王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻
文献名2第7篇 宣伝又宣伝
文献名3第48章 弥勒塔〔248〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ聖地エルサレムは荒廃のきわみにあった。かつての天使・真心彦の従臣であった国彦、国姫の子ら、真道知彦、青森彦、梅ケ香彦は、祝部神から天教山の教えを聞いて意を決し、神政を復興しようとした。
父母である国彦、国姫を主管者と仰ぎ、三兄弟が神政を補佐することとした。諸方に散乱していた神人らは、この報せを聞いて集まってきた。皆、聖地の神政を待ち望んでいたのである。
しかし国彦、国姫は放縦で節制がなく、三兄弟の諫言も聞かず、再び聖地は混乱に陥ってしまった。
竜宮城の三重の金殿は、諸刃の剣の形となって天に延長してしまった。これを天の浮橋、また弥勒塔という。
三兄弟は橄欖山の大樹を伐って方舟を作らせたが、国彦、国姫はこれを妨害した。
そこへ、盤古神王の一行がウラル山を逃れて日の出神の手引きでエルサレムにやってきた。エルサレムは再び隆盛を見ることになった。
しかし天変地異が起こり、天地は振動し、星は空中に乱れ散り、怪しい音響、雨が滝のように降り注いで聖地も半ば水中に沈んでしまうほどであった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月14日(旧12月17日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm0548
本文の文字数1147
本文のヒット件数全 1 件/ウラル山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  国治立尊の退隠せられ、天使長大八洲彦命以下の神人もその責を負ひて各自配所の月を眺め給ふ事になり、後には八王大神天下の諸神人を集めて神政を樹立し栄華を誇りたるも、槿花一朝の夢の間、注意周到なるその神政も天地神明の怒りに触れて怪事百出し、遂には居たたまらなくなつて、アーメニヤの野に神都を移したのは既に前に述べた通りである。それより聖地ヱルサレムは統率者なく、殆ど荒廃に帰し、僅に昔の名残を留むるのみの薄野となり変りたる聖地は、武蔵野の哀を秋の虫の音に止め、雪の晨霜の夕べ、炉辺わずかに物語りを残すのみであつた。
 ここに真心彦命の従神なりし国彦、国姫より生れ出でたる真道知彦、青森彦、梅ケ香彦は、天教山の神の教を宣伝使祝部神より聞き伝へ、ここにいよいよ意を決し、聖地ヱルサレムに神政を復古せむとし、その兄弟三神の男神は心を協せ、力を一にして神政の端緒を開き、父母二神をして聖地の主管者と仰ぎ、三柱の兄弟のみがその神政を補佐する事となつた。諸方に散乱したる神人は、この吉報を聞きて山の谷々、野の末より雲霞の如く集まり来り、国彦、国姫の神政に再生の思ひをなして奉仕したのである。しかるに国彦、国姫は第三巻に略述して置たるが如く、放縦にして節制なく、三柱の神人の諫言をも聞かず、再び聖地は混沌の域に立ち帰つてしまつた。
 三重の金殿は、前述の如く、際限なきまでに金色の両刃の剣となつて天上に延長してしまつた。これを天の浮橋といひ、その両刃の剣の形をなして天に冲するときをミロク塔といふ。
 天教山の宣伝使祝部神は、昼夜の区別なくヱルサレムを中心に、遠近の山河原野を跋渉して盛に宣伝歌を伝へ、かつ非常に備ふるため、各自に方船を造らしむる事を命じた。諸神人はあるひは信じ或は疑ひ、宣伝使の教を心底より信ずるものは、殆ど千中の一にも当たらぬ程の少数であつた。真道知彦は二柱の弟と共に、橄欖山の大樹を伐り、神人を救はむために数多の方船を造り始めた。国彦、国姫の二神司は、極力これに反対し、怪乱狂暴の詭言となし、方船政策を厳禁してしまつた。
 この時ウラル山を逃れ、山野河海を跋渉して漸くここに辿り着きたる盤古神王始め日の出神の一行は、欣然として数多の正しき神々を引率して聖地に到着した。さしも閑寂なりし聖地ヱルサレムは、ここに殷盛を極る事となつた。時しも天地は震動し、星は空中に乱れ散り、怪しき音響は昼夜間断なく四方に響き、雨は沛然として滝のごとく連日連夜降り頻り、さしもに高き蓮華台上の聖地も半水中に没せむとした。あゝこの結果は果してどうなるのであらうか。
(大正一一・一・一四 旧大正一〇・一二・一七 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki