王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻
文献名2第2篇 鶴亀躍動よみ(新仮名遣い)かくきやくどう
文献名3第10章 神歌〔925〕よみ(新仮名遣い)しんか
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ神素盞嗚大神は、日の大神・神伊邪諾尊と、月の大神・神伊邪冊尊が自転倒島で婚嫁の道を開き給うた古事から歌い始めた。そして国依別と末子姫の夫婦を祝し、瑞の御霊の神柱である自身の名をもって、皇大神に夫婦の幸せを願った。また言依別命や松若彦をはじめ、三五教の神司たち、信徒たちの真心を愛で、神の代の柱となり礎となるように諭した。永遠に神の大御前に仕えて清き心を濁さないようにと、夫婦の幸を寿ぎつつ、一同に神の心を誓いおいた。神素盞嗚大神は歌い終わると、欣然としてそのまま奥殿に姿を隠し給うた。
主な人物 舞台ウヅの館 口述日1922(大正11)年08月27日(旧07月5日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年11月10日 愛善世界社版105頁 八幡書店版第6輯 291頁 修補版 校定版109頁 普及版40頁 初版 ページ備考
OBC rm3310
本文の文字数1288
本文のヒット件数全 1 件/五六七の御世=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  神素盞嗚大神が末子姫の婚姻を祝し玉ふ御歌。
『八雲立つ出雲八重垣妻ごみに
 八重垣造る其八重垣を
 神代の昔高天原にて
 日の大御神神伊邪諾尊
 月の大御神神伊邪冊尊
 自転倒島におり立ちて
 天教山の中腹に
 撞の御柱つき固め
 左右りと巡り会ひ
 あなにやし好男
 あなにやし好乙女よと
 宣らせ玉ひて妹と背の
 婚嫁の道を開き玉ひし
 其古事に神傚ひ
 三五教の神司
 心も清き国依別命
 瑞の御霊の末の子と
 神の依さしの末子姫
 今日の佳き日の吉き時に
 妹背の契永久に
 結び終へたる芽出たさよ
 朝日は照るとも曇るとも
 月は盈つとも虧くるとも
 仮令天地は変るとも
 国依別と末子姫
 夫婦の契は永久に
 変らざらまし高砂の
 松の緑の色深く
 鶴の齢の千代八千代
 亀の齢の万世も
 変らであれや惟神
 皇大神の御前に
 瑞の御霊の神柱
 神素盞嗚尊
 畏み畏み願ぎまつる
 あゝ惟神々々
 御霊幸はひましまして
 三五教の神司
 言依別命を初めとし
 松若彦や高姫や
 鷹依姫や竜国別
 其外百の神司
 信徒達に至るまで
 今日の佳き日の吉き時を
 喜びまつり集ひ来る
 其真心の麗しさ
 心の色はまちまちに
 高姫のごと変れども
 神の大道と世の為に
 尽す心は皆一つ
 一つ心に睦びあひ
 神の心を推し量り
 堅磐常磐に神の代の
 柱となれよ礎と
 なりて尽せよ惟神
 神は汝と倶にあり
 清き畏き真心に
 鎮まりゐます月と日の
 神の恵は目のあたり
 立ちさやぎたる荒波の
 早なぎ渡る和田の原
 深き恵の底知れず
 高き恵は天の原
 限り知られぬ青雲の
 広く高きは皇神の
 大御心ぞ永遠に
 変らず動かず真心を
 捧げて祈れよく祈れ
 大国治立大御神
 高皇産霊大御神
 神皇産霊大御神
 天照します大御神
 国治立大御神
 豊国主大御神
 其他百の神たちの
 深き恵を畏みて
 千代も八千代も永久に
 大御前に能く仕へ
 五六七の御世の末迄も
 清き心を濁らすな
 あゝ惟神々々
 神に誓ひて今日の日を
 喜び敬ひ行先の
 夫婦の幸を寿ぎつ
 神の司や信徒や
 国人達に惟神
 神の心を誓ひおく
 あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
と歌ひ終り、欣然として其儘奥殿に神姿を隠し玉ひけり。
(大正一一・八・二七 旧七・五 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki