王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻
文献名2第2篇 厄気悋々よみ(新仮名遣い)やっきりんりん
文献名3第9章 暗内〔1509〕よみ(新仮名遣い)あんない
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ玉国別と真純彦は、長途の旅路につかれて振る舞い酒に酔い、その夜は熟睡してしまった。翌朝、神殿で祝詞を奏上した後休んでいると、バーチルが急いでやってきた。そして三千彦、伊太彦、デビス姫がいなくなっており、どうやらバラモン軍に連れ去られたようだと告げた。バーチルは、三人を取り戻すために村中から人を呼んで玉国別に加勢しようと申し出た。玉国別は村人に怪我人が出てはいけない、と真純彦と二人で乗り込むことに決めた。二人が出立しようとしていると、テクがやってきた。テクはこれまで悪いことばかりしてきたが、玉国別からいただいた酒を飲んだらすっかり改心してしまったと話した。そして、チルテルの館にはあちこちに落とし穴があるから、自分が案内役として同行しようと申し出た。バーチルは、アンチーが暇を申し出たから、代わりに本当に番頭になってくれとテクに申し出て、テクも承諾した。アンチーもと一緒にチルテル館に乗り込みたいと申し出たので、玉国別は承諾した。四人は作戦会議を開いた。アンチーは、チルテルにはいろいろな企みがあるだろうから、できる限り事前に様子を探って、夕暮れ以降に忍び込んだ方がよいだろうと提案した。アンチーの案が採用され、テクが斥候となって館の様子を探ってくることになった。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年04月01日(旧02月16日) 口述場所皆生温泉 浜屋 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年7月8日 愛善世界社版117頁 八幡書店版第10輯 526頁 修補版 校定版123頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm5909
本文の文字数5245
本文のヒット件数全 1 件/イヅミの国=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  玉国別、真純彦は長途の海路に草臥れきつた上、振舞酒にグツタリ酔ふて其夜は潰れた様に熟睡して了つた。先づ手洗を使ひ口をすすぎ、東天を拝し、次いで神殿に進み祝詞を奏上し、暫らく休息して居る。そこへバーチルは顔色を変へて出で来り、
バーチル『もし先生様、大変な事が出来致しました。誠に申訳のない事で厶います』
玉国『大変とは何事で厶いますか』
バーチル『はい、私もグツタリと草臥れて、よく寝込んで了ひましたので、夜中の出来事は少しも存じませぬが、三千彦様、伊太彦様、デビス姫様のお三方が、何程そこらを探しても行衛が分りませぬ。里人の話によりますと裏門口を開いてバラモンの軍人が三人様をフン縛り帰つたとの事、実に申訳のない事を致しました』
玉国『何、三人がバラモン軍に誘はれたと、やア、それは大変だ。真純彦、こりやかうしては居られまい。之から両人がバラモンの関所に押掛けて行つて様子を探つて見ようぢやないか』
真純『如何にも大変な事が出来致しました。さア参りませう』
バーチル『もし先生様、一寸お待ち下さいませ。バラモンの関所には一中隊の勇猛なる兵士が抱へて厶いますから、お二人様では険難で厶いませう。幸ひ斯うして村中の者が昼夜の別なく、祝に来て居りますから此中から強い者を選むで数十人お連れになつてはどうでせう。私も命を助けて貰つた御恩返しに今度は命を捨てます。何卒さうなすつて下さいませぬか』
玉国『いや、決して御心配下さいますな。又宣伝使が貴方等の助力によつて多数を恃むで押掛けたと云はれては済みませぬ。又一方は武器を持つたもの、里人に怪我でもあつては済みませぬから吾々両人が直接に出掛けませう』
バーチル『さう仰有れば是非が厶いませぬ。代りに私がお伴を致しませう』
玉国『いや、それには及びませぬ。然し乍ら僅かに二人、敵の中へ参るので厶いますから之がお顔の見納めになるかも知れませぬ。何卒貴方は神様の御心をよくお覚りなさつて、此里人を導き可愛がつておやりなさいませ』
 かかる所へサーベル姫は襖をソツと押開き涙と共に転げる様にして入り来り、
サーベル『玉国別様、真純彦様、大変な事が出来致しました。何卒神様の御神徳によつて御三方を救ひ出し、無事にお帰り下さいませ。妾は神様を念じ無事の成功を祈ります』
玉国別『有難し君が情の厚衣
  身に纒ひつつ進み行くべし。

 真心を深く包みし衣手に
  薙ぎて屠らむ醜の輩を』

真純彦『曲神に苦しめられし吾友を
  助けに行かむ神のまにまに。

 大神の御前に額き願ぎ申す
  此首途を真幸くあれよと』

バーチル『真心を籠めて打出す言霊に
  刃向ふ仇の如何であるべき。

 さり乍ら心配りて出でませよ
  企みも深き陥穽あれば』

サーベル姫『玉国別神の命よ真純彦よ
  仇の館に気を配りませ』

玉国別『有難し神に捧げし吾命
  よし捨つるとも如何で恐れむ』

真純彦『皇神の縁の糸に結ばれし
  身ながら今は解けむとぞする』

バーチル『吾僕アンチー連れて出でませよ
  彼は力の強き益良夫』

玉国別『吾道は人を頼らず杖につかず
  只真心に進むのみなり。

 折角の思召をば無みするは
  心済まねど許し玉はれ。

 三千彦は嘸今頃は仇人と
  厳の言霊打ち合ひ居るらむ』

真純彦『言霊の戦ひなれば恐れまじ
  兇器を持ちし敵の陣中も。

 曲神の憑りきつたる仇人を
  言向和す日とはなりぬる』

アンチー『神司吾れを召し連れ出でまして
  真心の限りを尽させ玉へ。

 よしやよし命を敵に渡すとも
  いかで悔いなむ捨てし此身は』

玉国別『玉の緒の命に代へて嬉しきは
  汝が心の誠なりけり』

 斯く互に歌を取交し、玉国別、真純彦は今や宣伝使の服を脱ぎ、バーチルの与へたる衣服と着替へ乍ら立出でむとする所へ、泥酔者のテクはツカツカと現はれ来り、
テク『ヘー、御免なさいませ。私は今日迄はバラモン教の目付役の下を働くスパイで厶いました。一方には海賊の張本人ヤッコスと兄弟分となり、種々雑多と、よくない事許りやつて居ましたが、玉国別様に何とも知れぬ般若湯を頂き、それから心に潜む鬼が私の身内から逐転しまして、今は全く人間心に立帰りました。就きましてはチルテルの邸には沢山の陥穽が厶いますれば此テクが御案内を致しませう。うつかり行かうものならえらい目に会ひます。その秘密を知つてるのは外には厶いませぬ。関所を守つてる軍人の外は誰も知りませぬからお危う厶います』
玉国『おう、お前はテクさまだつたな。や、有難う、それ程沢山に陥穽が拵へてあるかな』
テク『ヘーヘー、彼方にも此方にも陥穽許りで厶います。あんな所へ落ちたが最後、上る事は出来ませぬ。さうして此頃は何とも知れぬ美しい女の方が離家に只一人居られます。さうして其お名は初稚姫様だとか云ふ事で厶います。関守のキャプテンがその女に現を抜かし、それが為に夫婦喧嘩がおつ初まり、いや、もう内部の醜態と云つたら話になりませぬ』
玉国『なに、初稚姫様が厶ると云ふのか。どんな年格好なお方だ』
テク『はい、明瞭は分りませぬが一寸見た所では十七八才かと思ひます。然し何処ともなく十五六才の幼い所も厶いますし、体中宝石を以て飾つて居られます。それはそれは綺麗なお方ですよ』
玉国『はてな、初稚姫様は、そんな宝石等を身に飾る様なお方ぢやないと聞いて居る。大方同名異人だらう。なア真純彦』
真純『そら、さうで厶いませう。世間に同じ名は何程も厶いますからな』
玉国『あ、そんなら屋敷の案内をお願ひしようかな』
テク『いや早速の御承知、有難う厶います。大抵の所は皆私が知つて居りますから、私の後に跟いて来て下さいますればメツタに不調法はさせませぬ。そして彼の女に一度お会ひになれば真偽が分るでせう。大方貴方のお弟子は陥穽に落ち込みなさつたかも知れませぬ。うつかりして居ると命が怪しう厶います。沢山な兵士が寄つて上から石を投げ込むのですから、堪つたものぢやありませぬわ』
バーチル『テクさま、お前さまはアキスから聞けば宅の番頭になつたと云つて居られたさうだが本当に番頭になつて呉れますか。アンチーも暫く休まして下さいと云つてるから、お前さまが番頭頭になつて下さらば大変都合が宜しいがな』
テク『承知致しやした。貴方からお言葉のかからぬ中から已に番頭と一人で定て居りますから何の異議が厶いませう。もとは悪人で厶りましたが神様の光に照らされて最早悪が恐しくなり、その罪亡しに一つでも善事を行ひ度いと決心をして居りますから何卒宜しくお願ひ申します。サア玉国別様、真純彦様、参りませう』
アンチー『是非とも私をお伴に願ひます』
玉国『それ程仰せらるるなれば御同行を願ひませう』
とバーチル夫婦に暇を告げ、裏口より一行四人キヨの関守チルテルが館を指して進み行く。テクは先頭に立ちヤッコス踊をし乍ら心イソイソ歌ひ初めた。
テク『バラモン教のキャプテンが  部下に使はれ犬となり
 彼方此方と湖辺をば  尋ねまはりて三五の
 神の司や信徒を  一人も残さずフン縛り
 キヨの関所へ連れ行きて  褒美の金を沢山と
 頂き好きなお酒をば  飲んで浮世を面白く
 暮さむものと心をば  鬼や大蛇と変化させ
 悪の道のみ辿りたる  悪党無頼の此テクも
 玉国別の神様の  厚き心に感服し
 迷ひの夢も覚め果てて  バーチルさまの家の子と
 仕ふる身とはなりにけり  バラモン教の関守が
 如何程神力あるとても  如何で及ばむ三五の
 誠一つの言霊に  敵する事は出来よまい
 屋敷の中に沢山の  陥穽をば穿ちつつ
 三五教やウラル教  道の教のピュリタンを
 否応云はさずフン縛り  皆悉く陥穽に
 落して喜ぶ悪神の  醜の器となり果てし
 チルテル司は魔か鬼か  思ひ廻せば恐しや
 かかる悪魔を逸早く  亡ぼし尽し世の人の
 災難を早く救はねば  イヅミの国の人々は
 枕も高く眠れない  吾も元より悪人の
 種ではなけれど止むを得ず  バラモン教の勢力に
 刃向ひ其身の不幸をば  招かむ事を恐れてゆ
 心にもなき間諜となり  吾良心に責られて
 苦しき月日を送りつつ  せつなき思ひを消さむとて
 朝から晩まで酒を飲み  浮世の中を夢現
 三分五厘に暮さむと  金さへあれば自棄酒を
 呻つて過す浅間しさ  あゝ惟神々々
 神の恵みの幸ひて  愈今日は三五の
 貴の司の先走り  今迄犯せし罪科を
 償ひまつる今や時  皇大神よ大神よ
 テクの心を憐れみて  今度の御用を恙なく
 遂げさせ玉へ惟神  仮令天地は変るとも
 一旦神の御前に  罪を悔いたる此テクは
 汚き心を露持たじ  敵は如何なる謀計を
 廻らし吾等を攻むるとも  何か恐れむ神心
 振ひ起して何処迄も  神の御為世の為に
 悪魔の棲ひしチルテルの  醜の司を懲しめて
 世人の為に災を  除かせ玉へ惟神
 御伴に仕へし此テクが  真心捧げて願ぎ奉る
 あゝ惟神々々  御霊幸ひましませよ』
 アンチーは又歌ふ。
アンチー『三年振りに吾主人  バーチルさまに廻り会ひ
 喜び勇む間もあらず  命の親の神司
 危き敵の館へと  出でます君を案じつつ
 主人の君の許し受け  お伴に仕へ進む身は
 如何なる曲の企みをも  如何で恐れむ敷島の
 大和男子の魂を  現はしまつりて高恩の
 万分一に報ふべし  キヨの港は遠けれど
 勝手覚えし抜け道を  進むで行けば一時の
 間には容易く達すべし  さはさり乍ら真昼中
 敵の館へ進み行く  これが第一険難だ
 日暮れを待つてボツボツと  隅から隅まで探索し
 三千彦さまの所在をば  探し求めた其上で
 あらむ限りのベストをば  尽すもあまり遅からじ
 玉国別の宣伝使  真純の彦の神司
 新番頭のテクさまよ  貴方の御意見詳細さに
 お知らせなさつて下されや  敵にも深い企みあり
 軽々しくも進みなば  臍を噛むとも及ぶなき
 大失敗を招くべし  省み玉へ神司
 此アンチーは意外にも  卑怯な男と皆さまは
 思召すかは知らねども  注意の上に注意して
 行かねばならぬ敵の中  あゝ惟神々々
 何れにしても大神の  力に頼り進むべし
 玉国別の御前に  更め伺ひ奉る』
と歌ひ終り、玉国別の意見を求めた。玉国別はアンチーの言葉に一理ありとなし、途上に佇みて暫し思案を廻らして居る。テクは無雑作に口を開いて、
テク『もし、皆様、私は幸い種々の関係上チルテルに接近せなくてはなりませぬ。それについては色々とチルテルの腹を探り、又敵の様子や三千彦様以下の所在を探索するに余程便宜を持つて居りますから、貴方は暫らく此密林に日の暮るる迄御休息を願ひ、私が一応取調べた上、日が暮れてからお出掛けになつた方がよからうと在じますが貴方等のお考は如何で厶いませうか』
玉国『成程、却つて夜分の方が宜いかも知れない。御神諭にも「今迄は日の暮が悪いと申したが之からは日の暮に初めた事は何事もよい」とお示しになつて居る。そんならテクさま、御苦労乍らチルテルの館に罷越し、能ふ限りの偵察をして下さい。それまで此の森蔭に祈願をして待つて居りませう』
テク『いや、早速の御同意、有難う厶います。それなら此テクがうまく様子を探つて参ります。何卒此森の奥で悠りと休息をして待つて居て下さい。左様なら』
と云ひ乍ら尻引紮げトントントンと夏草茂る細い野道を駆け出した。三人は森の木蔭に腰を下し、時の至るを待つて居る。
(大正一二・四・一 旧二・一六 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki