王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻
文献名2第1篇 常磐の松
文献名3第2章 神影〔1552〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年05月01日(旧03月16日) 口述場所 筆録者明子 校正日 校正場所
OBC rm6102
本文の文字数4126
本文のヒット件数全 1 件/瑞の御魂=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文
  第一三

    一

 天津日影は西天に  煙の如くうすれ行く
 淋しき夕べ世の中の  業に放れて瑞霊と
 神の望みを語らまし。

    二

 御目に暗なき光の神よ  深く包みし吾身の罪を
 遺る隈なく細やかに  心平に示しませ。

    三

 罪も穢れも無き身を以ちて  千座の置戸を負ひ玉ひ
 人のなやみを清めます  瑞の御霊よ吾なやみ
 かへりみ玉へ救はせ玉へ。

    四

 いつか吾身は現世出でて  夜なき国へ到りなば
 移り変らぬ月日の光を  心楽しく仰ぎ見む。

  第一四

    一

 皇大神の給ひてし  今日の生日も暮れにけり
 いざいざさらば晨の如く  瑞の御霊や厳御霊
 尊き御名を称へまし。

    二

 神の光に向つて動く  大海原に浮びたる
 大地に住める神の子は  神の光に照されて
 常世の暗に勝ちにけり。

    三

 次第々々に夜のとばり  明けゆく国々嶋々の
 青人草は悉く  神の御徳を賞め称へ
 歌ひ眼さめて朝夕に  神に祈りの絶間なく
 栄ゆも嬉し五六七の代。

    四

 労れ休めと人の子に  別れたまひし日の神は
 西の洋なる友垣を  神の御国に誘ひて
 永遠の眠りを醒します。

    五

 興亡常なき現世の  数多の国と事かはり
 いや永遠に栄え行く  神の御国ぞ尊けれ。

  第一五

    一

 神の力の昼去りて  恵の露の下ります
 安けき夜とはなりにけり  いざこれよりは御恵に
 抱かれ楽しく休らはむ  仁慈無限の瑞霊の
 いと暖かきふところに。

    二

 朝の空に日の神の  輝き渡り玉ふまで
 曇りもあらぬ神使の  夢路を進ませ玉へかし
 尊き守りの一夜を。

    三

 病になやむ貴の子や  囚はれ人は言ふも更
 親なき子供背の君の  頼りさへ無き人妻に
 いとも尊き仁愛の  御姿あらはし玉へかし
 せめては夢の中なりと。

    四

 生言霊の助けにて  現はれ出でし天地は
 何処の果に至るとも  皇大神を外にして
 休らひぬべき処なし  あゝ皇神よ主の神よ。

  第一六

    一

 夕日の名残刻々に  山の尾上にうすれ行きて
 恵みの露の白玉も  草木の花に宿るなり
 あゝ天地の大神よ  御前に捧ぐる太祝詞
 うまらに完全に聞召せ

    二

 災多き現世の  諸の歎きも皇神の
 恵みの露に浸されて  切なる祈りの栞となし
 黒白も分かぬ暗の夜も  霊肉脱離の関門も
 恐れず撓まず永遠に  見ぬ夜の光に吾魂を
 照させ玉へと願ぎまつる。

    三

 常夜の暗に包まれし  山海河野のその如く
 吾世の望みは消えぬれど  ほの見え初めし星影の
 上なき望みぞいと高く  天津御空にかがやきぬ。

    四

 木の間を洩れし月光の  御池の面に澄渡る
 静けき清き御姿に  神習はめや吾心
 今宵の息もやすやすと  休ませ玉へ瑞御魂。

  第一七

    一

 瑞の御魂の生れませる  今日の生日の足日こそ
 実にも目出度き限りなれ  吾等は神の御恵みに
 この日を迎ふる嬉しさよ。

    二

 救ひの神と現れませる  瑞の御霊の大神の
 豊の明りのこの宴  今まのあたり開かれぬ
 いざ諸共に大前に  心楽しく進みなむ。

    三

 皇大神の永遠に  鎮まり坐ます神の家に
 住める一日は許々多久の  罪に穢れて世を渡る
 あはれ果敢なき楽みの  千代にも優る思ひかな。

    四

 御前に侍る今日の日の  清き心を心とし
 瑞の御霊や厳御霊  神の御言をかしこみて
 楽しく吾世を送るべし。

  第一八

    一

 七日の旅路もいと安く  過ぎて御前に参ゐ詣で
 かしこみ仰ぐ今日こそは  高天原の神人も
 休ませたまふ吉き日なり。

    二

 厳と瑞とのあがなひの  神に頼りて祈りなば
 仁慈の顔を向けたまひ  諸の罪咎あやまちを
 直日に見直し宣り直し  安きに清めたまふべし
 あゝ惟神々々  御霊幸はへましませよ。

    三

 清き祭に集へる人に  神は涼しき御声もて
 瑞の御霊の口を藉り  明き神国に導きて
 限り知られぬよろこびと  栄光を授け悩みたる
 身魂を慰め玉ふこそ  実にも尊き極みなれ。

    四

 大国常立大神は  高き恵みを朝夕に
 称へ奉れる吾魂と  倶に坐しまし限り無き。
 栄誉を与へたまひつつ  天津御国の賑しき
 豊の宴に手を曳きて  進ませ玉ふぞ嬉しけれ。

  第一九

    一

 清き尊き今日の日を  安く迎へて信徒が
 父と母との皇神の  貴の御前に相集ひ
 神の御子等諸共に  厚き恵みの雨祈る。

    二

 神の御国のおん為に  十の日足を早送り
 今日はこの身の生命の為に  身も魂もいさぎよく
 聖き休日を楽しまむ。

    三

 きよき朝に夙く起き出でて  神の御前に真心ささげ
 鹿児自物膝折り伏せ  鵜自物頸根突きぬきて
 恩頼を仰ぎつつ  神の清めを受けまつる。

    四

 現世に居て真道を歩み  旅路終りて歓喜と
 栄光に充てる神の国  昇る人こそ尊けれ。

  第二〇

    一

 国常立の大御神  瑞の御霊の大前に
 集ひて御名を称へつつ  心清むる楽しさは
 何にたとへむものもなし  あゝ惟神々々
 恩頼ぞ有難き。

    二

 瑞の御霊の神柱  慕ひまつれる真心の
 調べは正しくス・スヷラ  ポーヂーサツトヷの琴の音に
 通ふが如く楽しけれ。

    三

 朝日の豊栄昇る時  現世を創造りたまひたる
 元の御祖の神を思ひ  夕に瑞の御教を
 学ぶ吾身ぞ楽しけれ。

    四

 さかしら為せる人々に  対して愚に見る智慧も
 清き尊き神の子の  召されし身にはいと強き
 神の給ひし力なり。

    五

 皇大神の御めぐみを  知る人ぞ知るよろこびの
 雨はこの日も新しく  降りそそぐこそ尊けれ。

    六

 我皇神の御在舎は  いとも尊く美はしく
 栄光の花は咲きみちぬ  瑞の御霊の玉の座は
 心の底より慕はしき。

  第二一

    一

 清めの神の御光も  強くかがやく今日こそは
 諸のなやみも癒やされむ  心嬉しく楽もしく
 常世の春の如くなり。

    二

 荒き風吹き浪猛る  海路を免れ村肝の
 心平らに安らかに  神の港に進み行く
 吾身の上ぞ楽しけれ。

    三

 荒野ケ原にさまよひて  かわき苦しむ旅人の
 喉をうるほす真清水は  涼しき清き瑞御魂
 恵みの泉の限りなく  湧くぞ嬉しき神の道。

    四

 仁慈無限の瑞御魂  誓ひ玉ひし神の国
 ほの見え初めし嬉しさよ  神は吾等と倶にあり。

    五

 たかきひくきの隔て無く  老も若きも押並べて
 神の功績をほめたたへ  常世の春を祝ひつつ
 勇むも嬉し神の前。

  第二二

    一

 今日は畏き御光を  授けたまひし吉き日なり
 暗き心を隈も無く  照させ玉へ惟神
 瑞の御霊の大前に  謹み祈りたてまつる。

    二

 今日の生日の足日こそ  吾等に平安を賜ふべき
 神の祭の吉き日なり  罪や穢れの浪風を
 平げ治め玉へかし。

    三

 今日の生日の足日こそ  いとも楽しき祈りの日なり
 瑞の御霊の御光を  仰ぎ仕ふる信徒に
 近づきたまへと願ぎまつる。

    四

 千座の置戸を負ひながら  曲津神等に勝たせたる
 清き畏き吉き日なり  いや永遠に栄えゆく
 生ける神霊さはさはに  吾等が身魂に給へかし。
(大正一二・五・一 旧三・一六 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki