王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻
文献名2第1篇 万里の海原よみ(新仮名遣い)までのうなばら
文献名3第5章 言霊生島〔1937〕よみ(新仮名遣い)ことたまいくしま
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ朝香比女一行の乗った舟は、櫓も櫂もないまま、島々を右に左に潜り抜け、周囲百里の大きな狭野の島も、いつしか後に見えなくなった。朝香比女は、狭野の島を任せてきた天中比古、狭野彦を名残惜しみつつ、海を渡って進み行く決意を晴れ晴れと歌った。従者神たちも、それぞれ朝香比女の大曲津神退治の功績をたたえ、海原の旅を楽しむ歌を歌って順調に進んでいた。日も傾く頃、海風が起こり、荒波が立ち、舟を左右にゆすり出した。天晴比女の神は、この風は曲津神の仕業であろうと見抜くが、舟は荒波の間を木の葉のように翻弄されつつ漂うほどとなった。朝香比女は平然として歌を詠み、浪に対して、巌となり島となれ、と歌いかけた。すると不思議にも、猛り狂っていた波は、たちまちのこぎりの歯のような険しい巌山となり、あわ立つ小波は砂となって、一つの島が生まれた。一行は朝香比女の不思議をたたえ、また言霊の威力を、鋭敏鳴出の神の功徳としてたたえた。神々はおのおの述懐歌を歌いつつ、はるか空にかすむ白馬ケ岳方面さして、船のへさきを向けて進んで行った。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月12日(旧10月25日) 口述場所大阪分院蒼雲閣 筆録者白石恵子 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年3月30日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 607頁 修補版 校定版77頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7705
本文の文字数4514
本文のヒット件数全 2 件/鋸山=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  御樋代神と生れませる  朝香比女神の神司
 曲神の島を言向けて  狭野の神国を拓きつつ
 天中比古神狭野彦を  後に残して四柱の
 神を伴ひ海原の  浪おしわけて進みます
 御空に天津日照り渡り  昼月のかげしろじろと
 浪に浮べる真中を  生言霊を宣らせつつ
 進ませ給ふぞ畏けれ  抑霧の海原は
 高地秀山より流れ落つ  東の河の大流と
 高照山ゆ落ちたぎつ  月の大河の清流の
 西と東ゆおちこめる  大海原にありければ
 万里の海とぞ称へられ  数多の島々碁列して
 霧立ちのぼり雲わきつ  曲津見の棲処にふさはしき。
 朝香比女の神の乗らせる御舟は、舷に浪の鼓を打ちながら、艪楫もなきに島々を、右や左にくぐりぬけ、周囲百里に余る狭野の島も、いつしか眼界を離れける。
 朝香比女の神は後振りかへり、御空を仰ぎて御歌詠ませ給ふ。
『仰ぎ見れば狭野の食国山々は
  わが目路遠く消え失せにけり

 天中比古狭野彦今はわがいゆく
  舟を思ひて吐息つくらむ

 われもまた名残惜しけれど神業の
  せはしきままに離り来にける

 空を行く百の翼よ心あらば
  狭野の島根にわが心伝へよ

 八千尋の浪を湛へし海原に
  浮びてわれは狭野島を思ふ

 栄城山狭野の島根はわが為に
  忘らへ難き聖所となりける

 一片の雲きれもなき大空を
  鷲の翼のひるがへりつつ

 雲霧は清くはれつつ百鳥は
  月日のかげを仰ぎてたつも

 百鳥の翼はことごと輝けり
  浪にうつりてきらきら光るも

 荒浪の一つだになき此海を
  渡らふ今日は心晴れつつ

 顕津男の神のまします西方の
  国土は遥けし舟に浮びつ

 この海を東南に渡らひつ
  月の大河の流れを避けむ

 高照山ゆ漲り落つる月の河の
  水は滔々この海に入るも

 百鳥の空たつかげは水底に
  うつりて魚の泳ぐが如し

 水底にむらがり棲めるうろくづも
  天津日の光によみがへりけむ

 月の夜は一入勇まむ海底の
  百のうろくづ浮び出でつつ』

 初頭比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『朝香比女神の御供に仕へつつ
  いとめづらしき神業見しはや

 比女神の造り給ひし狭野の島は
  影遠みつつ紫雲棚引けり

 今日よりは狭野の島根も生き生きて
  紫雲棚引き天国とならむ

 のたりのたり浪に揺られて進み行く
  御舟の上の静かなるかも

 天地の水火はことごと清まりて
  生きの命のさはやかなるも

 われわれは清けき水火を呼吸して
  永久に天界に住むべき神なり

 天地の水火曇らへば天津神の
  命保たむ糧だにもなし

 今日よりはこの稚国土の雲霧を
  吹き払ひつつ水火を清めむ

 水火清き此海原に舟浮けて
  顕津男の神の御供に進まむ

 凪ぎ渡る大海原の中にして
  われは楽しく比女神と語らふ

 比女神の御水火はことごと光なり
  暗き心のわれは苦しも

 朝夕を御樋代神に仕へつつ
  言霊の水火を清めむとぞ思ふ

 島ケ根ゆ島に渡らふ百鳥も
  鳴く音澄みつつ風清しかり

 吹く風もいとど清しき海原に
  小鳥の声を聞くは楽しも

 見渡せば高地秀山は雲表に
  紫雲被りてひそかに覗けり

 東の空打ち仰げば高照の
  山はかすかに影現はせり

 高山と高山の中を渡りゆく
  此海原の広くもあるかな

 東河月の大河集めたる
  此海原は広かりにけり

 どこまでも御供に仕へ奉らむと
  思ひ出だせば楽しかりけり

 やすやすと磐楠舟に浮びつつ
  紫微天界の国土生みに仕ふ

 天も地も風も清めて天界の
  国土を固むる国土生みの旅なり

 国魂の神を生まむと出で給ふ
  朝香比女神の心雄々しも

 天界に尊きものは国魂を
  清けく生ます神業なりけり

 幾万年末の世までも礎を
  固むる為の神生みなりけり』

 立世比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『四方八方に朝夕雲霧立世比女の
  神の心も晴れわたりたり

 御樋代の神の側女と仕へつつ
  広き清しき海原わたるも

 栄城山貴の社を立ち出でて
  今は嬉しも公に仕へつ

 御樋代の神に仕へて朝夕を
  笑み栄えつつわれは生くるも

 生き生きて亡びを知らぬ天界の
  今日の旅路の幸多きかも

 魔の島は曲津見の猛びに伸び立ちて
  濁りし言霊吐き出でにけり

 目も口も鼻も揃はぬ曲津見の
  宣る言霊は雷の如かり

 天地を揺がすばかりの雷声も
  生言霊にことやみにけり

 曲神の姿は忽ち巌となり
  堅磐常磐の島ケ根を生めり

 曲神はわが為にたくみ知らず識らず
  神の神業に仕へゐるらし

 朝香比女神の神言のおはさずば
  此魔の島は栄えざるべし

 魔の島は生言霊に神島と
  忽ち変りて水火栄えつつ

 朝香比女生言霊の御光に
  四方の雲霧あとなく晴れつつ

 かくのごと言霊清き比女神の
  御供に仕ふと思へば嬉しも

 わがいゆく道にさやらむ曲津見も
  朝香比女の神の御水火に亡びむ

 かくの如雄々しき強き美しき
  わが公坐ませばこころ安けし

 仰ぎ見れば遠の海原にかすみたる
  山は正しく白馬ケ岳かも

 峰高く白雪つもりて永久に
  冷たき風を吹きおろす島

 仰ぎ見れば白馬ケ岳の尾の上より
  黒き煙を吐き出でにけり

 白馬ケ岳わが目に入りて狭野の島
  ますます遠くなりにけらしな

 漸くに日は傾けど白馬ケ岳の
  島根はろけし浪をどりつつ』

 天晴比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『大空は真澄の空と晴れにつつ
  高地秀山に日は傾けり

 高照の山より出でし天津日は
  高地秀山の尾根に近みつ

 海風にあほられ荒浪立ちそめて
  磐楠舟を左右にゆするも

 此風は八十曲津見のたくみたる
  醜のわざかも御舟をさゆらす

 如何程に八十曲津見の荒ぶとも
  何のものかは言霊の旅

 曲神は言霊の光恐れつつ
  風を起して公に刃向ふ』

 かく歌ひ給ふ折しも、大海原の浪は刻々に高まり来り、殆んど御舟を呑まむとす。御舟は荒浪の間を木の葉の如く翻弄されつつ海中に漂ふ。
 朝香比女の神は、平然として御歌詠ませ給ふ。
『曲津見はまたも手を替へ品を替へて
  わが行く先にさやらむとすも

 千丈の浪猛るとも何かあらむ
  わが言霊に巌と固めむ。

 浪よ浪巌となれなれ浪よ浪
 島となれなれ天界は
 生言霊の助くる国ぞ
 生言霊の天照る国ぞ
 生言霊の幸ふ国ぞ生くる国ぞ
 巌になれなれ逸早く
 島になれなれ片時も
 ためらふ事なく固まれよ』
 かく歌ひ給ふや、伊猛り狂ひし浪は、吹く風にも何のさはりなく、忽ち鋸の歯の如き嶮峻なる巌山となり、泡立つ小波は真砂となりて、一つの生島は生れけるぞ畏けれ。
 起立比古の神は驚きて御歌詠ませ給ふ。
『今更に比女の神言の言霊の
  いみじき功に驚きにけり

 天界は言霊の国水火の国と
  言ふ理を今悟りけり

 狭野の島を生みましまたも巌の島を
  今生まします功かしこき

 此島は浪の小島と命名けませ
  御樋代神の水火に生りせば

 此山を鋸山と宣り給へ
  頂ことごと尖りてあれば』

 朝香比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『わが宣りし生言霊に生れし島よ
  言霊生島とわれは命名けむ

 浪の秀は鋸のごとさかしければ
  鋸山とわれも命名けむ』

 初頭比古の神はまたもや驚き給ひて、御歌詠ませ給ふ。
『天晴れ天晴れ浪は忽ち山となり
  泡は忽ち真砂となりぬ

 言霊の水火の尊さ今更に
  〓怜に悟りぬ初頭比古われは

 かくのごと功尊き比女神に
  仕へてわが魂ふくれけるかも』

 立世比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『久方の天津高宮ゆ降りましし
  鋭敏鳴出の神の御助けなるらむ

 鋭敏鳴出の神は御空にありありと
  清きみかげを現はし給ひぬ

 比女神の神業を助け守らむと
  かげにまします鋭敏鳴出の神はも』

 朝香比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『鋭敏鳴出の神の御水火に守られて
  わが言霊は冴え渡りつつ

 御姿はたしに見えねど鋭敏鳴出の
  神の功のあらはなるかも』

 天晴比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『海原を御供に仕へまつりつつ
  いとめづらしき神業拝むも

 天も地も晴れ渡りたる海原に
  わき出でにける巌島あはれ

 鋭敏鳴出の神の功は海中に
  また生島を生み出でにけり』

 かく神々は各自に御歌詠ませつつ、遥かの空に霞む白馬ケ岳の方面さして、舟の舳先を向け給ひける。
(昭和八・一二・一二 旧一〇・二五 於大阪分院蒼雲閣 白石恵子謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki