王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻
文献名2第7篇 天地の大道
文献名3第46章 天則違反〔96〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ天稚彦は諸方を流浪し、万寿山を守っていた吾妻別のもとを訪ねた。吾妻別は天稚彦であると認め、竜宮城に使いを送って、天稚彦の帰還を知らせた。しかしそれを聞いた稚桜姫命は顔色蒼白となり、唇は震えていた。
天稚彦が帰還したとき、稚桜姫命は狼狽のあまり、袴を後ろ前にはき、上衣の裏を着るなど周章ぶりはひとかたならなかった。
天稚彦は到着するやいなや、鉄拳を振り上げて玉照彦を打ち据えた。玉照彦は息も絶え絶えになりながら、天測違反の罪を告白すると、息絶えた。
国治立命はその場にご神姿を現し、天稚彦、稚桜姫命を天則違反の罪によって、幽界に落とし、幽庁を主宰せしめることを言い渡した。ここに二神司は三千年の忍び難き苦しみを受けることとなった。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年11月08日(旧10月09日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所
OBC rm0246
本文の文字数1781
本文のヒット件数全 2 件/花森彦=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ここに天稚彦は唐子姫の妖魅に誑らかされ、諸方を流転し、山野河海を跋渉し、雪の朝霜の夕に足を痛め、風雨に曝され、晩秋の案山子の如きみすぼらしき姿となりて万寿山の城下に現はれ、神司の門戸をたたき、乞食の姿となつてあらはれた。
 たまたま吾妻別の門戸をたたく者がある。その音はどこともなくことなれる響きであるを感じ、吾妻別はみづから立つて門を開きみれば、一個の賤しき漂浪神が立つてゐて、命の顔を眺め、
『汝は吾妻別に非ずや』
といつた。命の従臣滝彦は走りきたり、その神司にむかつて、
『汝はいづれの神司か知らざれども、吾門戸に立ち、吾主人にむかつて名を呼捨てになす不届者、一時も早くこの場を立去れ。否むにおいてはこの通り』
といふより早く棍棒をもつて頭上を殴打した。そのはづみに急所をはづれて笠は飛び散つた。漂浪神は眼光烱々として射るごとく、言葉するどく、
『無礼者』
と罵つた。
 吾妻別は始めて天稚彦の成れの果てなることを覚り、従臣の無礼を謝し、ねんごろに手を引き万寿山城内に迎へたてまつり、新しき神衣を奉つた。今までの案山子のごとく窶れたる神司は、たちまち豊頬円満なる天晴勇将と変りたまうた。吾妻別は信書を認め、滝彦を使者として竜宮城につかはし、稚桜姫命に、
『天稚彦、万寿山に還りたまひ、しばらく休養されしのち、ふたたび竜宮城に帰還したまはむとす。すみやかに歓迎の準備あらむことを乞ふ』
といふ意味の文面であつた。
 大八洲彦命はまづこの信書をひらき、一見して大いに悦び、稚桜姫命は定めて満足したまはむと、みづから心中雀躍りしながら、稚桜姫命の御前に出で、委細を言上した。
 命はさだめて御喜びのことと思ひきや、その御顔には怪しき雲がただようた。側近く仕へゐたる玉照彦は、にはかに顔色蒼白となり、唇はぶるぶると震へだした。
 大八洲彦命は合点ゆかず、その場を引退つた。このとき滝彦は、天稚彦の今までの御経歴を語り、かつ稚桜姫命にたいし、大なる疑を抱き給ふことを述べた。大八洲彦命は一室に入りて、双手を組み思案に時を移し、この度の命の態度といひ、玉照彦の様子といひ、実に怪しさのかぎりである。しかし律法厳しき竜宮城の主神として天則を破りたまふごとき失態あるべき理由なしと、とつおいつ煩悶苦悩してゐた。
 しばらくあつて城内はにはかに騒がしく、天稚彦の御帰城なりとて、右往左往に神司は奔走しはじめた。ここに花森彦は大八洲彦命の前に出で、夫君の御帰城なり、一時もはやく稚桜姫命みづから出迎へたまふやう、御執成しあらむことをと、顔に笑みを含んで進言した。
 花森彦はすでに善道に復帰り、律法をよく守りつつあれば、唐子姫を奪はれしことは、少しも念頭にかけてゐなかつた。ここに稚桜姫命は周章狼狽のあまり、袴を前後にはき、上着の裏を着るなどして、あわてて出迎へられた。しかして玉照彦は相変らず、御手をひき命を労りつつ迎へた。
 天稚彦は、いきなり物をもいはず鉄拳を振りあげ、玉照彦を打ちすゑた。稚桜姫命はおほいに驚き、玉照彦を抱きあげむとしたまうた。
 玉照彦は息もたえだえに、
『われは厳重なる規律を破り、天則に違反し、ここに命のために打たれて滅びむとす。これ国治立命の御神罰なり。許したまへ』
と真心より大神に祈りを捧げ、たちまち城内の露と消えた。
 諸神司はこの光景をながめ、二神司の間をいかにして宥め奉らむやと苦心した。
 このとき国治立命は神姿を現はし、二神司の前に立ち、
『夫婦の戒律を破りたる極重罪悪神なり。天地の規則に照し、天稚彦、稚桜姫命は、すみやかに幽界にいたり、幽庁の主宰者たるべし』
と厳命された。地上を治め、その上天上にいたりて神政を掌握さるべき運命の神、稚桜姫命は、やがては天より高く咲く花の、色香褪せたる紫陽花や、変ればかはる身の宿世、いよいよここに、二神司は地獄の釜の焦起し、三千年の、忍びがたき苦しみを受けたまうこととなつた。
(大正一〇・一一・八 旧一〇・九 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki