王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻
文献名2第2篇 中軸移動
文献名3第16章 霊夢〔216〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ常世彦の命によって常世城を守っていた大鷹別は、盤古大神がアーメニヤに遷都して宮殿を造営中であることを知ると、自らの野心を成就するために、大自在天を奉じて謀反を起こそうと画策していた。
このとき、本物の塩治姫、玉春姫は、白狐の術によって常世城に導かれ、捕虜となっていた。塩治姫、玉春姫は、大鷹別の野望を知ると、常世城を脱出してこのことを父に知らせようとしていたが、警備は厳しく、隙がなかった。
一方、盤古大神は霊夢の中で、アーメニヤにいる塩治姫、玉春姫らは白狐の化身であり、本物は常世城にとらわれていることを知った。
盤古大神は白狐を詰問するが、白狐たちは悪神を懲らすために、アーメニヤに怪事を起こしていたことを告げると、逃げてしまった。
大自在天はついに常世城を占領し、盤古大神一派に対して戦端を開くこととなった。
聖地竜宮城の三重の金殿は自然に延長して天空に高く伸び、丁字型の天の浮橋は燦然として東南西北に回転し始めた。その橋の先端からは、美しい金色の火光を花火のように地上に放射するようになった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月07日(旧12月10日) 口述場所 筆録者桜井重雄 校正日 校正場所
OBC rm0516
本文の文字数1553
本文のヒット件数全 3 件/ウラル山=3
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  八王大神の命により、常世城を預かりて守護せる大鷹別は、盤古大神が美はしき宮殿を建てむとし、その用材のために苦しみ、神人らは挙つて鷹鷲山にいたり、昼夜の区別なく、その木の伐採に全力をつくしつつありて、盤古大神の身辺も、八王大神夫妻の身辺もその備への甚だ薄弱なることを間者松彦をして探知せしめ、その詳細を知るとともに、大鷹別の野心は勃然として湧いてきた。
 今この際常世城を占領し、大自在天を奉じて、あらたに神政を樹立し、天下の覇権を握るといへども、盤古大神および八王大神の目下の立場として、常世城を討伐する余力さらになく、気息奄々としてほとんど孤城落日の悲境にあれば、叛旗を挙ぐるはこの時なりと、部下の蟹雲別、牛熊別、鬼雲別らと語らひ、さかんにその画策に熱中してゐた。
 このとき、旭、高倉の妙術に乗せられ、何時とはなく常世城に捕虜となりし塩治姫、玉春姫は、何れもわが父に叛旗を掲ぐるものたることを感知し、いかにもして常世城を脱出し、ウラル山の両親にこの旨を密告せむと、日夜焦慮しつつあつた。
 されど、用心ぶかき大鷹別は二女の身辺の警護をことさら厳にし、且つその室の周囲をあまたの神人をして囲み守らしめ、遁れ出でむとするにも、蟻の這ひ出づる隙間もなき有様であつた。
 話は元へもどつて、ウラル山の仮殿にある盤古大神は、ある夜の夢に、わが娘塩治姫は玉春姫とともに常世城にさらはれ、人質の境遇に苦しみつつある霊夢に感じた。しかして今ウラル山にある塩治姫、玉春姫は真のわが子に非ず、白狐の変化なりといふ霊夢を引きつづいて見た。
 明くれば、盤古大神は仮殿に仕へてゐる塩治姫、玉春姫を傍近く招き、
『汝はわが天眼通にて審査するに、全く白狐の変化なり。今すみやかにその正体をわが前に現はせ。万一違背におよばば、汝ら二人は余が手練の刀の錆となさむ、覚悟せよ』
と炬火のごとき眼を怒らし、カツと睨みつけた。二女性は少しも騒がず、満面に笑をたたへ、
『貴神の天眼力にて見らるる通り、吾は聖地ヱルサレムの神使として長く仕へたてまつりし白狐の高倉、旭なり。なんぢ悪神一味の暴悪を懲さむため、アーメニヤの野における奇怪といひ、また鷹鷲山における棟木の三年を経るも伐り採り得ざるは、まつたく吾ら二神の所為なり。あゝ心地よや、あゝ面白や』
とカラカラと長き舌を出して笑ひこけた。
 盤古大神は烈火のごとく憤り、腰に佩ける刀を抜くより早く、二人を目がけて発止と斬りつけた。如何なしけむ、二神の姿は煙と消えて、ただ中空に女神の愉快げに笑ひさざめく声がするのみであつた。
 これより、いよいよ大自在天は常世城を占領し、天下の神政を統一せむと計り、今まで聖地ヱルサレムを滅ぼさむとして協力したる盤古大神一派にむかつて、無名の戦端を開くこととなつた。
 空には聖地竜宮城の三重の金殿は、自然に延長して天空に高く現はれ出た。丁字形の天の浮橋は金色燦然として大空を東西南北に廻転しはじめた。
 その橋の尖端よりは、得も言はれぬ美はしき金色の火光を、花火のごとく地上にむかつて放射しつつあつた。実に荘厳無比にして、かつ美しきこと譬ふるに物なく、その閃光に見とれて空を見上ぐるとたんに、瑞月の身は頭部に劇痛を感じた。驚いて肉体にかへりみれば、寒風吹きすさむ高熊山の岩窟に端坐し、仰向くとたんに、岸壁の凸部に後頭部を打つてゐた。
(大正一一・一・七 旧大正一〇・一二・一〇 桜井重雄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki