王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻
文献名2第1篇 玉石混来よみ(新仮名遣い)ぎょくせきこんらい
文献名3第2章 懸橋御殿〔824〕よみ(新仮名遣い)かけはしごてん
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ櫟ケ原(櫟が原) データ凡例 データ最終更新日2020-05-12 04:55:16
あらすじ竜国別、テーリスタン、カーリンスは謹厳を装って鏡の池の前で祈願していた。そこへヒルの国のテーナの里の酋長・アールの一行がやってきた。アールは祈願する三人の姿を見て感じ入り、自らも輿を降りて鏡の池の前に向かい拝跪し合掌した。岩窟の中よりど拍子の抜けた声で、月照彦神を名乗る託宣が響いた。託宣は、アールに国玉依別命という名を与えた。託宣は、黄金の玉を竜国別を通じて献上せよと命じた。竜国別はテーリスタンとカーリンスに命じて、玉を受け取らせたが、二人は足元に躓いて、鏡の池の中へ箱を落としてしまった。二人は慌てて池の中に飛び込んだ。しかし玉の箱は二人が池に飛び込んだはずみで岩窟の奥の鷹依姫の前に飛び出した。鷹依姫は参拝の人々がいるのも忘れて玉の箱を抱えて岩窟の外に出てきてしまった。竜国別は鷹依姫に注意を促したが、鷹依姫は玉が手に入った以上はもういいと言う。酋長のアールは鷹依姫が岩窟から出てきたのを見て、神様がお姿を現してくださったと想って感じ入り、鷹依姫に丁重に喜びの意を表した。鷹依姫はにわかに荘厳な口調にて、一同にアリナの滝で一昼夜禊をなすように言い渡した。酋長一行が滝に向かった後、鷹依姫は箱を開けて中を見てみれば、中には金色燦然と輝く玉が入っていた。黒姫が持っていた玉に比べてやや小さいように感じたが、気のせいと思い直して、これを聖地に持って帰ることとした。竜国別の思いつきで、これまで集めた玉の中からもっとも勝れたものを取ってそこに月照彦神様の御魂をうつして酋長夫婦にその玉を守る神司を命じ、そして自分たちは神の眷属として天上に帰った、という書置きを残すことにした。一行は鏡の池に天津祝詞を奏上して酋長たちのために祈願をこらし、闇に紛れてその場を離れ、宇都の国の櫟が原という平原にたどり着いた。次の日、酋長たちは禊を終えて鏡の池に来てみると、庵の中に自分たちが献上した玉箱が置かれ、書置きが残してあった。酋長夫婦は書置きの文句を固く信じ、酋長は国玉依別命、妻は玉竜姫命となって、鏡の池の神司を引き継ぐこととなった。夫婦の祈願によって、相当の御神徳を頂く者が増えてきたことにより、それほど広くない鏡の池のあたりは、参拝の信者たちで雑踏をきたすことになった。やむを得ず数多の信者の協議の上、谷から谷へ橋を渡し、橋の上に高大な八尋殿を作った。国玉依別命夫婦が神主となって神前に使え、三五教の教えを日夜宣伝した。これを懸橋の御殿と称えられることになった。あるときから、丑満のころに神殿に怪しい物音が聞こえてくることを不審に思い、国玉依別夫婦は神前に端座して、正体を調べようと待っていた。神殿の床下から怪しい煙が立ち上り、蛸のような禿頭の不細工な神が現れて、玉を納めた輿の周りを廻っている。国玉依別命は怪しい神に向かって毅然として誰何した。神は、自分は狭依彦の霊体であると告げ、以前の鏡の池の司たちは鷹依姫たちであり、策略によって国玉依別命から黄金の玉を奪い取って瑪瑙の玉とすり替えたのだ、と真実を告げた。国玉依別命は、月照彦神の御神霊が宿られていることが大切なので、形ばかりの黄金の玉は惜しくないと告げた。狭依彦は、国玉依別命夫婦の真心に感じたと告げ、この神前に幽仕して神業を助けようと約束した。夫婦は狭依彦の御魂を祀るべく鏡の池のほとりに宮を作って朝夕奉仕することになった。懸橋の御殿は月照彦神、狭依彦命、国魂神の威徳によって光輝を放ち、国玉依別命夫婦の盛名は高砂島に隈なく喧伝されることになった。ちなみに、竜国別一行が高砂島を目指したのは、鷹依姫の神懸りを信じたためである。帰神への迷信は慎むべきである。しかしながら、これによって思いもかけず海外宣伝がなされたことは、神慮と言うべきである。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月11日(旧06月19日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年9月3日 愛善世界社版26頁 八幡書店版第5輯 474頁 修補版 校定版27頁 普及版12頁 初版 ページ備考昭和11年6月7日付けの付記がある
OBC rm2902
本文の文字数5094
本文のヒット件数全 2 件/宇都の国=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  竜国別、テーリスタン、カーリンスの三人は、黄金の玉献上といふ旗印を、木の間にチラとすかし見て、胸を躍らせ、俄に心も緊張し、謹厳振を装うて、祈願に余念なきものの如く、素知らぬ顔にて一生懸命に祈つて居る。そこへ御輿を担がせ、数多の村人を伴ひ、ヒルの国のテーナの酋長アールは盛装を整へ、細路を漸くにして、アリナの滝を横にながめ、この岩窟の前に辿り着き、三人の祈願の姿を見て感じ入り、自分もソツと、御輿を傍の美はしき岩の上に据ゑさせ、一生懸命になつて鏡の池に打向ひ、拝跪合掌してゐる。一同は無言の儘、テーナの酋長の背後に堵列し、跪いて鏡の池を隔てて岩窟内を拝みゐる。
 岩窟の中より、奴拍子の抜けた声で、
『月照彦命、此処に在り。黄金の玉を遥々と持参致したる身魂の美はしき信者、一時も早く其処に居る神司に手渡し致せ、汝の名は月照彦神より国玉依別命と名を賜ふ』
 酋長のアールはハツと平伏し、
アール『恐れ乍ら、月照彦大神様、私はヒルの国のテーナの里の酋長、アールと申す賤しき神の僕で御座います。此の度神界の御経綸上いろいろの玉を、神様よりお集めになると云ふことを承はり、家の重宝として大切に保護致したる黄金の玉を、女房のアルナ姫と謀り、只今此処に持参致しまして御座います。どうぞ御調べの上、御受納め下さいますれば、私を始め妻のアルナも恐悦至極に存ずることで御座いませう』
 岩穴の中より、
『国玉依別命、神は時節参りて、声を人民の前に発する様になりたれ共、吾姿を現はすことは、神界の規則として相成らざれば、そこに控へ居る竜国別の審神者、月照彦神が代理として受取らしめむ、左様心得たがよからうぞ』
 アール、アルナの夫婦はハツと許りに有難涙をこぼし、
『実に有難き神の御言葉、斯様な嬉しい事は御座いませぬ。……竜国別の神司様、どうぞ此の宝玉をよく検めて御受取りを願ひ奉ります』
 竜国別は、漸くにして重たさうに口を開き、
『其方は噂に高きテーナの郷の酋長であつたか。其方は神界に因縁深き身魂であるから、斯の如く結構な御用が勤めあがつたのであるぞよ。有難く思へ。……あいや、テー、カーの両人、酋長アルナの献上つた黄金の宝玉を早く実検めて、此方が前に差出せよ』
 テー、カー両人は小声にて、
『何ぢや、馬鹿々々しい。竜国別の奴、俄に荘重らしい言霊を使ひよつて、まるで俺達を奴扱ひにしやがる。怪しからぬ奴だ。これが果して吾々の捜してゐる黄金の宝玉なれば結構だが、モシヤ鍍金玉でもあつたら、吾々両人の者は愈馬鹿の上塗りをせなならぬがなア』
と呟き乍ら輿の前に進み寄る。アルナは恭しく輿の戸を開き、玉筥を取出し、テー、カーの二人の前に差出した。テー、カー両人は左右より其玉筥を手に取り、頭上高く捧げ、蟹の様になつて、四つの足をそろりそろりと運び出した。余り頭上の玉筥に心を奪られ、足許に気が付かず、岩角にガンと躓いた途端に、二人は玉筥と共に、鏡の池にドブンと音立てて落ち込んで了つた。竜国別を始め、酋長夫婦、其他一同は総立ちとなり『アツ』と叫んで、池の面を眺めてゐる。幸ひ玉筥は、二人の落ち込んだ機みに撥られて、岩窟の中に都合よく飛び込みにけり。
 岩窟内の鷹依姫は吾足許に勢よく飛込んで来た玉筥に心を奪はれ、外に酋長其他の人々の居るのも忘れ、玉筥を引抱へ、ツカツカと岩窟内を走り出で、竜国別の前に持来り、
『コレコレ竜国別、よく検めて御覧なさい。全くこれは本物に相違ありませぬぞよ』
竜国別『お母アさま、こんな所へ出られちや困るぢやありませぬか。モウ暫く幸抱して居つて下さらぬと化が現はれますよ』
鷹依姫『モウ現はれたつて良いぢやないか。斯うして此方の手に入つた以上は、誰が何と云つても構はぬぢやないか』
 斯くする内テー、カーの両人は体中、青藻を被つて這ひ上り来り、
『アーア、玉のおかげで、ドテライ目に会ひ、肝玉を潰し、面目玉をなくして了つた』
 酋長は鷹依姫の姿を見て、神様の御意に叶ひしと見え、大神様は婆の姿と変じ、此処に生神となつて出現し玉ひしものと深く信じ、有難涙をこぼし、恐る恐る拍手を打ち、
アール『コレはコレは月照彦神様、よくも御神体を現はして、私如き身魂の曇つた者の前に現はれ下さいました。どうぞ此玉をお納め下さいますれば、夫婦の者の喜び、里人の喜びは此上御座いませぬ』
 鷹依姫はヤツと安心したものの如く、俄に荘重な口調にて、
『其方、国玉依別命、神は汝の至誠を満足に思ふぞよ。併し乍ら汝に言ひ渡したき事あれ共、まだ身魂の垢取れざれば、四五丁下つて、アリナの滝に一日一夜、夫婦共身魂を浄め、又従ひ来れる者共、残らず赤裸となつて御禊をなし、更めて吾前に登り来れ。大切なる使命を汝に仰せ付けるぞよ』
 アール、アルナの夫婦を始め、供人一同は、此言葉に、
『ハイ畏まりました』
と恐る恐る後しざりし乍ら、岩窟の前を退きアリナの滝に一昼夜の御禊をなすべく、降つて行く。
 蜩の声は谷間の木々にけたたましく聞えて来た。
 鷹依姫は一同をうまくアリナの滝に向はせおき、猫の様に喉を鳴らし、玉筥に飛付き、中を開いて見れば、金色燦然たる黄金の玉、されど、黒姫が保管せし玉に比べては、稍小さき感じがした。されどこれも心の故であらうと、無理に得心し、手早く元の如く蓋を閉ぢ、
『サア此玉さへ手に入れば、吾々の願望は成就したのだ。併し乍らテーナの郷の酋長に対し、何か一つの神徳を渡しておかねば済むまい。何とか良い工夫はあるまいかな』
竜国別『お母アさま、そんなら斯う致しませう。此玉筥の中の黄金の玉は錦の此袋に納め吾々が持帰ることと致し、後へ此処にある沢山の玉の中、最も優れたるものに、月照彦神様の御霊をうつし……『テーナの酋長アールを以て国玉依別命と名を賜ひ、アルナを以て玉竜姫命と名を賜ふ。汝はこれより此庵に永住し、月照彦神の神司となり、普く万民を救へよ。此汝が献りし黄金の玉は万劫末代開く可からず。万一此玉筥を開く時は神霊忽ち現はれ、汝等夫婦の身に大災厄来り、高砂島は、地震洪水の厄に遭ひ、海底に沈没するの虞あり、必ず必ず神の言葉を反く勿れ。月照彦神は此黄金の玉に御霊をうつし、三人の眷属を引連れ、雲に乗つて天上に帰るべし』……(とスラスラと玉筥のぐるりに烏羽玉の実の汁もて書き記し)……サア斯うしておけば、酋長も結構なお蔭を戴き、御神徳が世界に輝くであらう』
 これから此鏡の池にお暇乞の為に天津祝詞を奏上し、後をよく御願ひ申し、
『国玉依別命、玉竜姫命に宏大無辺なる御神徳をお授け下され、遂には高砂島の生神となつて、人望を一身に集むる様御守護下さいませ』
と一生懸命に祈願し、一行四人は闇に紛れて、雲を霞と、山を越え、夜を日に継いで、漸く宇都の国の櫟が原と云ふ平原に辿り着きけり。
 アール、アルナの酋長夫婦は月照彦の神示と確信し、一昼夜の御禊を終り、恭しく鏡の池の前に来て見れば、庵の中は藻抜けの殻、神様の声もなければ、三人の男の姿も見えぬ。……ハテ不思議……と庵の中を隈なく捜し見れば、美はしき石を積み重ね、其上に自分の持来りし玉筥がキチンと載つて居る。よくよく見れば以前の文句が書き記してある。酋長夫婦は送り来りし御輿を鏡の池の向ふ側、岩窟の入口に安置し、玉筥を再び其中に納め、書置きの文句を堅く信じ、自分は国玉依別命、妻は玉竜姫命となり済まし、御輿の前に朝夕祈願を凝らし、夜は庵に入りて、夫婦はここを住処とし、普く四方より参り来る人々の為に福徳円満、寿命長久、病気平癒などの祈願を凝らし居たりける。
 テー、カー二人の宣伝は大に功を奏したと見え、日々絡繹として、玉の形したる石塊を携へ、或はいろいろの木の実を持来りて神前に供し、国玉依別命夫婦の祈願を依頼し、相当の御神徳を蒙つて帰る者、日に月に殖えて来た。遂には余り多数の参詣者にて、身を容るる所なく、余り広からざる鏡の池のあたりは、身動きならぬ計りの雑閙を来すこととなり、止むを得ず、数多の信者協議の上、谷から谷へ橋を渡し、宏大なる八尋殿を造り、ここに改めて玉筥を奉斎し、夫婦は神主として神前に仕へ、国、玉、依、竜、別などの人々を幹部とし、三五の神の教を日夜宣伝することとなりぬ。此八尋殿は谷の上を塞いで橋の如く造られたるを以て、懸橋の御殿と称へられける。
 国玉依別夫婦は、毎夜丑満の頃に、神殿に怪しき物音の聞ゆるに不審を起し、十五の月の照り輝く夜、幹部にも知らさず、夫婦只二人、神前に端坐して、怪しき物音の正体を調べむと待構へてゐた。神殿の床下より怪しき煙ポーツと立昇り、朦朧として蛸の様な禿頭の不細工な一柱の神、腰をくの字に曲げて、煙の中より現はれ、輿のぐるりを幾回となく、クルクルと廻つてゐる、其怪しさ、厭らしさ。玉竜姫は肝を潰し『キヤツ』と悲鳴をあげて其場に倒れた。国玉依別は流石気丈の男子とて、怪しき影に向ひ、言葉厳かに、
『吾こそは月照彦神の命を奉じ、御神霊を玉筥に納め、朝夕此八尋殿を作りて奉仕する神司なるぞ。汝何者なるか、吾々の許しもなく、神聖なる神殿に夜な夜な現はれ来り、御神宝の辺りに附纏ふ曲者、名を名乗れ、返答次第に依つては容赦は致さぬぞ』
とキツとなつて身構へした。怪しき影は追々濃厚の度を増し、そこに倒れたる玉竜姫の傍に足音も立てず寄添ひ、細き手を伸べて、二三回胸のあたりを撫でさすれば、姫は忽ち正気づき、両手を合せて怪物に向ひ、恐れ気もなく感謝の意を表し居たりける。
 国玉依別は合点行かず、黙然として怪物の姿を眺めて居た。怪物は涼しき、細き声にて、
怪物『吾れこそはアリナの滝の水上、鏡の池の岩窟に三五の教を宣伝し居たる狭依彦の神の霊体である。吾れ帰幽後は、一人として吾霊魂を祭る者なく、御供一つ供へ呉るる者もなし。然るに一年以前、三五教の宣伝使鷹依姫、竜国別は二人の供人を引連れ、鏡の池の岩窟に来り、玉集めをなし、遂に汝が家の重宝黄金の玉を奪ひ取り帰りたり。吾れは此事を汝に知らさむが為に夜な夜な出現するものなり。其玉筥の中は瑪瑙の玉と摺替へおき、黄金の玉を引さらへて、四人の者は今や宇都の国の櫟が原に出で、草原をあちらこちらとさまよひつつあり。汝は其玉を取返す所存なきか』
国玉依『何れの神様かと思へば、昔鏡の池の神として有名なる狭依彦様で御座いましたか。御親切は有難う御座いまするが、何事も因縁づくと諦めて居りますれば、仮令黄金の玉が瑪瑙の玉に変ればとて、少しも苦しうは御座いませぬ。月照彦の御神霊の懸らせ玉ふ以上は、仮令団子石の玉にても、私に取つては、それの方が何程重宝だか知れませぬ。黄金の玉などには少しも執着はかけませぬ』
狭依彦『実に感じ入つたる其方の心掛け、それでこそ三五教の神の教は天下に拡まり、万民を救う事が出来るであらう。狭依彦も汝夫婦が尊き、清き真心に感じ、これより此神前に幽仕して、汝が神業を助けむ。ゆめゆめ疑ふ事勿れ』
と又もやパツと立上る煙の中に、怪しき姿を消しにける。これより夫婦は狭依彦の霊を祀るべく鏡の池の傍に宮を造り、朝夕に種々の供物を献じ、崇敬怠らざりき。月照彦神の霊力と狭依彦の守護と、国魂神の威徳に依つて、懸橋の御殿の奥深く斎き奉れる神壇は日に月に神徳輝き、遂には高砂島全部に国玉依別夫婦の盛名は隈なく喧伝さるるに至りける。
 鰯の頭も信心からとやら、黄金の玉は掏り替られ、似ても似つかぬ瑪瑙の玉も神の神霊の力と、信仰の誠に依つて無限絶大なる光輝を放つに至りしを見れば、形体上の宝の、余り尊重すべき物にあらざるを悟り得らるるなるべし。あゝ惟神霊幸倍坐世。
(大正一一・八・一一 旧六・一九 松村真澄録)
    ○
 因に曰ふ。竜国別一行が遥々海洋万里の浪を渡りて、玉の所在を尋ねむとしたるは、実は鷹依姫の帰神を盲信したるが故なり。帰神に迷信したるもの程、憐れむべきは無かるべし。然り乍ら又一方には、是によりて海外の布教宣伝を為し得たるは神慮と云ふべき也。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki