王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻
文献名2余白歌
文献名3余白歌
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2018-05-01 15:56:40
あらすじ
主な人物 舞台 口述日 口述場所 筆録者 校正日 校正場所
OBC rm018801
本文の文字数3499
本文のヒット件数全 1 件/ウラル山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 大宇宙スメール山を笠にきて
    億兆無数の宇宙を踏まむ〈目次前〉
惟神スメール山を笠にきて
    無数の宇宙を踏破せむとす〈目次前〉
天の下隈なく誠の大道を
    教へ伝ふる瑞御魂かな〈目次前〉
神業をなすのが原の若草は
    踏まれにじられながら花咲く〈第2章〉
世を救ふ神の稜威もたかくまの
    露に潤ふ百の人々〈第2章〉
ありがたき御代にあふぎの末広く
    開け行く世をまちつつぞふる〈第2章〉
万有に恵みの露をまくばりて
    神の御国へすくふ真人〈第3章〉
一日の吾が玉の緒は世の人の
    幾十年の生命とぞ思ふ〈第3章〉
世の為に生れ来し身ぞ苦しけれ
    ひとり千座の置戸負ひつつ〈第6章〉
悪人を標準として造りたる
    お規定の道の狭苦しきかな〈第6章〉
人心神の心にかなひなば
    ひとり開けむ蜂の室屋も〈第7章〉
世の為に尽す御魂をおしこむる
    醜のつかさの胸の暗さよ〈第7章〉
世を救ふ弥勒の神を押し込めて
    苦しみもだゆる盲神あはれ〈第8章〉
世を救ふメシヤの御魂と知らずして
    苦しめし果て世の様を見よ〈第9章〉
神の道歩む身ながら根の国の
    暗探り行く人ぞ誰なる〈第9章〉
吾にして信仰の花なかりせば
    身もたましひも潰えしならむ〈第10章〉
現し世に生るも神の御心ぞ
    まかるも神の恵みとぞしれ〈第12章〉
よきことをなしてこの世を去る人の
    霊魂の幸ぞ羨ましけれ〈第13章〉
常暗の夜にもまがへる人心
    狐狸も舌や巻かなむ〈第14章〉
人鬼のいや蔓これる世の中は
    神の御声を聞くものもなし〈第14章〉
かくり世も現の世にも人々の
    霊魂ばかりは同じはたらき〈第16章〉
ささやけき心のまよひは忽ちに
    魂は根底の国に落ち行く〈第16章〉
言霊の幸はふ国に生れ来て
    祝詞を知らぬ人ぞおほかり〈第18章〉
神人を苦しめおける報ひにや
    常世の国の鼻息あらし〈第18章〉
焦熱の地獄に落ちし現身も
    神に復ればこころ涼しき〈第19章〉
迫害と苦痛は常と覚悟して
    世を教へゆく真人尊き〈第19章〉
世を救ふ弥勒の神の標章は
    ○に十字の神定めなる〈第19章〉
約らなしと吾身を思ひ或る時は
    偉大しと思ふこともありけり〈第19章〉
吾無くば神の御国を如何にせんと
    胸いためけり夏の夕暮れ〈第19章〉
無雨に泣きまた暴風や洪水に
    苦しむ世人救へといのる〈第19章〉
世の中の知識を捨てて惟神
    胎蔵経を宣ぶる真人〈第20章〉
賢哲の疑問に答へ世の中の
    もつれをさばく天津神人〈第20章〉
日を追ふて神の経綸進みけり
    やがて天下に大渦捲かむ〈第20章〉
大国主神に習ひて国々に
    人生み行かむ経綸のため〈第21章〉
秋津島曲の砦を打ち破り
    渡りきたりぬ神の恵みに〈第21章〉
追々と火星は天地に近づきぬ
    心ゆるすな四方の国人〈第22章〉
訪ふ人の無きぞ幸多からむ
    神の御国に遊ぶ身なれば〈第23章〉
栄ゆべき神の御前に若返り
    若がへりつつ春を待ちませ〈第23章〉
村肝の心に神の国あらば
    夜半の山路も淋しからまじ〈第23章〉
水は火の御魂によりて動かされ
    火はまた水のちから得て燃ゆ〈第24章〉
可惜日を為す事も無く消す吾は
    天と地とに恐れつつ生くる〈第24章〉
甲子の春の寒さを思ひつつ
    万里の蒙古に渡り来し吾〈第24章〉
信徒の上に立つ人真心の
    固まりし見て吾は出で行きぬ〈第24章〉
訪ふ人も無きぞ苦しき炎天の
    一間にひそむ竜の佗しさ〈第24章〉
世の人に好かれ慕はれ亦人に
    誤解せらるる身こそ苦しき〈第25章〉
憂き事の如何に汝が身を包むとも
    伊吹払へよ希望の風に〈第25章〉
水晶の玉よ教の柱よと
    世に攻めらるる人ぞいとしき〈第25章〉
魔子彦が殺されむとする源は
    犯せしつみにヨルダンの川〈第26章〉
竹熊が神をあつめてかきまはす
    さるとび彦の歯がゆき参謀〈第26章〉
常暗の夜となり果てし竜宮も
    うしとら神の風に晴れつつ〈第27章〉
竹熊はエデンの城にこすみ姫
    足長彦のながもちもせず〈第27章〉
魔軍の矢叫びのこゑ鯨波の声
    松ふく風となりにけるかな〈第28章〉
世の中のすべての歎き身に負ひて
    生れますかと涙しにけり〈第29章〉
久方の天津御空の雲わけて
    轟き来たる天の磐船〈第30章〉
神力もいづの御魂の神宝
    稜威も高杉別のはたらき〈第30章〉
なつかしき御空の月を見るよしも
    なくなく過ごす此頃のわれ〈第33章〉
天地に貫徹したる真教を
    世に伝へ行く人の雄々しさ〈第34章〉
天地の正しき神はことごとく
    竜宮島にかくれたまへり〈第36章〉
地の上汚れ果てたる世の中に
    いかでか神の坐すべきかは〈第36章〉
まが神のしこのしこ草たちまちに
    なびき伏しけり天津神風〈第36章〉
信天翁も神の御業に仕へてゆ
    黄金の鵄と改りける〈第36章〉
天津日の神の御魂をあし原の
    四恩の山にうつし国魂〈第38章〉
山清く草木もきよく水きよく
    神また清き四恩神山〈第38章〉
神の代のいはれを分くる稚日女の
    四恩の峰に分け入らせけり〈第39章〉
獅子王の舞曲に御玉を奪はれし
    玉彦玉をとられけるかな〈第40章〉
坂姫の姿に魂を抜かれつつ
    身は烏羽玉の暗にさまよふ〈第40章〉
烏羽玉の黒き御玉をとられけり
    恋の暗路に迷ふ玉彦〈第40章〉
怒らずにうつむきをれば芳彦の
    うら紫の玉をぬかれつ〈第41章〉
神ならぬ神とうまれし神彦の
    負けぬ黄色の玉を虎彦〈第41章〉
心より赤き御玉も児の愛に
    ひかれて玉をとられつる若〈第43章〉
邪しまの蔭だにも無き吾にまた
    いつまで憂きの雲かかるらむ〈第44章〉
時待ちしに甲斐だにもなく時彦の
    あては外れて玉は逃げ行く〈第45章〉
天地も一つに治れと一つ島
    一つ松根に玉を蔵めつ〈第46章〉
あらがねの土掘り返し⦿の種を
    蒔きて育つる貴き献労〈第46章〉
ウラル山黒竜江の曲神と
    化り下りたる鬼熊の神〈第48章〉
手も足もしばりつけられ鬼熊の
    鉄棒さへも間に合はぬかな〈第48章〉
鬼姫はバイカル湖水の鬼となり
    杵築姫とぞ生れかはりぬ〈第49章〉
売らる山買かる湖の邪神の
    祟り由々しく汚れけるかな〈第49章〉
天地の稜威も高き高熊の
    山の修行の物語する〈第50章〉
一二三四五つの巻の物語
    静心なく読むぞうたてき〈第50章〉
いのちにも代へて惜しけく思ふかな
    見果てぬ夢を覚ます松風〈巻末〉
朝日刺す夕日かがやく高熊の
    神の光を照らすこの書〈巻末〉
この書をおとぎ話と笑ふ人
    瑞の御魂の足もともみず〈巻末〉
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki