王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻
文献名2第3篇 大峠
文献名3第17章 極仁極徳〔267〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ琴平別神は、眷属を従えて漂流する地上の神人らをその背に乗せて、高山の頂に救いつつあった。金銀橋は、もう救う神人が絶えたため、合一して一つの橋になってしまった。銅の橋は、引き続き霊線で神人らを救いつつあった。
地教山の野立姫命は天橋を伝って天教山に渡ると、野立彦命とともに、主神・大国治立尊に祈願し、日の神・月の神の精霊に対して、自分たちが責任を取って無限の苦しみを受ける代わりに、地上万類の罪を赦し給え、と願をかけると、天教山の火口に身を投じて神去りましました。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所
OBC rm0617
本文の文字数926
本文のヒット件数全 1 件/地教山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  見渡す限り地は一面の泥の海、彼方此方の高山は僅かにその頂を水上に現はすのみなりき。地教山に漂ひきたる方舟は幾百千とも限り無く、山の八合目あたりに打つけたる太き杭に舟を繋ぎ、やうやく難を避け、山上の神殿めがけて、隙間もあらず駆け登るあり。浪のまにまに漂ふ数多の材木に、生命大事と縋りつきし神人は互ひに先を争ひ、或ひは水に陥り、或ひはかぢりつき、丸き柱のクルクルと、廻る因果の恐ろしさ。
 琴平別は、あまたの眷族を随へ、最も巨大なる亀と化し、地上の神人をその背に乗せ、浪のまにまに漂ひつつ高山めがけて運びきたる。金銀橋の上よりは最早救ふべき神人も絶えたりと見え、天橋は合一して、一つの橋となりぬ。未だ銅橋よりは、盛ンに銅線の鉤を垂下して、浪に漂ふ神人を救ひ上げつつありき。これも漸くにしてその影を没し、東天より、西天にただ一筋の黄金の長橋と変りをはりぬ。
 阿鼻叫喚の声は、四方八方に起り、吹き荒ぶ風の音、波の響きは実に名状すべからざる惨澹たる光景なり。
 地教の山に坐します野立姫命は、廻りくる黄金の橋にヒラリと飛び乗り給ふや、金橋はたちまち回転を始めて、天教山に触れ届きける。野立姫命は、直ちに天教山に下り給ひぬ。このとき金橋は早くも東南に廻りゐたりける。
 野立彦命、野立姫命は、地上の惨状を見て悲歎に堪へず、忽ち宇宙の大原因神たる大国治立命に向つて祈願し、且つ日の神、月の神の精霊にたいして、
『地上の森羅万象を一種も残さず、この大難より救はせ給へ。我らは地上の神人を始め、一切万有の贖ひとして、根底の国に落ち行き、無限の苦しみを受けむ。願はくは地上万類の罪を赦させ給へ。地上のかくまで溷濁して、かかる大難の出来したるは吾らの一大責任なれば、身を以て天下万象に代らむ』
と言ふより早く、天教山の猛烈なる噴火口に身を投じて神避りましける。
 神の仁慈は、実に無限絶対にして、吾々人間の想像も及ばざる極仁極愛の御精神なるを窺ひ奉りて感謝すべきなり。
 アヽ『惟神霊幸倍坐世。』
(大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki