王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: 高姫 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 359 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 余白歌 余白歌 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...高虎の醜女の神はロツキーの    山の鼻高姫を使いつ〈第2章(初)〉顕はれて間なく隠... 1
2 霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 第1篇 正邪奮戦 第8章 ウラナイ教〔575〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 15 件/高姫=15 ...汁を盛り、『サアサアお代りが出来ました、高姫サン』とニウツと突き出す。......高姫と云ふ中年増のお多福婆は機械人形のやうに......な』 爺は丼鉢を百舌彦に渡し、『よう上る高姫サンぢや』と小声に呟きながら又探り探り台......方に帰り往き、一生懸命に薯を摺つて居る。高姫『コレ松助、何処に置いたのだえ、早く此方......、川水の中を歩くやうな体裁で、『サアサア高姫サン、お代りが出来ました』 田加彦は又も......りなさいませ』と面膨らし、部屋に引返す。高姫は、『コラコラ松助、未だ持つて来ぬか、何......置き、乙の丼鉢を丙の前に置き、丙の丼鉢を高姫の前にソツと据ゑた。甲『まだ半分余りはあ......よつたわい』百舌彦『ハイハイ、左様々々』高姫『ヤヽ、誰か声の違ふ奴が来て居るらしい、... 2
3 霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 第1篇 正邪奮戦 第9章 薯蕷汁〔576〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 11 件/高姫=11 ...乱し行く、其の曲業ぞ由々しけれ。 館の主高姫は、安彦、国彦、道彦の宣伝使に危難を救は......られ、手足を伸ばし悠々として寛いでゐる。高姫は此の場に現はれ、『コレハコレハ三人の宣......云つても然りだよ』 斯く話す折しも以前の高姫は、縁の欠けたる丼鉢に麦飯を盛り、粘々し......を踏み鳴らし、荒れ狂ふ此の物音に驚いて、高姫を始め数人の男女此場に現はれ、......高姫『コレハコレハ三五教の宣伝使様、誠に御立......。これでも善の立派な教と云ふのかい。この高姫も元は変性男子の御血筋の肉体だ、日の出神......教の宣伝使は、至粋至純の身魂の持主だぞ』高姫『オホヽヽヽ、至粋至純の身魂の持主の為さ......なつたら如何だい。誠の変性男子の教は此の高姫さまと、黒姫がチヤント要を握つてゐるのだ... 3
4 霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 第3篇 神山霊水 第17章 窟の酒宴〔584〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 11 件/高姫=11 ...になるのだよ、黒姫がお前の髭をむしる役、高姫さまは手足の爪を脱く役だよ』丁ン助『エー......睨んだら違ひはせぬぞや』丁ン助『もしもし高姫さま、ちつと挨拶して下さいな』......高姫『マアマア十万億土の成敗の事思へば磯の様......字も申しませぬ、飽迄も悪を立て通します』高姫『これこれ丁ン助、何を言ふのだ、善一筋の......言つて下さい、どちらへでも私はつきます』高姫『善とも悪とも分らぬのが神の教ぢや。人間......悪がはつきりと分つて堪るものかい。何事も高姫の仰有る通りに、ヘイヘイ、ハイハイと盲目......い事をやつて見せぬか、アーア頭痛がする』高姫『これも何かの御都合で御座いませう、さう......神の生宮が一つ踊つてお目に掛けませう』と高姫はお多福面をニユツと出し、山車尻をプリツ... 4
5 霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 第3篇 神山霊水 第18章 婆々勇〔585〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 6 件/高姫=6 ... 高姫、黒姫、蠑螈別を始め、一座の者共は折から......に聞え来たる。黒姫『コレコレ蠑螈別サン、高姫サン、静になさらぬか、丁ン助、久助其他の......場に及んで何を愚図々々メソメソ騒ぐのだ。高姫さま貴女も日の出神と名乗つた以上は、何処......に千年、河に千年の苦労を致した黒姫ぢや。高姫さま、蠑螈別さま、お前は未だ未だ苦労が足......ぞ。エーエー、腰抜ばかりだなア。コレコレ高姫さま確りせぬかいなア、此黒姫がお前の傍に......歌は益々激しく、館の四辺より響いて来る。高姫と蠑螈別は逆上したか、互に目を怒らし牙を... 5
6 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...の白狐に救はれ、或はウラナイ教の棟梁株、高姫、黒姫の死者狂の大活動より、剣尖山麓の谷... 6
7 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第1篇 神軍霊馬 第8章 衣懸松〔598〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 32 件/高姫=32 ...ひ出でて、岩戸の入口を打眺め、青彦『ヤア高姫さま、何時の間にか、吾等が入口を、斯くの......とかして、此岩を取り除けたいものですな』高姫『オホヽヽ、是れ全くウラナイ教の神様の御......人や千人の力では、ビクとも致しますまい』高姫『あのマア青彦さまの青ざめた顔ワイなあ、......らう、吁、心許ない今の有様』と悄気返る。高姫はカラカラと打笑ひ、『ホヽヽヽ、マア阿呆......窟を掘つておいたのではなかつたのですか』高姫『一旦はさう考へたが、最早今日となつては......う考へたが、最早今日となつては、何事も此高姫が胸中の策略を以て、鬼雲彦も大半此方の者......真つ平御免だ、今日限りお暇を頂きませう』高姫『オホヽヽヽモウ斯うなつては、逃げようと......違ひ、善か悪か、あなたの本心が聞きたい』高姫『善に見せて悪を働く神もあれば、悪に見せ... 7
8 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第2篇 深遠微妙 第11章 宝庫の鍵〔601〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 20 件/高姫=20 ...暮の門は開かない 帰れ帰れと急き立つる。高姫『十里四方は宮の内、大門開きの日の出神、......貴様の容喙する所ぢやない、トツトと帰れ』高姫『左様では御座いませうが日の出神様より強......ものを出しなさい、そつと開けてやるから』高姫『サアこれだから瑞の霊の教は悪のやり方だ......つしか忘れて元の地声になつて仕舞ひける。高姫『ホヽヽそれでも貴方のお声が好く似てます......いて現はれ出でたる一人の男、『オー貴方は高姫さま、青彦さま、此間は豪いお気の毒な御災......姿は消えにける。二人は玄関に立ちながら、高姫『これだから化物教だと云ふのだよ、青彦さ......です、いやもう恐れ入谷の鬼子母神ですワ』高姫『ソンナ剽軽な事を云うてはなりませぬ。お......御休息の上、御用の趣仰せ聞け下さいませ』高姫『左様ならば遠慮なく御免蒙ります、サア青... 8
9 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第2篇 深遠微妙 第12章 捜索隊〔602〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 0 件/高姫=0   9
10 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第2篇 深遠微妙 第13章 神集の玉〔603〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 18 件/高姫=18 ...座いますまいか』秋山彦『先程ウラナイ教の高姫、青彦と言ふ二人の宣伝使が玄関まで来訪致......ヽヽヽ、此鍵の掠奪者はウラナイ教の宣伝使高姫、青彦と言ふ奴、只今由良の港より船に乗り......左手に眺め高雲山を右手に望み矢を射る如く高姫の後を追ひしき行きぬ。 ......高姫は二時ばかり以前に冠島に上陸し玉鍵を以て......せられて、船は最早や一尺も進む事能はず、高姫は船の綱を腰に結び付け鰐の背を渡つて青彦......彦は隙間よりヌツと中を覗けば、穴の中より高姫は亀彦の顔を見上げ、......高姫『ヤア汝は三五教の宣伝使、吾々は神勅を奉......吾々は之より聖地を指してお先へ御免蒙る』高姫『岩石を取らぬなら取らぬで宜い、其代りに... 10
11 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第2篇 深遠微妙 第14章 鵜呑鷹〔604〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 46 件/高姫=46 ...の湊に安着したり。咫尺を弁ぜぬ宵闇の空、高姫、青彦は、船の横着けになるを待ち兼ね、ヒ......上り、暗に紛れて姿を隠しける。亀彦『ヤア高姫は居らぬか、青彦は何処ぞ……鬼武彦様どう......どう致しませう』 暗がりの中より、青彦、高姫の声、『アハヽヽヽ、オホヽヽヽ、大きに憚......へすれば、コンナ事も無かつたらうに、……高姫の言に従ひ、田辺へ着けたのが此方の不覚…......聞え来たりぬ。亀彦『アー怪体の悪い、丸で高姫のお伴をした様なものだ。仮令......高姫天を翔り、地を潜るとも、彼女の所在を探ね......よ。天下無双の剛力男の岩公のお出だもの、高姫の一疋や二疋は、屁のお茶だ。併し乍ら三五......奪られた……と云ふ様なものかいナ』銀公『高姫は、折角奪つた玉を、フンだくられやがつて... 11
12 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第2篇 深遠微妙 第15章 谷間の祈〔605〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...、『オホヽヽヽ、可笑しい哩。汝が力と思ふ高姫は今フサの国に遁げ帰り、黒姫は行方不明と... 12
13 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第2篇 深遠微妙 第16章 神定の地〔606〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...ア青彦、汝は金毛九尾の悪狐に魅せられたる高姫の妖言に迷ひ、三五の教を捨ててウラナイ教... 13
14 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第3篇 真奈為ケ原 第18章 遷宅婆〔608〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 12 件/高姫=12 ...に立ち止まり見れば、百日前に焼け失せたる高姫の隠家は又もや蔦葛を結び、新しく同じ場所......小屋が建てられありたり。悦子姫『此間妾が高姫に招かれて此松の下へ来ると、間もなく火煙......り猛烈に紅蓮の舌を吐いて瞬く内に舐尽し、高姫さま始め此青彦さまも火鼠の様に、彼の丸木......時の光景は実にお気の毒なりし。その時妾は高姫さまの水に溺れて苦しみ藻掻き居られるのを......居られるのを、真裸になりて救ひ上げた時、高姫さまに非常に怒られた事あり、「妾が勝手に......思つて心の底から感謝して居ました。それに高姫さまは私がお礼を申さうとすれば目を縦にし......立て直し様がありませぬ哩』青彦『ヤア私も高姫の強情なには呆れて物が言はれませぬ、沓島......して、泣くにも泣かれず慄うて居ましたが、高姫は豪気なものです、反対に窮鼠却て猫を咬む... 14
15 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第3篇 真奈為ケ原 第19章 文珠如来〔609〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...つたが、噂の様にない微弱なものぢや、何程高姫や、黒姫が車輪になつても、最早前途は見え......だのと云ふ奴は、素的に頑固な分らぬ屋だ。高姫黒姫と来たら、酢でも蒟蒻でもいく奴ぢやな... 15
16 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第1篇 雪山幽谷 第6章 瑞の宝座〔617〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...元気になつたものだナア』加米彦『承はれば高姫の肝煎りにて、フサの国より高山彦と云ふ勇......三五教は違ひますよ』加米彦『貴方も、もう高姫のウラナイ教には、よもや後戻りは成されま... 16
17 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第2篇 千態万様 第7章 枯尾花〔618〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 7 件/高姫=7 ...ら 手折る今日こそ芽出度けれ  疳声高き高姫の 朝な夕なに口角を  磨きすまして泡飛......に無い  日の出神の生宮と 定まりきつた高姫や  永らく海の底の国 お住居なされた竜......の大元の 北山村に来て見れば  鼻高々と高姫が 天地の道理を説き聞かす  支離滅裂の......り来し  天女の様に敬はれ 持て囃されて高姫の  鋭き眼鏡に叶うたか 抜擢されて黒姫......ためし 地獄の上を飛ぶ様に  胆力据ゑて高姫に 承知の旨を答ふれば  ......高姫さまも雀躍りし これで妾も安心と  数多......ど 神の教の信徒は  女に眼呉れなよと 高姫さまや黒姫の  何時も厳しきお警告 それ... 17
18 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第2篇 千態万様 第8章 蚯蚓の囁〔619〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 7 件/高姫=7 ...『貴様等は何を下らぬ事を云うて居るのだ、高姫さまだつて余り大きな声では云はれぬが、何......もありやしないワ、俺も魔我彦や、蠑螈別や高姫に限つてソンナ事はあるまい、言行心一致だ......今更三五教へ入信うと云つた所で、力一ぱい高姫や黒姫の言葉の尻について、素盞嗚尊の悪口......は約らぬぢやないか』常彦『それやさうだ。高姫は変性男子の系統ぢやと聞いた許りに、変性......やないか、さうすれば黒姫は申すに及ばず、高姫もちつとは胸に手を当てて考へるだらう、高......て誘引し、且つ変性男子の系統より出でたる高姫を唯一の看板となし世を欺くのみにして、根......あらうと迄取沙汰されけり。されど執拗なる高姫、黒姫は少しも屈せず……女の一心岩でも突... 18
19 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第2篇 千態万様 第10章 四百種病〔621〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 8 件/高姫=8 ...、日の出の神の生宮、常世姫命と現はれて、高姫の肉体を藉りて、三千世界の世の初まりの、......時分から男子女と綽名を取つた、天狗の鼻の高姫であるぞよ。今はフサの国の北山村のウラナ......粗末に思うたら、神の気ざわりに成るぞよ。高姫の肉体は元の性来が勿体なくも天の大神様の......けて置くぞよ』と厳の御魂の筆先の抜萃した高姫の書いた神諭を、声高々と読み聞かして居る......粋で  日の出神の生宮と 現はれ出でたる高姫の  身魂にかかりて筆をとり 三千世界の......神代の折からに  世界のために苦労した 高姫、黒姫、魔我彦や  高山彦や蠑螈別 いづ......てて  常世の姫の生宮と 現はれ出でたる高姫の  日の出神の御経綸 万劫末代芳ばしき......年の御仕組 隅から隅まで悟つたる  あの高姫の生宮は 三千世界の宝物  広い世界の人... 19
20 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第2篇 千態万様 第11章 顕幽交通〔622〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...つて、朝夕念じて居りましたが、一旦黒姫や高姫に瞞されて、一生懸命に三五教の神様の悪口... 20
21 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 前付 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...かれ、魔窟ケ原の地下室を放棄し、北山村の高姫が本城に悄然として帰り行く迄の錯雑なる物... 21
22 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第3篇 反間苦肉 第7章 神か魔か〔635〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...を占領して了ひよつて、終にはウラナイ教の高姫さまの懐刀とまで持て囃された青彦までが、......が、何時陥落するか分りやしないぞ。此頃の高姫さまや、黒姫さまの御機嫌の悪い事と云つた... 22
23 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第3篇 反間苦肉 第8章 蛙の口〔636〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...だ、之からフサの国へ一先づ立ち帰り、大に高姫さまの後援をして大々的活動を仕様と思ふ、... 23
24 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第3篇 反間苦肉 第9章 朝の一驚〔637〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...さずウラナイの  教の道に引き入れて 鼻高姫や黒姫の  笑壺に入るが吾々の 上分別で... 24
25 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第3篇 反間苦肉 第10章 赤面黒面〔638〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 8 件/高姫=8 ...の中でも、私は最も因縁の深いものでせう。高姫さまは高天原に因縁のある名ぢやし、黒姫さ......  モウこの上は助けやうが 無いと悔みて高姫が  何時も涙をポロポロと 零して御座る......ようと思へば、並大抵ぢやない、変性男子や高姫さまの御苦労が身に浸みて、おいとしう御座......り置き、手に手を把つて、フサの国へ渡り、高姫の身許に着きける。......高姫は三五教の勢力侮り難きを黒姫より聞き、黒......に現はれ、草庵の焼跡に新に庵を結び、前年高姫と共に築き置きたる地底の大岩窟に居を定め......居た手前、今更夫ありとは打明け兼ね、私に高姫に通じて、神界の都合と称し、始めて夫を持......。同じ事なら三五教の名が附けたいけれど、高姫や黒姫は、支部ぢやとか、隠居ぢやとか言は... 25
26 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第4篇 舎身活躍 第11章 相見互〔639〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...と云ふものは定まつて居ると見える。黒姫や高姫、松姫はどこともなしに、丸い豊な顔をして... 26
27 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第4篇 舎身活躍 第13章 救の神〔641〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...霊縛を解いてやる、一時も早く立帰り此由を高姫、黒姫、高山彦の御前に包まず隠さず注進致... 27
28 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第5篇 五月五日祝 第15章 遠来の客〔643〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 40 件/高姫=40 ...蛇に憑依されしウラナイ教の頭株、鼻高々と高姫が、天空高く天の磐船轟かしつつフサの国を......の岩窟に勢込んでかけ来る。 梅公は目敏く高姫の姿を見て、叮嚀に会釈しながら、『ヤア、......叮嚀に会釈しながら、『ヤア、これはこれは高姫様、お達者でしたか、遠方の所ようこそ御飛......せう、サアずつと奥へお通り下さいませ』 高姫は四辺きよろきよろ見廻しながら、......高姫『嗚呼大変に其辺あたりが変りましたね、こ......で御座います、サア奥へ御案内致しませう』高姫『黒姫さまは在宅ですかな』梅公『ハイ高山......す』 斯る処へ黒姫はヌツと現はれ、『マア高姫様、ようこそお出下さいました。何卒悠くり......さいました。何卒悠くりお休み下さいませ』高姫『黒姫さま、久し振りでしたねえ、高山彦さ... 28
29 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第5篇 五月五日祝 第16章 返り討〔644〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 13 件/高姫=13 ...されもせぬ黒姫さまの参謀長だ。折角今日は高姫さまが遥々お越しになつて目出度く祝をして......けちをつけに来やがつたのだな』常彦『何、高姫が来て居るとな、其奴は恰度都合が良い、こ......けツ』と一同が酒宴の場に現はれたるを見て高姫は、『ヤアお前は常彦ぢやないか』黒姫『お......の事は見直し聞直す、サア酒でも一杯飲んで高姫さまがお越しだから、とつくりと誠の話を聞......魔窟ケ原を何処ともなく駆けて行く。後には高姫外一同大口開けて高笑ひ、黒姫『オホヽヽヽ......むかついたものだから、やつてやりました』高姫『然し乍ら青彦はあれで……すつかり吾々の......へば思へば益々三五教が嫌になつて来た哩』高姫『ヤア皆さま、此処が大切な処ぢや、悪魔奴......綾彦を伴ひ、馬、鹿の一行五人は、『然らば高姫様、高山彦様、黒姫様、その他の御一同様、... 29
30 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第5篇 五月五日祝 第17章 玉照姫〔645〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...胸の内  知らぬが仏の黒姫や 折柄来れる高姫に  喰つてかかつた可笑しさよ 可哀相と......に板公が 雲を霞と逃て行く  この振舞に高姫や 道に迷うた黒姫が  始めてヤツと気を... 30
31 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第1篇 神慮洪遠 第2章 鶍の嘴〔647〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 15 件/高姫=15 ...山時鳥悲しげに、血を吐く思ひの岩窟の中、高姫、高山彦、黒姫の三人は、奥の一室に鼎坐し......きよくつたやうな笑ひをする。奥の一室には高姫、高山彦、黒姫三人、鳩首謀議の真最中なり......彦、黒姫三人、鳩首謀議の真最中なりける。高姫『これ黒姫さま、紫姫や青彦が出立してから......蠅いから何時も黙つて居るのだ。今日は幸ひ高姫様の前だから、俺の思つて居る事を忌憚なく......て帰つて来なかつたら、二度とお前さまにも高姫さまにもお目にかかりませぬ哩なア』と頤を......て黒姫の横面を撲らむとする。スワ一大事と高姫は仲に割つて入り、『ヤア待つた待つた、犬......だ。俺がヒヨツトコなら貴様はベツトコだ』高姫『コレコレ、お二人とも詔直しだ詔直しだ、......鳶公、お前も御苦労ぢやつた。どうぞ詳しく高姫さまの前で、青彦や紫姫さまの天晴功名した... 31
32 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第1篇 神慮洪遠 第3章 千騎一騎〔648〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/高姫=4 ...誠に以てお気の毒千万、御心中御察し申す。高姫様に嘸お叱言を頂戴なさつたでせう。併し乍......。青彦と紫姫の素首を引抜いて、フサの国の高姫様にお目にかけ、玉照姫様を御迎へ申さねば......如何ですか。貴方が御改心なさつた以上は、高姫さまも自然御改心になりませうから、紫がさ......御改心になりませうから、紫がさう云つたと高姫さまに伝へて下さいませ』『権謀術数を弄し... 32
33 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第2篇 意外の意外 第5章 零敗の苦〔650〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 54 件/高姫=54 ...たり。魔我彦、蠑螈別の二人は此音に驚き、高姫の御帰館なりと、取るものも取敢ず、表に駆......、取るものも取敢ず、表に駆け出し見れば、高姫は眼釣り、得も謂はれぬ凄じき形相し乍ら、......な御土産話を、一同に聞かして下さいませ』高姫『………』魔我彦『コレコレ蠑螈別さま、大......綸、玄関口で尋ねると云ふ事があるものか、高姫様が沈黙なさるも当然だ』蠑螈別『ア、それ......も当然だ』蠑螈別『ア、それもさうでした。高姫さま、サア奥へ御案内致しませう』 ......高姫は奥に入る。一同は俄に上を下へと、バタバ......と、バタバタ歓迎の準備に多忙を極め居る。高姫『今日は無事に墜落もせず、遥々と帰つて来......端緒なりと、一口仰有つて下さいませいナ』高姫『神界の御経綸、秘密は何処までも秘密ぢや... 33
34 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第2篇 意外の意外 第6章 和合と謝罪〔651〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 30 件/高姫=30 ...、北山村の本山ウラナイ教の頭株、心も驕る高姫が、執着心の胸の闇、鼻高山彦や黒姫は、奥......前途に就いて、コソコソ協議を凝らし居る。高姫『栄枯盛衰、会者定離は人生の常とは云ひ乍......て居らつしやるのではありますまいかなア』高姫『日の出神様は外国での御守護、世界の隅々......て居られるに定つて居るぢやありませぬか。高姫様は、玉照姫の一件から何処ともなしに、ボ......何処ともなしに、ボーとなさいましたなア』高姫『黒姫さまも御同様ぢやありませぬか。貴女......ふものは、層一層活動しました。それよりも高姫さま、斯う云うとお気に障るか知れませぬが......ウラナイ教なぞとは比較物になりませぬワ』高姫『憎まれ子世に覇張る、と云つて、悪が栄え......人も寄せないと云ふ神様の御方針ですかな』高姫『其処は惟神ですよ。無理に引張に行つた処... 34
35 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第2篇 意外の意外 第7章 牛飲馬食〔652〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...、『吾こそは、フサの国北山村の本山より、高姫の使者として罷り越したるものである。これ......一寸飛行船を飛ばしてフサの本山に立帰り、高姫、黒姫様の御両人様の御意見を承はつて参り... 35
36 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第2篇 意外の意外 第8章 大悟徹底〔653〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 26 件/高姫=26 ...最中へ、やつて来たのはフサの国の本山より高姫、黒姫の使として鶴公、亀公の両人、そこで......さま、鹿公さまに御聞き申したことを、直様高姫、黒姫様に御伝へ致しました所、殊の外御悦......ヽ何が大変だ。大方フサの国から黒姫さま、高姫さまが殊の外御悦びで御出でになつたのだら......アハヽヽヽ、モシモシ紫姫さま、若彦さま、高姫、黒姫の御両人が御出でになりましたよ』紫......、慌て表に飛び出し、若彦『ヤー黒姫さま、高姫さま、よう御出で下さいました。サアほんの......でございますが、どうぞ御入り下さいませ』高姫『青彦さま、何事も神界の御都合だから今迄......うと思つて居つた。私の眼は矢張り黒いワ。高姫さま如何でございます、間違ひはありますま......如何でございます、間違ひはありますまい』高姫『イヤどうも恐れ入りました。サアサア御免... 36
37 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第3篇 至誠通神 第10章 馬鹿正直〔655〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...に就いても三五教は比較的隆盛ぢやないか。高姫さまや、黒姫さまの大頭株が得意の神算鬼智... 37
38 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第3篇 至誠通神 第11章 変態動物〔656〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/高姫=4 ...下国家の為に由々敷一大事と、男子の系統の高姫さまが御心配遊ばし、止むを得ずウラナイ教......してな』お節『さう致しますと貴女は此頃の高姫様や、黒姫様の御意中はお分りになつて居な......ませぬ』お節『さうすると貴女の師匠と仰ぐ高姫様や、黒姫様の御命令でもお聞きなさらぬお......もお聞きなさらぬお考へですか』松姫『仮令高姫さまが顛覆なされても、私は最後の一人にな... 38
39 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第3篇 至誠通神 第12章 言照姫〔657〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/高姫=3 ...申しませう。実の所はフサの国の本山より、高姫様、黒姫様の御命令が降り、心は既に三五教......人を大切に思はるるのと同様に、私も師匠の高姫様や、黒姫様のために尽さねばなりませぬ。......なり。松姫の改心に依り、ウラナイ教の教主高姫、副教主黒姫の罪は赦された。又松姫は神が... 39
40 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第4篇 地異天変 第13章 混線〔658〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...つて、どうする事も出来まい。ウラナイ教の高姫や黒姫の奴が一生懸命に骨を居つて、その結... 40
41 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第4篇 地異天変 第15章 山神の滝〔660〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/高姫=3 ...ました罪の深い女でございます。私の師匠の高姫、黒姫と云ふ方が大変に素盞嗚尊様に反対の......大悲の世界の贖主であるといふ事を、第一に高姫様が合点遊ばし、立つても坐ても居られない......私の方へも詳細な手紙が参りました。就ては高姫、黒姫御二方の今迄の罪を許して頂かねばな... 41
42 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第4篇 地異天変 第16章 玉照彦〔661〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...命にお届けあれ、然らば其方は云ふに及ばず高姫、黒姫一派の、今迄瑞の御霊の大神に射向か......夜の区別なく瑞雲棚引き渡り、ウラナイ教の高姫、黒姫其他も嬉々として集まり来たり、ミロ... 42
43 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第4篇 地異天変 第17章 言霊車〔662〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...神司  本つ教に帰順せし 聞くも芽出度き高姫や  高山彦や黒姫の 罪や穢れを贖ひし ... 43
44 霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 第1篇 宇都山郷 第1章 武志の宮〔663〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...ラナイ教を樹て、瑞之御霊に極力反抗したる高姫、黒姫、松姫は、夢の覚めたる如く心を翻し......ては、信用がないから、ソツとウラナイ教の高姫さまが祀つて呉れた御神号を河に流し、今で... 44
45 霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 第1篇 宇都山郷 第4章 六六六〔666〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...瑞の御霊に反抗ひし  ウラナイ教の神司 高姫黒姫松姫が  心の底より悔悟して 神の御... 45
46 霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 第3篇 三国ケ嶽 第12章 如意宝珠〔674〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 21 件/高姫=21 ...頭に霜を戴きし  三五教の宣伝使 黒姫、高姫、青彦や  紫姫は終夜 眠りもやらずヒソ......やらずヒソヒソと  秘密の話に耽り居る。高姫『皆さま、高い声では云はれませぬが、玉照......仰向きに倒れようとしてやつと身を支へた。高姫『コレコレ、青彦さま……お前の名は若彦ぢ......命を捨ててでも御用を聞かして貰ひませう』高姫『実はお玉の方がバラモン教の悪神に攫はれ......に目と目を見合すのみで途方に暮れて居る。高姫『お前さま、お玉の方が攫はれたと言つてそ......だ吃驚の親玉がモ一つありますぞや』紫姫『高姫さま、吃驚の親玉とは如何な事です、何卒聞......一杯出来る事なら勤めさして頂きますから』高姫『親玉と言つたら玉を盗られたのぢやがなア......ぢやがなア』紫姫『あのお玉の方をですか』高姫『お玉もお玉ぢやが、そんな玉とは玉で玉が... 46
47 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第1章 高春山〔675〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 49 件/高姫=49 ...出し、地上の空気を腐爛せしめつつあつた。高姫、黒姫は波斯の国北山村の本山を捨て蠑螈別......。二人は巌の上に高鼾をかいて寝んで居る。高姫、黒姫は漸く此処に登り来り、......高姫『なんと立派な岩が並んで居るぢやありませ......る。冠島の金剛不壊の玉を腹に呑み込んだ此高姫、言はば妾の体は如意宝珠も同然、多寡の知......戴致します。本当に好かんたらしい、驕慢な高姫さま。どうぞ此れ限り、何と云つても御暇を......つた。こんな猫の目の様に心のクレクレ変る高姫のお師匠さまは、真平御免だ。好い腐れ縁の......を凝らして居られますよ』『それ見なさい、高姫さま』『竜宮の乙姫さまは、遠の昔にお前さ......と喧嘩をしてゐたぢやないか』『没分暁漢の高姫が、如意宝珠の玉を腹に呑み込んで居ると言... 47
48 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第2章 夢の懸橋〔676〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/高姫=3 ...て天の磐樟船に乗り、勢よく聖地を出発した高姫、黒姫は殆ど三ケ月を経るも何の消息もない......云ふ実地正真を見せてやつたのであるぞよ。高姫や黒姫を見て改心なされよ。結構な二本の足......高春山の鬼神を  征服せむと出で行きし 高姫黒姫両人を  助けにや山家の肥後の橋 膝... 48
49 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第3章 月休殿〔677〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...から、余程修業をして参らねばなりませぬ。高姫、黒姫の宣伝使は、不覚にも飛行船に乗つて... 49
50 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第2篇 是生滅法 第6章 小杉の森〔680〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...かせみむと三五の  道の教の宣伝使 鼻も高姫黒姫が  天の岩樟船に乗り 意気昇天の勢......合にする。汝等は鷹依姫に散々脂を搾られ、高姫、黒姫の様に岩窟の中へ閉ぢ込められて、木... 50
51 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第3篇 男女共権 第12章 奇の女〔686〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ... 御霊幸倍ましまして  三五教の宣伝使 高姫黒姫両人を  救ひ出させ給へかし 野立の... 51
52 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第4篇 反復無常 第15章 化地蔵〔689〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...言向け和し救はむと 三五教に名も高き  高姫黒姫両人は 鳥の岩樟船に乗り  意気揚々......奴で、俺と信仰を異にし、到頭ウラナイ教の高姫の乾児になりやがつて、高城山で松姫と名乗... 52
53 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第4篇 反復無常 第17章 酒の息〔691〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 7 件/高姫=7 ...、上つたり下つたり耐つたものぢやない。偶高姫が乗つて来た飛行船を占領し、ブウブウとや......今迄は猫を被つて居つたが、肝腎の紫の玉は高姫に呑んでしまはれ、黒姫と......高姫は中々豪のものだから、針の穴からでも、出......お父さまに背負つて来たのよ。お父さまは今高姫、黒姫さまを引張りだし、鷹依姫とかいふお......け。今に三五教の宣伝使が見えたら、黒姫、高姫をあんな処へ突込んで於ては申訳がない。…......此婆の見張りをして居れ。俺は奥へ行つて、高姫、黒姫お二人さまにお願ひ申して、岩戸から......う開城する方が後の利益だ』と言ひ捨てて、高姫、黒姫を閉ぢ込めた岩窟の前に周章しく駆り... 53
54 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第4篇 反復無常 第18章 解決〔692〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 15 件/高姫=15 ...『モシモシ私はテーリスタンで御座います。高姫様、黒姫様、御機嫌は如何で御座いますか』......は妾等二人を石室に入れた積りか知らぬが、高姫大明神、黒姫大明神の結構な御扉ぢやぞエ、......出まし下さいませ』『アヽ有り難う、サア、高姫さま出ませうか』『黒姫さま、何を云ひなさ......だ。家宅侵入罪で訴へてやるがどうだい』『高姫さま、さういちやつかずに、御頼みぢや、出......の玉に、如意宝珠の夜光の玉を呑み込んだ此高姫、仮令何万人の豪傑攻め来るとも、フンと一......すワ』『百日や二百日食はいでも瘠るやうな高姫とは些と違います。イヤ瘠たのぢやない。体......ない。時節と云ふものは結構なものだな』『高姫様、それで世が逆さまになつて居ると、神様......を我々に転嫁するのかい。私がそつと隠して高姫さまや黒姫さまに進上しようと思へば、隼の... 54
55 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 余白歌 余白歌 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...章(再)〉人皆の心の色の黒姫や    鼻高姫の猛び忌々しき〈第18章〉大空の雲にかくれ... 55
56 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第1篇 暗雲低迷 第3章 不知火〔695〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 4 件/高姫=4 ...を証拠にそんな無茶な事を仰有るのだ。私は高姫様のやうに、呑んだり吐いたり、そんな芸当......も  如意の宝珠と称ふなり 中にも別けて高姫が  腹に呑み居し神玉は 神宝の中の神宝......の雲霧を  払ふ術なき折柄に 十字街頭に高姫が  錦の宮に参詣の 折も折とて出会し ......の 折も折とて出会し  黒姫始め外四人 高姫宅に招ぜられ  尊き神の御宝を 紛失した... 56
57 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第1篇 暗雲低迷 第4章 玉探志〔696〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 21 件/高姫=21 ...入り、五人は各家路に帰らむとする時しも、高姫、紫姫、若彦の三人と十字街頭にピタリと出......若彦の三人と十字街頭にピタリと出会した。高姫『これはこれは黒姫さま、鷹依姫さま、その......黒姫さま、鷹依姫さま、その他御一同、一寸高姫の宅まで来て下さい。折入つてお訊ねしたい......み行く。黒姫は胸に一物、思案に暮れながら高姫の宅に立寄り、帰宅を五人一同打揃ひ待つて......待つて居た。テーリスタン『モシ黒姫さま、高姫さまの顔色が変つて居ましたな。悪事千里と......ましたな。悪事千里と云つて、今朝の騒ぎが高姫さまの耳へ這入つたのぢやありますまいか』......たものだよ。オホヽヽヽヽ』 斯く言ふ処へ高姫は身体をプリンプリンと振りながら、チヨコ......『ハイ』と答へて両人は奥へ通つた。黒姫『高姫様、えらう早う御座いましたな』高姫『いつ... 57
58 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第5章 壇の浦〔697〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 28 件/高姫=28 ...彼処に頭を鳩め、此話にて持切りであつた。高姫は錦の宮の傍なる高楼に付属せる八尋殿に宣......注意を与へむと演説会を開いた。 能弁家の高姫が此突発事件に対し如何なる事を言ひ出すや......と、先を争うて立錐の余地なき迄集まつた。高姫は忽ち壇上に立上り、稍怒気を含み目を釣り......目を釣り上げながら、諄々と語り始めた。 高姫は満座を睥睨しながら、『皆さま、今日は能......鉢口調で八つ当りに当つて見せた。国依別は高姫の立てる壇上に立現はれ、『......高姫さまに御尋ね致します。吾々は此の件に就て......ますぜ。確り確り』などと野次る者がある。高姫『黒姫さまを決して逐出したのではない。妾......生命も何も捧げると誓つて居るあなた方、此高姫が言はなくとも何故不言実行が出来ませぬか... 58
59 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第6章 見舞客〔698〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 28 件/高姫=28 ... 高姫はすごすごと我家に帰り頭痛がするとて臥床......全力を尽して居る。玉治別は妻のお勝と共に高姫の病気と聞き、見舞のために訪ねて来た。玉......いて居る遠州に向ひ、『遠州さま、承はれば高姫さまには少しお塩梅が悪いと聞きましたが、......しました』と奥に入り耳許に口を寄せて、『高姫様、玉治別の宣伝使がお見舞に見えました』......、玉治別の宣伝使がお見舞に見えました』 高姫は人事不省に陥りながらも、玉の一声にふつ......、玉治別が来たのだと実を明かせば、又もや高姫が落胆して重態に陥る事を案じ、何気なう、......玉がお出になりました』と皆まで云はさず、高姫は、『早く此処へ持つてお出で』 遠州は、......、お勝さま、どうぞ奥へお通り下さいませ。高姫様が大変お待ち兼ねで御座います』 玉治別... 59
60 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第7章 囈語〔699〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 33 件/高姫=33 ... 高姫は一生懸命精神錯乱状態になつて、熱に浮か......がきつくなります。浅間山が爆発するのか、高姫山が破裂するのか知りませぬが、大変な騒動......つ鎮魂をして鎮めて見ませう』とお初と共に高姫の病床に進み入つた。 ......高姫は金盥の底をガンガン叩きながら、起ちつ坐......に唱へ、ウンと一声指頭より霊光を発射し、高姫の面を照した。......高姫は漸く鎮静状態に復し、バタリと床の上に倒......息をしながらウンウンと唸つてゐる。杢助は高姫の肩を撫で擦りながら声低に、『モシモシ......高姫さま、大層御苦しみと見えますが、何事も神... 60
61 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第8章 鬼の解脱〔700〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 44 件/高姫=44 ...玉は勿体なくも如意宝珠の玉ではないか、此高姫が秘蔵せし神宝を何時の間にか盗みよつて其......はれた二人の婆に三人の男、力なき声で、『高姫 ......高姫』と呼び止める。......高姫は此声に驚いて萱原に目を注げば、豈図らむ......ーリスタン、カーリンスの五人連れである。高姫『これ、黒姫さま、黄金の玉は如何なつた。......様に前に下げ、風のまにまにフワリフワリと高姫の前後左右に押し寄せて来る。......高姫『此処は何処と心得て居る、お前達は冥途へ......してお前は最早地獄の旅をして居るのだよ』高姫『はて、不思議』と頭に手を当てて見れば、... 61
62 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第3篇 黄金化神 第9章 清泉〔701〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/高姫=3 ...時しかに 開きて茲に黒姫や  胸の動悸も高姫が 玉失ひし苦しさに  天地の神に言解の......さに  天地の神に言解の 言葉もなくなく高姫は  千々に心を砕きつつ 夜に紛れて四尾......深き曲神の  八岐大蛇の計画と 早合点の高姫は  鷹鳥山に小やけき 庵を結び夜も昼も... 62
63 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第3篇 黄金化神 第12章 銀公着瀑〔704〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 0 件/高姫=0   63
64 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第4篇 改心の幕 第13章 寂光土〔705〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...糸を繰返し  心も加藤説き明す 鷹鳥山の高姫が  娑婆即寂光浄土をば 心の底より正覚... 64
65 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第4篇 改心の幕 第14章 初稚姫〔706〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 5 件/高姫=5 ...教の宣伝使 誠の道を踏み外し  心鷹ぶる高姫が 小さき意地に囚はれて  錦の宮を守り......し修羅畜生  心の中の枉鬼に 虐げられて高姫は  清泉忽ち濁り水 湧きかへりたる胸の......此処に麻柱の  真の司となりにけり あゝ高姫よ若彦よ  娑婆即寂光浄土ぞや 神も仏も......御神 祓はせ給へ神の子と  生れ出でたる高姫や 若彦つづいて玉能姫  金助、銀公其他......能の姫の神魂を 此処に伴ひ来りたり  汝高姫、若彦よ 神の御声に目を醒ませ  心にか... 65
66 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第4篇 改心の幕 第15章 情の鞭〔707〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...の涙に咽ぶ。茲に若彦は口を嗽ぎ手を洗ひ、高姫、金、銀二人と共に、神前に向ひ恭しく天津... 66
67 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第5篇 神界経綸 第17章 生田の森〔709〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 15 件/高姫=15 ...ツと薄気味悪さうに近付き見れば、黄金像は高姫の素首をグツと鷲掴み、猫でも放る様にプリ......。……アツハヽヽヽヽ……。オイ笑ふ所か、高姫の守護神此国……オツトドツコイ神の国に出......てあげよう。エーエー困つた事が出来た。此高姫の守護神が憑つたのだなどと、よう言へたも......七手許り歩いた途端に、体の中心を失つて、高姫の頭の上へドスンと倒れた。『コレコレ杢助......仕方がない』 国依別は、『不言実行だよ。高姫さま』とからかふ所へ、手燭を左の手に持ち......だ。杢助も大変に迷惑だ。アツハヽヽヽ』 高姫は暫く腕を組み、首を頻りに振り、思案に沈......頻りに振り、思案に沈む。国依別は、『あの高姫さまの心配さうな顔、どうしたら元の通りに......。これから私がコツソリと其玉を拾ひあげ、高姫さまぢやないが、腹へ呑み込んで、一つ大日... 67
68 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第5篇 神界経綸 第20章 三の魂〔712〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 16 件/高姫=16 ...迎へて居る。二三日前より此家に訪ね来りし高姫、国依別は、杢助と教理を闘はし乍ら此処に......助と教理を闘はし乍ら此処に逗留して居た。高姫『杢助さま、貴方は今東の窓から手を拍ちま......ハイ、杢助も一寸心配して居りましたよ』 高姫は妙な顔しながら、『貴方は口では平気で言......は………それや又どんな事で御座いますか。高姫にも聞かして下さいな』 杢助はニコニコ笑......、お祝の御神酒を頂戴する事に致しませう』高姫『アヽ、それは結構で御座いますな。然し如......。然し如何な御用で御出でになさつたのか、高姫にも様子を聞かして下さいませ。これ玉能姫......来ませぬ。何れ未来でお分りになるでせう』高姫『何と……マア遠い……気の長い事だなア』......さうだ。これで三つの御玉が揃ひまして……高姫さま、お喜びなさいませ』 高姫、怪訝な顔... 68
69 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 余白歌 余白歌 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...かかりける〈第4章〉呑み込みし玉吐き出し高姫が    またもや固唾を呑んで泡ふく〈第......らむとすも〈第7章〉人の非を攻めなやめた高姫も    今は生命の水にかはきつ〈第7章... 69
70 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ... またしても高姫物語かと、読者の飽き玉ふとは知り乍ら、是... 70
71 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 前付 総説 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...筋に、曳かれて親子の再会や、魂をぬかれし高姫が、執着心のいと深き、心の瀬戸の家島やま... 71
72 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第1章 玉の露〔713〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 5 件/高姫=5 ...別の教主に巧く取り入り、変性男子の系統の高姫さまに揚壺を喰はし、若彦の女房…元のお節......そんな事を心配して居て思惑が成就するか。高姫様を表面へ出さねば、到底五六七の神政は完......生き残つて居つて不足を云つた所で、肝腎の高姫さまの勢力さへ旺盛ならば何でもない。勝て......が発動し、斯んな事を素破抜かうものなら、高姫も、魔我彦一派も、それこそ大変だ。アーア......体を借つて讐を討つてやるのだ。其方も今迄高姫の部下となり、変性女子を苦めよつた揚句、... 72
73 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第2章 副守囁〔714〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/高姫=4 ...し、今に大変動が起らんとして居る。それで高姫さまも非常に御心配を遊ばして御座るのです......して御座るのです』若彦『さうすると貴方は高姫さまの旨を奉じて来られたのか、或は言依別......されて、それで安閑としてゐるのですかな。高姫さまが大変に憤慨なされて「アヽ若彦さんは......「不届至極の言依別、今日より其職を免じ、高姫に一切万事を委任する。就ては杢助を叩き出... 73
74 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第3章 松上の苦悶〔715〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 10 件/高姫=10 ...尋ね、教主が変つてなるものですか』若彦『高姫さまは何うなりました』杢助『......高姫さまは相変らず聖地で働いて居られます』 ......む許りに打ち驚き、若彦『どこ迄も執念深き高姫一派の奸計。何うしても金狐、大蛇、悪鬼の......ぬのは嫌なに違ひない。それに引かへ貴様は高姫と共に、日々烏の啼くやうに命はいらぬ、お......余り成功を急いだものですから何分貴方方は高姫さまの御神業の妨害をなさる悪人だと信じき......し聞き直しを願ひます』杢助『大体お前達は高姫の脱線的熱心に惚込んで居るから、そんな不......事も日の出神さまの御命令通りだと思つて、高姫さまの意志を一寸忖度して居る処へ守護神が......うだ。さうして改心を証明する為に、今迄の高姫一派の計略を此処ですつかり自白したがよか... 74
75 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第4章 長高説〔716〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 60 件/高姫=60 ...も密に聖地に帰り、国依別が館に深く忍び、高姫一派の陰謀を偵察しつつあつた。神ならぬ身......派の陰謀を偵察しつつあつた。神ならぬ身の高姫は此事は夢にも知らず、鬼の来ぬ間の洗濯す......場立錐の余地なきまでに寄り集まつた。此時高姫は烏帽子、狩衣厳めしく神殿に進み、言依別......壇上に肩を揺り、腮を上下にしやくり乍ら、高姫『皆さま、今日は斯くの如き結構なお日和に......集して下さつたと言ふのは、未だ天道様は此高姫を捨て給はざる証で御座いませう。杢助総務...... 加米彦は満座の中よりヌツと立ち上り、『高姫さまに質問があります、何事も神界の御経綸......に日の出神の生宮ぢやと仰有つても、神様が高姫さまの命令に服従せよとは、何処の筆先にも......経綸を混乱顛覆させる魔神の容器でせう』 高姫は講座より地団駄を踏み、目を釣りあげ、『... 75
76 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第3篇 有耶無耶 第9章 高姫騒〔721〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 41 件/高姫=41 ...森の館の主人となりましたが、それに就いて高姫さまの部下に仕へて居る人達が、「三個の神......ます。然し乍ら何事も神様に任した私、仮令高姫が如何なる企みを以て参りませうとも、神様......。御承知で御座いませうが何れ遠からぬ中、高姫さまか、又は部下の方々が食物を以て見えま......二人は何事ならんと耳を澄ませ聞き入れば、高姫の癇声として、『此処へ玉能姫が来たであら......命令に依つて当分の間、女は禁制で御座る』高姫の声『何と言つて隠してもチヤンと門番に聞......て強く威喝させ乍ら若彦の居間に進み来り、高姫『オホヽヽヽ、若彦さま、悪い処へカシヤ婆......を売る山師の様な宣伝使ぢや。玉能姫殿、此高姫の眼力に違はず、表面は立派な事を……ヘン......へ忍んで来るとは、実に立派な貴方の行ひ、高姫も実に感心致しました。本当に凄いお腕前、... 76
77 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第3篇 有耶無耶 第10章 家宅侵入〔722〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 55 件/高姫=55 ... 晴れては曇る秋冬の  空高姫は改心の 真如の月を曇らせて  心の海に...... 初稚姫の守りてし 生田の森に帰り行く。高姫『アヽ此処が意地クネの悪い杢助の元の館だ......張になりますか、一寸伺つて下さいませな』高姫『何と云ふお前は頭脳の悪い事だ。日の出神......れとは、そりや何を言ふのだ。日の出神様と高姫と別々に考へて居るのだな。それがテンから......考へて居るのだな。それがテンから間違だ。高姫は即ち日の出神、日の出神は即ち......高姫だ。霊肉一致、誠生粋の大和魂の......高姫だ』貫州『それでも貴女、何時も日の出神の......、あなたの宮はどこへでもよく動きますな』高姫『エー分らぬ男だなア。どこへでも思うた所... 77
78 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第3篇 有耶無耶 第11章 難破船〔723〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 53 件/高姫=53 ... 心の空も高姫が  四人の供を伴なひて 三つの宝の所在......目をば 見ながら心は何処迄も  執念深き高姫が 宝探しの物語  褥の船に横たはり 心...... アヽ惟神々々  御霊幸倍ましませよ。 高姫は首尾よく三人の船頭をまき散らし、一行五......漸く遠ざかり眼に映らない迄になつて来た。高姫は鼻蠢かしながら、......高姫『アヽ皆の者、御苦労であつた。モウ斯うな......帰つて来れば好いのだ。さうして其玉は、此高姫の腹の中に呑み込んで置けば、誰が来たとて......節は待たねばならぬものだ』貫州『モシモシ高姫様、貴方は既に已にお宝が手に入つたやうな......、取らぬ狸の皮算用では御座いますまいか』高姫『何大丈夫だよ、何と云うても日の出神の生... 78
79 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第3篇 有耶無耶 第12章 家島探〔724〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 29 件/高姫=29 ... 負ぬ気強き高姫は  折から漕来る漁夫船 是幸ひと飛び乗......、如何です、一寸彼処へお寄りになつては』高姫『や、妾はそんな事どころぢやない。一時も......は他人の三人前払うて貰はねばなりませぬ』高姫『三倍でも五倍でも十倍でも構ふものか。一......ひ汗を流し乍ら、一層烈しく艪を漕出した。高姫『これこれ、船頭さま、左手に饅頭の様な島......な船頭でも寄りついた事は無いのですから』高姫『あの島へ去年の五月の五日に船を漕いで行......したり恐ろしい神島などへ渡りますものか』高姫『あの島には何か宝物でも隠してある様な噂......位だから、もう此話は是きりにして下さい』高姫『さうかなア、矢張さうすると家島に違ひな......向う風に逆らひつつ漸く家島の岸に着いた。高姫『あゝ御苦労だつた。流石は東助さま、よう... 79
80 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第3篇 有耶無耶 第13章 捨小舟〔725〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 57 件/高姫=57 ... 高姫一行を包みたる濃霧は、暫くにして消散し、......るくなつて来た。玉能姫の行衛は如何にと、高姫以下血眼になつて探し廻せど、何の影もなく......やつて来た。見れば玉能姫の乗つて来た船も高姫の船もない。......高姫は地団太踏んで口惜しがり、......高姫『アヽ残念、口惜しやな、お節の奴、濃霧を......当つたのだ。サア俺の船をどうして呉れる』高姫『ヨウマアそんな事が言へたものだ、大切な......居つたなア。モウ量見致さぬ覚悟をせい』 高姫頤をシヤクリ乍ら、『オホヽヽヽ、何程力が......事が白状出来るかい。余り馬鹿にするない』高姫『オホヽヽヽ、アノ白つぱくれようわいのう... 80
81 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第4篇 混線状態 第15章 婆と婆〔727〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 45 件/高姫=45 ... 高姫は貫州と共に玉能姫より贈つた新造の船を操......ら怪物の潜む魔窟と称へられて居る。貫州『高姫様、ここには立派な岩窟が有りますなア。玉......居りましたから、一つ探険して見ませうか』高姫『マア暫く考へさして貰はう。どこ迄も注意......て、ノソノソ這ふ様に這入つて了つた。後に高姫は腕を組み胡床をかき、思案に暮れて独語。......は腕を組み胡床をかき、思案に暮れて独語。高姫『あゝする事成す事、鶍の嘴程喰ひ違うと云......神さまも如何して御座るのだらうか。此頃は高姫の精神も変だが、日の出神様も何とはなしに......パリ五里霧中所か岩前夢中に彷徨すると云ふ高姫の今日の境遇。アーアもう神様が厭になつて......イスの誠一つを開陳なされ。返答に依つては高姫も今日限りお前の言ふ事は聞かぬのだから、... 81
82 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第4篇 混線状態 第16章 蜈蚣の涙〔728〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 23 件/高姫=23 ...時の間  仮の住家と繕ひて 時待つ折しも高姫が  神の仕組も白浪の 上を辷つて上陸し......ら 解けて嬉しきバラモンの  道の友なる高姫と 聞くより顔色一変し  打つて変つた待......し  打つて変つた待遇に 仕済ましたりと高姫は  後を向いて舌を出し 素知らぬ顔にて......顔にて奥の間へ  進み入るこそ可笑しけれ高姫『久し振で御座いましたなア。貴女が魔谷ケ......拝顔を得たと云ふのは、是全く大自在天様の高姫が誠意をお認め遊ばして、こんな嬉しい対面......の、もう此上は何事も心配致しませぬ。何卒高姫さま、是からは打ち解けて姉妹となり、神業......なり、神業に参加しようではありませぬか』高姫『何分不束な妾、行き届かぬ事ばかりで御座......致さねば、女房の役が済みませぬからなア。高姫様、貴女の夫美山様に対し申訳がありますま... 82
83 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第4篇 混線状態 第17章 黄竜姫〔729〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 14 件/高姫=14 ... 高姫の後に従いて蜈蚣姫の居間にやつて来た友彦......宜しい、会はして下さいませ』蜈蚣姫『モシ高姫さま、なんと困つた男ぢやありませぬか。よ......図々しい、あんな事が云へたものですなア』高姫『コレコレ友彦さま、お前は余程性質が悪い......らう。娘の恥にもなることだから……。モシ高姫様、随分間抜けた男ですワ。さうして恋しい......を探しがてら、娘の後を追うて参りませう。高姫さま、貴女は此の館を守つて下さいませぬか......ま、貴女は此の館を守つて下さいませぬか』高姫『滅相もないこと仰有いますな。三つの宝を......の女王は我が娘であつたか。嬉しや嬉しや、高姫さまの御かげで、到頭娘の所在が分りました......を合し涙と共に拝み居る。友彦『モシモシ、高姫さまに伴れられて来たのではありませぬ。私... 83
84 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第4篇 混線状態 第18章 波濤万里〔730〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 9 件/高姫=9 ...に 当途もなしに来て見れば  胸の動悸も高姫が 差俯向いて独語  聞くより誰かと尋ぬ......れば 口から先に生れたる  布留那の弁の高姫は 口を極めて喋り出す  鼻持ならぬ屁理......と歯の脱けた口から零れた様な笑ひをする。高姫は目敏く三人の顔を見て、......高姫『誰かと思へば清に武、鶴の三人ぢやないか......やないか。東助船頭と共謀になつてようこの高姫を馬鹿にした。さア良い処へうせた。もう量......を致すと貴様も一緒に召捕つて帰らうか』 高姫は泰然自若として、......高姫『オホヽヽヽ、鉛製の閻魔の様な其態は何だ......の九寸五分を以て嚇かす様な事をしたつて此高姫は、いつかな いつかなビク付く様な弱い女... 84
85 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 余白歌 余白歌 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...    神国に救ふ愛善の教〈第16章(三)高姫と蜈蚣の姫の腹黒き    婆々の雄たけび... 85
86 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第1篇 流転の涙 第4章 一島の女王〔734〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...『アーア、仕方がない。黄金の玉を紛失し、高姫様に叱り飛ばされ、守護神の囁きに依つて竜......うか。彼の玉無き時は如何しても聖地に帰り高姫様に会はす顔がない。此黒姫は夫高山彦と共... 86
87 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第2篇 南洋探島 第5章 蘇鉄の森〔735〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 42 件/高姫=42 ... 執念深く何処までも  探さにや置かぬと高姫が 夜叉の如くに狂ひ立ち  積る思ひの明......蜈蚣姫 館に思はず迷ひ込み  早速の頓智高姫は 蜈蚣の姫が心汲み  表面ばかり親善の......まれて  スマートボール其外の 供を従へ高姫が  船に棹さし進み行く 心そぐはぬ敵味......よりは最早皺嗄れ声も出なくなりにけり。 高姫は漸くにして蘇鉄の森に着きぬ。一丈許りの......……蜈蚣姫一行も漸くにして此場に現はれ、高姫がむしり取つたるマラに目を注ぎ渇を医する......程の間に此大島全体を巻き尽したりける。 高姫、蜈蚣姫其他の一行は、樹木と共に蜈蚣に包......む許りとなりき。九死一生の破目に陥りたる高姫は、最早是までなりと総ての執着心に離れ、......に現はれ来り、『汝日の出神の生宮と称する高姫、今茲に悔い改めずば汝は永遠に今の苦みを... 87
88 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第2篇 南洋探島 第6章 アンボイナ島〔736〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 16 件/高姫=16 ... 高姫、蜈蚣姫を乗せたる船は、波のまにまに大小......上に響き渡りぬ。『アヽヽ飽迄我を立て徹す高姫、蜈蚣姫の両人、天の八衢彦命の言葉を耳を......使。てもいげち無い可憐らしい者だなア』 高姫は直ちに、『何れの神様か存じませぬが、ア......ませぬ。善一筋の日本魂の生粋を立て貫く此高姫。イヽヽいつかないつかな、変性女子的貴女......ヽ、煩さい代物だ。何処までも粘着性の強い高姫の執着、有無転変の世の中、今に逆とんぼり......の人間を迷はす曲津神の張本人、鼻ばかりの高姫が今日は断末魔、扨ても扨ても可憐想な者だ......改心するのは今であらう。返答は如何だ』 高姫は負けず、又もや、『ウヽヽ煩さい事を仰有......み遊ばした蜈蚣姫の姉妹分とも言はれたる此高姫、何れの神か曲津か知らねども、チツトは物... 88
89 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第2篇 南洋探島 第7章 メラの滝〔737〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 42 件/高姫=42 ...の竜宮島と聞えたる、アンボイナ島の一角に高姫の一行は漸く到着したり。 総て此方面には......一の天国浄土とも称すべき聖地なりける。 高姫、蜈蚣姫は第一に此島に目をつけ、玉能姫が......、弥全島残らず玉の捜索に係る事となつた。高姫は雌島を、蜈蚣姫は雄島と部署を定めて、些......蜈蚣、守宮、蜥蜴の類間断なく現はれ来り、高姫其他一同の体を目蒐けて飛びつき喰ひつく嫌......りたり。其間殆ど三ケ月を要したりける。 高姫、蜈蚣姫は執念深くも今度は磯辺に下り、大......らしきものは一つも見当らざりけり。流石の高姫、蜈蚣姫も根気尽き、又もや雄滝の麓に集ま......向見当らず、驚いて滝壺の前に現れ来り、『高姫様、蜈蚣姫様、大変で御座います』と顔色を......方が分らないのですもの』『そりや大変だ、高姫さま、何うしませう』『さてもさても気の利... 89
90 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第2篇 南洋探島 第8章 島に訣別〔738〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 42 件/高姫=42 ...へて瑞宝の 所在を探す蜈蚣姫  心も同じ高姫が やうやう妥協を整へて  再び船に棹を......て来る折柄に 玉能の姫の物語  三五教の高姫は 玉に心を奪はれて  荒き海路を渡りつ......島に  来りて見れば海端に 落ちたる笠は高姫の  此処に居ませる印ぞと 心も勇み身も......千里の晴れの空 小路を伝ひ来て見れば  高姫さまの一行が 愈此処に立籠り  禊の修業......  あゝ惟神々々 御霊幸ひましまして  高姫さまの胸の中 一日も早く晴らせかし  吾......救はむと  やうやう此処に来りたり 嗚呼高姫よ其外の  神の大道を歩む人 心平に安ら......まらに詳細に聞召せ』と歌ひつつ男女七人、高姫の前に立ち現はれ、歌に装ひて来意を述べ立......現はれ、歌に装ひて来意を述べ立てたり。 高姫は一行の姿を眺め、『ヤアお前は玉能姫と初... 90
91 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第3篇 危機一髪 第9章 神助の船〔739〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 44 件/高姫=44 ...つとも虧くるとも 仮令大地は沈むとも  高姫生命を棄つるとも 島の八十島八十の国  ......山麓に 生田の森にて足揃ひ  船を準備へ高姫が 危難を救ひ助けむと  潮の八百路を打......の声 常事ならじと近寄りて  窺ひ見れば高姫の 腕は血潮に染りつつ  団栗眼を怒らし......暮れにけり 玉治別の一行は  探ね来りし高姫の 所在を知つた嬉しさに  真心こめてい......を  完全に委曲に宣りつれど 心ねぢけし高姫は  情を仇に宣り直し 相も変らず減らず...... 残りの船は友彦が 艪を操りつ蜈蚣姫  高姫貫州久助や スマートボールやお民等の  ......る。 友彦は怪しき二つの影を見て、『ヤア高姫さま、蜈蚣姫さま、愈願望成就の時節到来、......ると云ふ事が、的確に分つて来ましたよ』 高姫吃驚した様な声で、『エヽ何と仰有る。あの... 91
92 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第3篇 危機一髪 第10章 土人の歓迎〔740〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 21 件/高姫=21 ...に見て 救ひの船に身を任せ  進み来れる高姫や 蜈蚣の姫の一行は  夜を日に継いでオ......を破り  茲に非難し居たりしを 漸く悟り高姫は  日頃探ぬる神宝の 匿せし場所は此島......さりて魔の島を 早一呑みに呑まむとす  高姫其他の一同は 九死一生の苦しみに  生き......初稚姫や田吾作の  助けの船と悟りてゆ 高姫持病は再発し  竹篦返しの減らず口 頤を......ンポーリー、カンカラカンノケンケラケン、高姫さまのガンガラガンノコンコロコン、蜈蚣姫......ン』と囀りぬ。数多の群集は各尻をまくり、高姫の身辺近く取り巻き「我臀肉を喰へ」と云ふ......数十人の、残つた土人の敬虔の態度を眺めた高姫は、そろそろむかづき初め、『これこれ此処......此中で一番尊い御方は日の出神の生宮たる此高姫だよ、取り違ひをするな』と癇癪声を張り上... 92
93 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第3篇 危機一髪 第12章 暴風一過〔742〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 17 件/高姫=17 ... 高姫は高山彦、黒姫に誘はれ、広大なる宰相室に......宰相室に導かれ、懐旧談に時を移しける。『高姫様、ようまア、はるばると訪ねて来て下さい......事ばかり、タマつたものぢやない。それに又高姫さままでが、玉を盗られたとか、イヤもう、......の所在を白状させねば措くものか。……時に高姫さま、其お節にお初は今何処に居りますか』......立つ。ブランジー、クロンバーの後に従いて高姫は、首を頻りに振りながら、半ば神憑の態に......コレハコレハ高山彦様、黒姫様とやら、予て高姫さまより承はつて居りました、何分宜しう御......した、何分宜しう御願ひ致します。……コレ高姫さま、貴女も随分意地悪いお方で御座いまし......世の立替立直しの基礎の身魂は、……ヘン此高姫で御座いますワイ。盲千人の世の中、誠の者... 93
94 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第4篇 蛮地宣伝 第13章 治安内教〔743〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/高姫=2 ...つの島に上陸し  厳の都の城門を 潜りて高姫蜈蚣姫  黄竜姫に面会し 梅子の姫や宇豆......豆姫の  高き功績に舌を巻き 天狗の鼻の高姫は  高山彦や黒姫と 諜し合せて玉能姫 ... 94
95 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第2篇 自由活動 第6章 三腰岩〔752〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...漸々惜しからぬ 命をながらへ時を待つ  高姫さまや蜈蚣姫の 船が来たのを幸ひに  玉... 95
96 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第3篇 竜の宮居 第9章 信仰の実〔755〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...経緯に  我儘気儘を振舞ひし 天狗の鼻の高姫が  部下と仕へし清公の 左守神と現はれ... 96
97 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第4篇 神花霊実 第13章 握手の涙〔759〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/高姫=1 ...一行に  惜しき命を救はれて 蜈蚣の姫や高姫の  漂着したるアンボイナ 南洋一の竜宮... 97
98 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第5篇 千里彷徨 第17章 森の囁〔763〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 48 件/高姫=48 ... 黄金の玉を紛失し、高姫に追放されて、オセアニヤの一つ島に玉の所......一つ手に入らず、殆ど絶望の思ひに沈む時、高姫其他の一行が此島に来るに会し、最早本島に......せば、又何人にか宝玉の所在を探られむと、高姫、黒姫、高山彦は、日頃手撫づけ置きたるア......路の洲本(今の岩屋辺り)に漸く船を横たへ高姫を先頭に一行五人、洲本の酋長東助が館を指......館に於て出会した虻公、蜂公の両人である。高姫『オヽお前は虻公、蜂公……如何してマア泥......座るのだから堪らぬワイ、アツハヽヽヽ』 高姫少しく声を尖らし、『泥棒上りの虻蜂の分際......取つて、又お前さまに隠さしたら、チツトは高姫、黒姫の病気も癒るだらうと、国依別さまが......して、末代の御神業に仕へませう。其代り此高姫、黒姫の御用を聞けば、立派な御出世が出来... 98
99 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第5篇 千里彷徨 第18章 玉の所在〔764〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 31 件/高姫=31 ... 高姫の言葉に従ひ、黒姫、高山彦、アール、エー......敷の真中に床がぬける程、飛び上り揶揄ふ。高姫『皆さま御覧なさい。日の出神の御神力と言......そりや、至極結構でせう』駒彦『もしもし、高姫さま、黒姫さま、何卒御心配下さいますな。......ですよ。本当にして居ると馬鹿を見ますよ』高姫『お黙りなさい。お前さま等に分つて堪りま......になつて誤魔化さうとしても、日の出神の此高姫が……ヘン……見れば直ぐ化が現はれる。お......に合うて居りますワイ、オホヽヽヽ』駒彦『高姫さま、お前さまの仰有るのも一応御尤もだが......アフン鉄道の終点、ビツクリ駅だからなア』高姫『エー、八釜しいワイな。まア黙つて此生宮......示し下さいませ。天下国家の一大事、決して高姫や黒姫の私有物に致すのでは御座いませぬ。... 99
100 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第5篇 千里彷徨 第19章 竹生島〔765〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 12 件/高姫=12 ...の宝に魂を  抜かれて胸もどきどきと 浪高姫や黒姫が  高山彦と諸共に 高山低山野の......山のふもとなる 生田の森に着きにける  高姫黒姫始めとし 高山彦は黒ン坊の  アール......へば 中より聞ゆる婆の声  訝かしさよと高姫は 戸の隙間より打ち覗き  老婆の声の持......揉手しながら腰屈め 優しき女の作り声  高姫さまや御一同 ようまアお越し下さつた  ......するよな涼し声  我と我が手に惚ました 高姫司は横柄に  然らば御免と云ひ捨てて 高......草吸ひながら  カンと叩いた煙管の音に 高姫一行耳を立て  つかつか奥へ進み入る こ......ウキウと 天井の鼠の真似をする  此処へ高姫やつて来て ほんに可愛や両人は  霊肉共......人真似飛び上り 餅と団子を搗き交ぜて  高姫司を相手取り 手持無沙汰な顔をして  団... 100
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki