王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻
文献名2第2篇 常世の波
文献名3第14章 黒竜赤竜〔264〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ話は少しさかのぼり、ウラル山から盤古大神を脱出させ、エルサレムに奉安した日の出神は長白山に渡って宣伝を行っていた。
長白山はかねてよりウラル彦に帰順していたが、ある日八王の有国彦は、長白山が大洪水に見舞われるという恐ろしい夢を見た。それより八王夫婦は長白山の国魂・白玉宮に詣でて神に祈願し、人々に警戒をするように命じた。しかし八頭の磐長彦をはじめ部下や国人たちは、誰も有国彦夫婦を信じなかった。
そこへ日の出神が長白山の宣伝に表れた。長白山の神人らはことごとく、日の出神の宣伝歌に苦痛を覚えた。磐長彦は日の出神に矢を射掛けたが、一矢も当たらず、日の出神はゆうゆうと宮殿に入った。
喜んだ有国彦夫婦は日の出神を奥殿に導いた。日の出神は神の教えを懇切に説き、三年後に世界の終わりが来ることを教示すると、またどこへともなく去って行った。
有国彦夫婦は世の終わりに備えて方舟を造るように神人らに命令したが、八頭の磐長彦に妨げられてしまった。そこで夫婦は百日百夜神に祈り続けると、その身は黒竜・赤竜と変じ、国魂である白色の玉を口に含むと鴨緑江を下って大海原を横切り、天教山に至って大神に奉仕することとなった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所 筆録者 校正日 校正場所
OBC rm0614
本文の文字数1200
本文のヒット件数全 1 件/ウラル山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  話は少し後に戻つて、ウラル山の宮殿より盤古神王を奉じ、ヱルサレムの聖地に帰還したる日の出の守は、世の終末の近づけるに憂慮し、天下の災害を坐視するに忍びずとして、盤古大神をヱルサレムに奉安し、自らは宣伝使となりてこの長白山に現はれたるなり。
 長白山には白色の玉が祭られてある。而して有国彦、有国姫が之を主宰し、磐長彦をして神政を掌らしめられたり。然るにこの長白山は、悉皆ウラル彦に帰順して居たりける。有国彦はある夜怖ろしい夢を見たるが、その夢は暴風雨が幾百日か続いて、大地一面に泥海と化し、さしもに高き長白山も水中に没し、神人皆溺死を遂げたるが、自分は山頂の大樹の枝に駈登りけるに、数多の蛇樹上に登りきたつて、夫婦の手足を噛むだ。地上の泥水はますます増加して、遂にはその大樹をも没し、今や自分の頭も没せむとした時、一柱の美しき神が天上より現はれ来り、金線の鈎に引懸け中空に捲き上げ、救ひたまふ。途中に目を開いて地上を見下す途端に、鈎に懸りし吾帯はプツリと断れて、山岳のごとく怒濤の吼り狂ふ泥海に、真倒さまに顛落せし、と思ふ途端に眠りは醒めたり。それより夫婦は直ちに白玉の宮に詣で、かつ天地の大神に祈願し、山の神人を集めて警戒を与へたれど、磐長彦はじめ一柱も之を信ずる者なかりける。然るに日夜暴風吹き荒び、天空には異様の星現はれ、三箇の彗星の出没きはまりなく、夫婦は非常に胸を痛めつつありき。かかるところへ天教山の宣伝使、日の出の守は、

『三千世界一度に開く梅の花
 仮令大地は沈むとも
 誠の力は世を救ふ』

と歌ひて登り来るあり。その声は針を刺すごとくに夫婦の耳に入りぬ。長白山の神人は宣伝使の歌を聞くや否や、たちまち頭痛を感じ、胸部に激烈なる痛みを覚え、大地に七転八倒して苦み悶ゆる而者なりき。磐長彦は、
『天下を害ふ悪神の声、征服してくれむ』
と弓に矢を番へて、宣伝使を目がけて発止と射かけたり。されどその矢は残らず外れて、一矢も命中せざりける。日の出の守は少しも屈せず、宣伝歌を歌ひながら、山上の宮殿に進み入る。夫婦は喜びて日の出の守を奥殿に導き、懇切なる教示を受けたり。日の出の守は今より三年の後にいよいよ世の終末到来すべき事を明示し、又もや宣伝歌を謡ひながら山を下り、何処ともなく姿を隠したまひける。
 夫より夫婦は昼夜神に祈り、かつ方舟を造るべき事を領内の神人に命令したれど、肝腎の神政を主管する磐長彦に妨げられ、其目的を達するに至らざりける。ここに夫婦は意を決し、百日百夜神に祈り、遂に黒竜赤竜と身を還元し、白色の玉を口に含み、鴨緑江を下り、大海原を横断り、天教山に登り大神に親しく奉仕したまひしなり。
(大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki