王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1民謡 月の都
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3神島詣でよみ(新仮名遣い)
著者月の家和歌麿(出口王仁三郎)
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2018-04-08 02:51:48
ページ9 目次メモ
OBC B118800c03
本文の文字数516
本文のヒット件数全 1 件/嵐の山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文
ここは播州の舞子の浜か松は笛吹く波皷
雨の降る夜は舞子の浜も聞いてつまらぬ波の音
播州高砂荒浪渡り雨の神島宮遷し
松は笛吹く波高砂の沖の神島舟をどる
京都駅出て夜中の汽車で帰る花明山菊が待つ
京都島原出口の柳雨の露持つしなのよさ
花も嵐の山風寒く峰の紅葉を散らす雨
法の林の花園駅を出入してゐる墨衣
雨の降る夜の嵯峨駅みればあたり淋しい風の音
急行列車も私やもどかしい庭にお菊が待つてゐる
舟はどんどん港に進む後に心を沖の島
駅に出迎ふ美人の声に雨の汽車窓あけてみる
花の盃さしたる人のあつい心を菊の宴
勅語下りし満四十年の今日の生日に島詣で
九月九日舟三艘で神島詣での二百人
天気予報もあてにはならぬ沖の神島雨が降る
若い夫婦は磯辺の舟よひ日毎日濡れてゐる
川といふ字の流るるまでも乗せておくれや渡し舟
主と舟出すりやこの霖雨よ露と涙の袖絞る
水に映りし嵐峡館の夜の灯かげが目にをどる
暗いトンネル七八つぬけりや明い花明山目路は映ゆる
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki