだ』G『この間、歌道の雑誌を見たら、お神酒の香を嗅いでも、......でも何でもない』F『この間、青木中尉が上から帰つて来て、「日本でも扶占なんかで出......竜、壁虎は屋竜、川の竜は鯉、地の竜は馬、の竜は鯨。それで竜を描くとあんな顔してゐ... 1373
1374 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第5篇 宗教と政治 第1章 神政復古の本義 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...するの神策であります。御製に神風の伊勢のの大石に匍ひもとほらふしただみのいはひも... 1374
1375 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第5篇 宗教と政治 第2章 歴朝の施政方針 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 8 件/海=8 ...少々の乱があっても直ちに治り、国威国光も外に輝くと言ふ状態であったが、之に反して......代の国家はどうも甚だしい内乱が発るとか、外諸国との関係が面倒であるとか言ふ事故が......して朕が躬を光助し給へり、今諸虜既に平ぎ内無事なり、以て天神を郊祀し大孝を申ぶべ......本地垂跡の説を称へてより、次いで伝教や空等が出でて本地垂跡両部習合の説を敷延し、......にも誦経を用ゐるやうになり、清和天皇は空の門弟真雅を信じ仏教に関する事は聴従し給......為し、遂に全軍夜中に遁れ去つて翌朝我軍が面を望むと隻影だにも無かつたと言ふことで......鷹嶋に拠つて居ましたが大風雨の前日、会々中に青蛇現はれ硫黄の気天に満ちたので、賊......の疑惑に陥らず、安心立命し得ると共に、東の表に於て眇たる弾丸黒子の地を擁護し、金... 1375
1376 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第5篇 宗教と政治 第6章 蜻蛉の臀呫の真意義 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...四国○阿弗利加──九州○北亜米利加──北道O南亜米利加──台湾○亜細亜・欧羅巴ハ......国の中府に天御柱アオウエイの母音なす金竜が神示に因りて築かれたのである。名けて大......リンゴ島一名矢的島)・九州(岩戸島)・北道(大島)・台湾(小島)、外に男島・女島... 1376
1377 全集 第2巻 宗教・教育編 【宗教編】第6篇 宗教雑感 第10章 墓場は揺籃よりも怖ろしくない 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...まいと思はれる。 ここから実に死といふ大が開ける。光栄ある冒険、即ち人間の好寄心......無差別冷淡の広野にあらずんば、即ち歓喜のに外ならぬのである。』   ○ 彼の『青... 1377
1378 全集 第2巻 宗教・教育編 【教育編】第1篇 皇道教育 第3章 日本教育の大本 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...に模倣し、一も二もなく時々の流行を追ひ、外の新学説といふものに盲従し、一時に外観......ると同時に、国民の精神を支配して、千古東の天に磅礴せる道義の本源を包含す、則ち皇... 1378
1379 全集 第2巻 宗教・教育編 【教育編】第2篇 教育雑録 第1章 弟橘媛 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 13 件/海=13 ...模国に到り、上総国に渡り給はむとす、走水を望みて宣り給はく「此は小き......なり立ち跳りても渡りつべし」と、......中に到りましけるに、暴風俄に起り御舟漂ひ......、尊に従ひ給ひけるが尊に白し給はく『此は神の心なり、願はくは妾の身を以て皇子の御......ふ。此処に着きまして橘媛を悲み、久しく其を望みて去り給はざりしかば、後の人此処を......其の後七日を経て橘媛命の挿し給ひし御櫛、辺に流れ寄りしかば、拾ひ取りて其処に御墓......の建稲種公の如く悪神の害に遇ひて、相模のの藻屑となり給ひ、東征の業も半途にて終り......稲種公と議りて、吾は山道より就かむ、公は道より帰れ、尾張の宮酢姫の宅に会ふべしと... 1379
1380 全集 第2巻 宗教・教育編 【教育編】第2篇 教育雑録 第4章 無題録 出口王仁三郎 1934刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...ある。教育家にして真に我国体を理解し、四同胞、神人一系の神機を覚らば、大高中小学......く皇道大本に対して反感攻撃の声が高く広く外までも響くやうに成って来た。明治時代の......の政治は、先づ第一に、政治家も教育家も陸軍人も、実業家も宗教家も、天祖国祖の神霊......るもの斗りで無くてはならぬのである。 陸軍の長官は自ら衆に先んじて、天祖国祖の神......の基礎を樹立し給ひ、皇統真に連綿として東の表に芙蓉の神嶺と共に、永遠無窮に厳立し......、天地人の大道明かなり。是に於て乎皇化を外に布き玉ひ、素戔嗚命は朝鮮に、少名彦命... 1380
1381 全集 第3巻 霊界物語 上巻   後編 洋万里(亥の巻)   1934刊 DB
RMN
全 0 件/海=0   1381
1382 全集 第5巻 言霊解・其他 【言霊解】皇典と現代 〔一〕神武天皇御東征之段 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...と云ふことであります。 『神風の、伊勢のの、大石に、蔓延廻ふ。しただみの、いはひ......とほり、撃てし止まむ』 大石は二見ヶ浦の中にある、鳥羽の方へ参りますと沢山ありま......防ぎ止め以て神軍を進めむとして、大本の陸軍とも曰ふべき言論機関の必要を、強く強く... 1382
1383 全集 第5巻 言霊解・其他 【言霊解】皇典と現代 〔三〕神武天皇高佐士野行幸と神沼河耳命之段 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...携して、危険極まる爆弾を密造したり、陰に外へ輸出したり、又不穏なる脅迫状を大官の... 1383
1384 全集 第5巻 言霊解・其他 【言霊解】皇典と現代 〔一〇〕天若日子之段 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...と云ふ御詔勅がありますが、是は今日の如く外から知識を求めて、物質文明を盛にせよ、......は知識を世界に求めると云ふ事を誤解して、外の知識や物質文明を輸入すれば、皇基が振......って居るのであって、其本を尋ねると実は四同胞であるのであります。皇道大本が精神的......ぬ。皆親子兄弟であるから君臣一致、或は四同胞、皆其の志を等しうして行くと言ふ大家... 1384
1385 全集 第5巻 言霊解・其他 【言霊解】皇典と現代 〔一一〕幸山幸之段 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 43 件/海=43 ...から御話致さうと思ひます。『故火照命は、佐知毘古として、鰭広物、鰭挟物を取りたま......に纔に、得相易へたまひき。爾、火遠理命、佐知を以ちて魚釣らすに、都て一魚も得たま......都て一魚も得たまはずて、亦其の鉤をさへ、に失ひたまひき。於是、其の兄火照命、其の......其の鉤を乞ひて、山佐知も、己が佐知々々、佐知も、己が佐知々々、今は各佐知返さむと......く、汝の鉤は魚釣りしに一魚も得ずて、遂にに失ひてきとのりたまへども、其の兄、強ち......本の鉤を得むとぞ云ひける』火照命の経綸は幸彦で、釣鉤の事であり、火遠理命の経綸は......行つて、さうして的にあたるのであります。幸彦は外国の遣り方で、鉤に餌を付けて美味......ので、つまり之を諷されたのであります。 幸彦の方は権謀術数の方法を用ひる。旨いも... 1385
1386 全集 第5巻 言霊解・其他 【言霊解】日本書紀と現代 神武天皇御東征之段 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 8 件/海=8 ...す。 物質文明の結局は世界戦争となりて、外の諸強国は、一旦経済的、精神的に滅んで......地は、未だ王化に霑はず即ち日本から申せば外が霑はないのでありますが、之を日本国内......国内だけに就て申すと、九州以外の中国や東、東山、北陸、其の他の国が王化に霑はない......で、この土は地球を意味し、シホは地を廻る水である。即ち塩土の翁は地を創造して、目......紫、吉備、安芸、浪速へゆかれます。瀬戸内御進軍の模様は略して、浪速から先を述べま......肩を今はひらかたと申します。昔は枚方までになって居たのであります。此時長髄彦が待......は、中昔のことは知りませぬが、明治以後は外から教はったもので、独逸の軍隊編制だと......負傷の血を洗はれましたので、今では茅渟のと申します。それから紀州の雄の水門へ船で... 1386
1387 全集 第5巻 言霊解・其他 【言霊解】謡曲言霊録 〔一〕西王母 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...。地『其御威光は日の如く。ワキ『其御心はの如くに。地『豊に広き御恵。ワキ『天に輝...... 地『其御威光は日の如く。ワキ『其御心はの如くに。地『豊に広き御恵。ワキ『天に輝......其臣民を愛しみ給ふ御聖慮は、広く深くして洋の如く、天界にも地上にも満ち溢れたる聖......光徳霊威昭々として、昼夜の区別なく、山野河も清く明かに、喜見城(天上の都)を地上... 1387
1388 全集 第5巻 言霊解・其他 【言霊解】謡曲言霊録 〔二〕巻絹 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...を以て廻り囲む意義である、日本国の四面環なるも、マの言霊である。 (ノ)は、天賦... 1388
1389 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 随筆(一)ノアの洪水と方舟 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...際、一天たちまち妖雲を起こし、雷電地震、嘯到るところに湧起し、親子兄弟の間も救助... 1389
1390 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 松の露 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...のだ。 次に我が日本国の上から見れば、北道が艮となり、大島郡の喜界ケ島が坤となる... 1390
1391 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 惟神の大道を邁進せよ 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...類愛善会、世界紅卍字会との提携をしたり、外宣伝をしたり、明光社を起こしたり、ロー... 1391
1392 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 九月八日の仕組 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...万トン要るのであります。 日本はオホツクの北に行くと三十万里の漁区があり、そこに... 1392
1393 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 満州問題と国際連盟 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...りますが、まだガヤガヤ言うてゐる。これは外の毛唐人の兎や角言ふ事でない。又満洲の......とを願ひます。(昭和七 一一 二七 於北別院 同七 一二・二五号 真如の光誌)... 1393
1394 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 国難は国福なり 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...つきましても、私は飽食暖衣していたずらにの彼方を見て憤慨しているのではなく、孜々......が偵察に来て島を一周して帰った。これを陸軍に照会したるところ、こちらの方では琉球......って日本のため戦いを讃美し、どこまでも陸軍の後ろ盾となって皇国のために働かねばい......ねばならぬ。満洲国が治まっても、支那が上で休戦をやっても、それで安心するわけには... 1394
1395 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 日本の危機と皇道経済 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...る吾々国民はこれ程幸福な有難い事はない。外諸国の状況を調べましても到底日本位有難......済学と云ひ、法律と云ひ、その他一切の範を外からとつて今日の日本を形造つて来たので......共に行詰りを来たして居るのであります。 外の諸国を見ますと独逸の様な強い国があの... 1395
1396 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 日本語と国際語 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...エスペラントを学び、又これによつて大本の外宣伝はたすけられて居るのであります。 ... 1396
1397 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 金輪聖王の世 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...も、それはよほど奪られてしまってから即ちの中の島だけになってからのことであって、... 1397
1398 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 挙国一致昔物譚 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 5 件/海=5 ...月、十万の元兵いわゆる「蒙古来」を哀れ西の藻屑と全滅した天晴れ鎌倉武士の面影、敷......負う西戎北狄南蛮を征服した余威をかって、東の黄金国を手に入れねば、やまじとの意気......時宗、永扶帝祚、久護宗乗、不施一箭、而四安和、不露一鋒而群魔頓息」云々と、一句々......證聖徳。聖道高運。外用大勢。師子虎狼。四帰徳。万国怖威。降伏敵国。衆怨消滅」 日......せて、大挙我が壱岐対馬を荒らし、肥筑の沿までを襲うたので、更に逆襲の意気込みは猛... 1398
1399 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 野天狗放言 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...の丹陽基督教会の開祖である。今は東京や北道で家庭学校を興してその校長さまである。......で一つも反問せられなかった。それから金竜の小舟に、○○氏と我輩と両氏と四人が乗り... 1399
1400 全集 第5巻 言霊解・其他 【随筆・其他】 王仁偶言 出口王仁三郎 1935刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...ろうか。必ずある時機において某々大国は、に陸に我が神州に襲来する事は、火を睹るよ... 1400
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki