王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻
文献名2第4篇 神戦妖敗よみ(新仮名遣い)しんせんようはい
文献名3第21章 怪体の島〔1977〕よみ(新仮名遣い)けたいのしま
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ朝香比女の神一行は、葦原比女の神一行に送られ、常磐の浜辺で名残を惜しみつつ、万里の海へとふたたび船出をした。朝香比女の神一行が舟を南へと進ませていくと、鷹巣の山の頂から黒煙がもうもうと噴出して天に立ち上り、海を指して迫ってきた。黒雲は、グロノス・ゴロスの竜蛇心の形を現して進んできた。朝香比女の神、初頭比古の神がこの様子に警戒の歌を歌うおりしも、海上に旋風が起こり、一行の乗った磐楠舟は荒波に翻弄され、一進一退どうしようもない羽目に陥った。しかし、朝香比女の神は平然として微笑しながらこの光景を静かに見つつ、心中に深い成算があるかのようであった。一行の神々は、おのおの少しも恐れずに勇気と祓いの歌を歌い、しばらく望見し落ち着きはらっていた。すすと、百雷が一時にとどろくようなウーウーウーの唸り声が響き渡り、たちまちに波風は和らいで、あたりを包んでいた魔神の黒雲は薄らいで飛び散り、平静な天地と変わってしまった。朝香比女の神は、ひそかに祈った言霊によって、鋭敏鳴出の神が現れ、その神力によって曲津神たちを追い払ってしまったことを歌った。従者神たちも、この出来事に述懐の歌をそれぞれ歌った。しばらくして舟は、海路に横たわる巨大な巌島に近づいた。よくよく見れば、赤・黒さまざまの大蛇が何匹も巌から首を差し出し、大口から火焔の下を吐いて舟を襲おうとするごとくであった。朝香比女の神はこのありさまに、心穏やかに微笑みながら、この巌島を火の島とするよう、言霊歌を歌った。すると、高く切り立った周囲約三里の巌島は、たちまち一面が火焔に包まれ、海水は熱湯のように煮えたぎり、大蛇は焼かれ傷つき、あるいは雲を起こして鷹巣の山に逃げ去った。従者神たちは、この様子を見て驚き感激し、朝香比女の神の言霊の働きを称える歌を歌った。そして、舟は東南に向けて進んでいった。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月25日(旧11月9日) 口述場所大阪分院蒼雲閣 筆録者森良仁 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年5月5日 愛善世界社版 八幡書店版第14輯 131頁 修補版 校定版387頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7821
本文の文字数5718
本文のヒット件数全 1 件/葦原の国土=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  朝香比女の神は、葦原比女の神一行に常磐の浜辺まで送られ、互に名残りを惜しみつつ、朝日の照らふ万里の海原を順風に乗じ、南へ南へと舟を進ませ給ふ折しもあれ、晴れ渡りたる大空の彼方に屹立したる鷹巣の山の頂より、黒煙濛々と噴火の如くに噴き出して天に冲し、次第々々に膨れ拡ごり、万里の海原さして押し寄せ来る状、もの凄きばかりなりける。黒雲はグロノス、ゴロスの竜蛇神の形を現はし、真つ先に海原さして進み来る如く見えにける。
 朝香比女の神は此光景を打仰ぎながら、
『鷹巣山尾根に黒雲涌き立ちて
  大空高く拡ごれるがに見ゆ

 鷹巣山に立つ黒雲は醜神の
  吾に仇せむ下心かも

 澄みきらふ御空の蒼を醜神の
  醜の黒雲ぬりつぶさむとす

 よしやよし万里の海原包むとも
  吾言霊に伊吹き払はむ

 曲神は棲処焼かれて鷹巣山に
  忍びて雲となりて荒ぶも

 吾舟は魔神の黒雲に包まれて
  行手も見えずなりにけらしな

 主の神の御水火に生れし吾にして
  如何でひるまむ曲津の荒びに

 曲津神荒べば荒べ千万の
  災来るも吾はひるまじ』

 初頭比古の神は此光景を見て御歌詠ませ給ふ。
『グロノスもゴロスも力のありたけを
  尽して御舟にさやらむとすも

 大空の蒼海原をぬりつぶし
  万里の海まで雲に包める

 よしやよし黒雲如何に包むとも
  海原分けていや進み行かむ

 曲神の醜の水火にや海風は
  吹き乱れつつ御舟ゆするも』

 斯く歌ひ給ふ折しも、海上俄に旋風起り、雲は大なる輪を描きて前後左右に舞ひ狂ひ、磐楠舟は荒浪に翻弄され、一進一退如何ともすべからざる羽目に陥りぬ。朝香比女の神は平然として微笑しながら此光景を静に見給ひつつ、心中に深き成算あるものの如くに在し坐しける。
 起立比古の神は咫尺弁ぜぬ暴風の海原を眺めながら、儼然として御歌詠ませ給ふ。
『曲神はあらむ限りの暴力を
  ふるひて御舟を顛覆さむとす

 風も吹け浪も立て立て雲も起きよ
  如何で恐れむ神なる吾は

 面白く風の海原に御舟は
  浮きつ沈みつ上りつ下りつ

 荒浪は鬣振ひ御舟の
  舷きびしく噛みつき来るも

 主の神と朝香の比女に任せたる
  吾身は天に任すのみなる

 グロノスやゴロスも力の種つきて
  やがて亡ばむ思へば悲しも

 葦原の国土永遠に治むべく
  此曲津見を罰めで止まむや』

 立世比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『奴婆玉の闇の海原に荒浪の
  立ちたつ今日の旅は勇まし

 曲津見の荒ぶ限りを荒ばせて
  吾面白く眺めむと思ふ

 荒風の響も高き浪の音も
  何か恐れむ神なる吾は

 グロノスもゴロスもここを玉の緒の
  命かぎりに荒ぶと見えたり

 荒ぶだけ荒ばせ狂はせ疲らせて
  さて其の後に言霊宣らむか』

 天晴比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『久方の天を晴らしの吾なれば
  御空の黒雲直に払はむ

 一二三四五六七八九十
 百千万八千万の
 神よ集まりましまして
 今日の御舟にさやりたる
 醜の黒雲払はせ給へ
 ああ惟神々々
 吾等となふる言霊に
 命あれかし光あれかし』
 朝香比女の神は再び御歌詠ませ給ふ。
『面白き醜の猛びを見るものか
  万里の海原過ぎ行く度に

 曲神もやがて疲れむ斯くの如
  黒雲吐けば力尽きなむ

 黒雲を起し荒風吹かせつつ
  吾旅立を脅かさむとするも

 斯くの如き醜の災何かあらむ
  暫く待ちて吾は罰めむ』

 斯く神々は各自御歌詠ませつつ、闇の海の暴風怒濤に舟を翻弄されながら、神色自若として少しも恐れず、暫しを望見し落着き居給ひける。
 斯かる処へ百雷の一時に轟く如きウーウーウーの唸り声響き渡り、忽ちにして荒風は鉾先を緩め、浪和らぎ渡り、四辺を包みし魔神の黒雲は次第々々に薄らぎつつ四辺に飛び散り、遂には跡形も止めず、浪平かに天津日は晃々と輝き給ふ平静なる天地と変りけるぞ不思議なれ。
 朝香比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『ひそやかにわが祈りたる言霊に
  鋭敏鳴出の神は現れましにけり

 鋭敏鳴出の神の言霊に破られて
  曲津見の奸計は消え失せにけり

 荒風を起し荒浪振はせし
  曲津は亡びむ憐れなるかも

 主の神の厚き守りと鋭敏鳴出の
  神の功に曲津は逃げたり

 黒雲は次第々々に薄らぎて
  其影さへも見えずなりけり

 千重の浪照らして御空ゆ日の神は
  わが行く舟を守らせ給ふ

 曲神は勢強く見ぬれども
  真言の神には脆きものかな

 葦原比女神の神言は曲津見に
  襲はれ給はむ思へば愛しき

 さりながら鋭敏鳴出の神わが魂の
  いつかひあれば国土安からむ

 海原は春の陽気の漂よひて
  水面に跳る魚鱗は光れり』

 初頭比古の神は莞爾として御歌詠ませ給ふ。
『神々の稜威の守りに曲津見は
  見るも哀れに亡び失せける

 葦原の鷹巣の山の谷深く
  潜める曲の悪戯可笑しも

 黒雲の形はさながらグロノスと
  ゴロスの走る姿なりける

 斯の如御空は晴れて浪凪ぎて
  公の御舟の安さ嬉しさ

 目路遠く水の面に浮ぶ島影は
  しかと見えねど巌山なるらし

 主の神と鋭敏鳴出の神わが公の
  御稜威に安き磐楠舟かも』

 起立比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『面白き曲津の芝居の一幕を
  今日の浪路の旅に見しかな

 一時は如何ならむかと村肝の
  吾は心を悩ませにける

 強き言言ひつつありしが村肝の
  心の奥は慄ひ居たりき

 鋭敏鳴出の神の言霊なかりせば
  未だ黒雲はさやり居にけむ

 上下に公の召します御舟を
  翻弄したる曲浪凪ぎしよ

 斯くならば最早安けし西方の
  曲津の国土にひたに進まむ』

 立世比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『朝香比女神は驚きましまさず
  微笑みいませし雄々しさ健気さ

 海原を闇に包みて御舟を
  浪に弄りし曲津見の悪戯よ

 如何ならむ曲津の災重ぬとも
  神の御稜威にひたに進まむ

 鷹巣山に忍びてグロノス、ゴロスの曲津は
  黒雲となりて御舟艱めぬ』

 天晴比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『久方の天晴れ渡り月も日も
  水面に浮びて湯気立つ海なり

 御舟は吹く春風にすくすくと
  進みましけり万里の海原を

 朝香比女神に仕へて種々の
  曲津の悪戯面白く見し

 闇の海に荒風も浪も駿馬は
  恐れず静かに嘶きて居し

 吾は今無心の駒の幸はひを
  つくづく覚りぬ荒浪の海に

 幾度も御舟あやふき浪の上を
  無心の駒は嘶き歓ぎつ

 海路走るその苦しさに引替へて
  駒は御舟を喜びけるにや

 漸くに島影近くなりにけり
  魔神よ永遠に潜めるらしも』

 舟は漸くにして海路に横はる巨大なる巌島に近づきぬ。よくよく見れば、赤黒さまざまの大蛇幾筋となく巌より首をさし出で、長大なる身体をうねらせながら、大口を開き火焔の舌を吐き、御舟に向つて襲はむとする勢を全力を尽し見せ居たりければ、朝香比女の神はこの状を御覧して、心穏ひに微笑みつつ御歌詠ませ給ふ。
『此処も亦魔神の巣ぐふ巌島の
  醜の大蛇はさやらむとすも

 醜神は如何にさやぐも猛ぶとも
  神なる吾は恐るべきやも

 曲神を言向けまたは罰めつつ
  神のまにまに進む吾なり

 千丈の巌の上より長々と
  大口開けて大蛇は火を吹けり

 千百の大蛇が一度に吐き出す
  炎は青く真火にはあらず

 吾伊行く道にさやらむ曲津見は
  生言霊に放りて行かむ

 草木一つ無き巌山に真火を避けて
  ここを先途と曲津見潜める

 さりながら生言霊の御功に
  この巌山を火の島とせむ。

 いろはにほへとちりぬるを
 わかよたれそつねならむ
 うゐのおくやまけふこえて
 あさきゆめみしゑひもせす
 きやうの浪路の旅立ちに
 さやらむ曲津は悉く
 生言霊の御功に
 伊吹き払ひて追ひそけつ
 神の依さしの神業に
 仕へ奉らむ惟神
 神の御前に生言霊を
 捧げて祈り奉る
 もしも曲神吾言霊に
 従はずしてさやりなば
 この巌島は悉く
 真火を起して灼熱の
 炎に残らず焼き尽し
 曲津の在処を絶すべし
 カコクケキ
 カの言霊に真火出でて
 さしもに堅き巌山も
 火の海とならむ惟神
 曲津見心を改めて
 弥永久に此島の
 守りの神となれよかし
 ああ惟神々々
 生言霊に光あれ
 吾言霊に命あれよ。
 海中に聳り立ちたる巌島に
  潜む大蛇を焼きて進まむ

 巌島はカの言霊の輝きに
  残らず火となれ炎となれよ』

 斯く歌ひ給ふや、千尋の海底より御空に高く屹立したる周囲約三里の巌島も、忽ち一面に火焔に包まれ、海水は熱湯の如く煮えくり返り、湯気と煙は四辺を包みて其壮観譬ふるに物なく、大蛇は或は焼かれ或は傷き或は命からがら雲を吐き出し、辛うじて是に乗じ、鷹巣の山の空を指して逃げ行きにける。巌島は瞬く間に根底より焼き尽され、海水は熱湯の如く沸騰し湯気立ち昇りぬ。此光景を見て初頭比古の神は感激に堪へず、御歌詠ませ給ふ。
『今更に吾驚きぬ御樋代神の
  生言霊に島は滅びぬ

 八千尋の底の巌根も火となりて
  焼滅しにけり公の御稜威に

 いつまでもグロノス、ゴロスの執拗さ
  思へば吾は憐れを催す

 永遠に動かぬ巌根も吾公の
  生言霊にかなはざりしよ

 巌ケ根は残らず火となり湯気となり
  煙となりし時の見事さ

 面白き公の神業伏し拝み
  この天地の不思議を悟りぬ

 吾公の功績見れば初頭比古
  吾は小さき神にぞありける

 曲津見は巌の山と変じつつ
  公の海路の旅にさやりし

 心地よく曲の化身の巌島は
  生言霊に滅びぬるかな

 カコクケキ生言霊の幸はひに
  堅磐常磐の巌も焼けたり』

 起立比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『尊さに吾は言葉も口籠り
  あきれ慄くばかりなりけり

 今更に生言霊の尊さを
  思ひけるかな海路の旅に

 炎々と巌島焼ゆる状見つつ
  今更の如驚き止まずも

 巌の上に千万の大蛇垂れかかり
  大口開けて炎を吐きける

 斯の如き曲津の猛びも平然と
  公は微笑み御覧しける

 曲津見は四度破れて同輩を
  数多失ひ逃げ去りにける

 いや広に神の御稜威の幸はひて
  この天地は拓け行くらむ』

 立世比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『今更に朝香の比女の吾公の
  いみじき功を驚きにけり

 斯の如光と功の吾公に
  仕へて進まむ思へば嬉しき

 心弱き女神の吾も魂太り
  いみじき力を賜はりにける』

 天晴比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『跡形もなく滅びたる曲津見の
  化身の巌の跡に湯気立つ

 曲津見は万里の海原に浪を立て
  雲を起して雄猛びにける

 曲津見の雄猛び煙となりにけり
  御樋代神の生言霊に

 浪路はるけき万里の海原安々と
  公に仕へて渡らふ楽しさ

 カコクケキ生言霊の御光は
  千引の巌ケ根さへも焼きたり

 巌島の燃ゆる火影はあかあかと
  海底までも輝きしはや』

 斯く各自御歌詠ませつつ、順風に乗り舟の舳を東南に向け進ませ給ふ。
(昭和八・一二・二五 旧一一・九 於大阪分院蒼雲閣 森良仁謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki