王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第39巻 舎身活躍 寅の巻
文献名2余白歌
文献名3余白歌
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日 口述場所 筆録者 校正日 校正場所
OBC rm398801
本文の文字数1132
本文のヒット件数全 1 件/瑞の御魂=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 瑞の月海に入りてゆ桶伏の
    山にかがやく新鮮の月〈総説(初)〉
新鮮の珍の月影かくさむと
    またも荒びむ夜根の黒雲〈総説(初)〉
汚されし厳の柱を如何にせむ
    神の御制規を枉ぐる由なし〈一章(初)〉
曲つ神瑞の御魂を破らむと
    言さやぐかな司の前に〈一章(初)〉
世の中の移らふ状をながめては
    立つべき時の来たるを悟れり〈三章(初)〉
天国の清き姿を移さんと
    朝夕励む我ぞ楽しき〈三章(初)〉
信徒は皆吾業に心して
    世人のために努めはげめよ〈三章(初)〉
世の人の譏りも如何で恐れんや
    吾為す業は神のおんため〈三章(初)〉
幾年か見えぬ大空の彗星も
    地変の前に明く顕はる〈四章(初)〉
身も魂も囚へられたる吾なれど
    心遊びぬ天国の春に〈四章(初)〉
西の峰にかくると見えし月影は
    かくれしにあらず常世てるため〈五章(初)〉
散るとてもちりしにあらず寒きため
    またくる春の莟こそまて〈五章(初)〉
惟神神の誠の御教を
    地上天人は普く伝ふる〈八章(初)〉
秋と冬と夜なき天津神国に
    神の信徒は霊籍を有つ〈八章(初)〉
月も日も星もかくるる世の中は
    世の終りなり又始めなり〈八章(初)〉
紅の楓は庭に散り敷きて
    昨夜の嵐を物語るなり〈九章(初)〉
月も星も昼は消えたる如くなり
    されど常夜の闇に輝く〈十一章(初)〉
月明の暁来たるそれまでに
    誠をつくせ力の限りを〈十一章(初)〉
肉眼にしかと見えねど大空に
    早彗星のさまよひ初めぬ〈十二章(初)〉
彗星の人の眼に入る時は
    仇波うたむ海原の空に〈十二章(初)〉
大八洲彦の命の精霊の
    宿る宇知丸心赦すな〈十二章(初)〉
人々の頭に立たむ身魂には
    醜の曲霊のねらうものなり〈十二章(初)〉
鮮やかな月照る庭に咲匂ふ
    八重の花の香殊に美はし〈十二章(初)〉
外国の醜の教や日の本の
    塵にまみれし人ぞ恐ろし〈十五章(初)〉
烏羽玉の闇の世の中は神人の
    至誠の心知るものぞ無き〈十六章(初)〉
何事も神の御旨にしたがひて
    働く人ぞ誠の人なる〈十六章(初)〉
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki