王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第81巻 天祥地瑞 申の巻
文献名2第2篇 イドムの嵐よみ(新仮名遣い)いどむのあらし
文献名3第9章 維新の叫び〔2036〕よみ(新仮名遣い)いしんのさけび
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ真珠湖攻めの大敗により、女王・左守らの首脳をはじめ、精鋭の騎士たちをすっかり失ってしまったサール軍には動揺が広がっていた。力によってイドム国王を追い払い、国を奪って暴政を敷いた天罰は、やはり恐ろしいものであった。残された重臣の軍師エーマンは、女王やチクターらの遺体を篤く葬り、十日間の喪に服しつつ述懐の歌を歌っていた。驕り高ぶりを悔い、サール国に追いやった右守ナーリスの言に従っていたら、と後悔の歌を歌っていた。エーマンはただ一人で、イドム国に駐屯するサール軍の統制をはからざるを得ないことになってしまったのである。一方、サール軍の暴政に苦しんでいたイドム国民の中には、あちこちに愛国の志士が奮起し、この機に乗じて城を奪い返し、イドム王を再び迎え入れて国を再興しようとの活動が活発になってきた。中でも愛国派の大頭目、マークとラートは国の至るところに立ち現れ、馬上から国津神たちに奮起を呼びかけた。群集はほら貝を吹き、鳴子を打ち鳴らし、あちこちに示威運動が起こってきた。マークとラートはついにイドム城外の広場に群集を集結し、馬上から維新の歌を高々に歌い始めた。そして、今こそ城に攻め寄せイドム国を再興せよ、と呼びかけた。群集はいっせいにイドム城に攻め寄せると、軍師エーマンはこの様を見て慌てふためき、水乃川に身を投げて自ら命を絶ってしまった。
主な人物 舞台 口述日1934(昭和9)年08月05日(旧06月25日) 口述場所伊豆別院 筆録者内崎照代 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年12月30日 愛善世界社版 八幡書店版第14輯 472頁 修補版 校定版186頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm8109
本文の文字数4058
本文のヒット件数全 5 件/イドムの国=5
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  伊佐子の島の北半を  暴力もちて治めたる
 サールの国の国王は  大栄山をのり越えて
 数多の兵士引率し  地上の楽土と聞えたる
 イドムの城に攻め寄せて  国王其の他を追ひ散らし
 鳥なき里の蝙蝠と  羽振りをきかし居たりしが
 天は何時まで暴虐の  エールス王を許すべき
 忽ちわが身の膝下より  火焔の炎は湧き立ちて
 流れも清き水乃川  岸辺に壁立つ巌の上
 心許せしその妻に  きびしき酒を進められ
 歩みもならぬたまゆらを  妻の命に背を押され
 ザンブとばかり水中の  泡と消えたるあさましさ
 ここに王妃のサツクスは  左守の神のチクターと
 人目をさけて忍び会ひ  恋の勝利を誇りしが
 なほあき足らず真珠湖の  人魚をとらむと思ひ立ち
 数百のナイトを引き具して  真珠の湖に押し寄せつ
 旗鼓堂々と迫りしが  人魚の酋長の計略に
 かかりて脆くも失せにける  サツクス姫を始めとし
 左守のチクター言ふも更  幾百のナイトは悉く
 真珠の湖の魚族の  餌食となりしぞあさましき
 ここにイドムの王城は  肝心要の司をば
 失ひ忽ち常闇の  さまを詳にあらはせり
 百の司は驚きて  周章てふためき右左
 騒ぎまはれど何とせむ  国の柱を失ひし
 イドムの国の騒擾は  目も当てられぬばかりなり
 ここに軍師のエーマンは  数多のナイトを引率し
 イドムの城に陣取りて  国の騒ぎを鎮めむと
 計画をさをさ怠らず  朝夕に肝向ふ
 心を痛めゐたりける  ああ惟神々々
 神の天罰恐ろしき。
 エーマンは、サツクス姫及びチクター等の死体を篤く葬り、十日間の喪に服しつつ述懐を歌ふ。
『さびしさの限りなるかもわが国は
  国の柱を失ひにけり

 天地の神の怒りに触れにけむ
  かかる歎きは世にためしなき

 イドム城アヅミ、ムラジを退けし
  罪の酬いと思へば恐ろし

 常世ゆく闇につつまるイドム城は
  何処にゆくか心もとなや

 われは今軍の司となりながら
  治むる由も白浪の月よ

 大空に無心の月は輝きつ
  われ等が歎きを笑ふがに見ゆ

 水乃川流るる月もかすみたり
  わが目の涙雨と降れれば

 如何にしてイドムの城は保たむと
  月に祈れど月は答へず

 山川も色あせにけりわが胸の
  闇の帳は晴れやらずして

 国民を苦しめ奢り驕りし
  王の行末おもへばおそろし

 サツクスの女王の行ひ日に月に
  いや荒みつつ亡び給へり

 チクターの卑しき心にさそはれて
  あはれ女王は身罷り給へり

 エールスの王の最後のいぶかしさ
  わが魂の雲はまだはれず

 武力もて人の国をば奪ひたる
  報いなるらむ今日の歎きは

 山も川も草木も一度に声あげて
  傾く国をなげくがに見ゆ

 見るものも聞くものもみな涙なり
  われ如何にしてこの世を活かさむ

 力ともたのみし右守のナーリスは
  遠くサールにかへされて居り

 せめて今ナーリス右守のあるなれば
  かほど心を砕かざるべし

 語らはむ友さへもなき今日の日を
  われは淋しく泣くばかりなり

 三千の兵士あれど王のなき
  イドムの国は統制とれずも

 彼方此方に軍人等の集まりて
  よからぬ事を企図めりと聞く

 軍人一つになりて攻め来なば
  イドムの城は忽ち滅びむ

 如何にしてこの世の乱れを断たむかと
  思へば心は闇につつまる

 今となりてアヅミ、ムラジを退けし
  エールス王の仕業を惜しむ

 勢の強きにまかせエールス王は
  イドムの城を奪ひとりける

 われもまたエールス王に従ひて
  軍進めし罪人なるよ

 この城に朝夕仕ふる司等の
  心は千々に乱れゐるらし

 何処までも御国のためにつくさむと
  思ふ真人のなきは淋しき

 かりごもの乱れたる世を治めむと
  思ふも詮なし力なき吾に

 三千の軍人等はまちまちに
  事計りつつ従ひ来らず

 今の間にイドムの城を遁れ出で
  元津御国にかへらまほしけれ』

 イドム城内は、エールス王始めサツクス姫並びにチクターその他重臣等の一時に帰幽せしより、恰も火の消えたる如く寂然として声なく、軍師エーマン一人生き残りて国の再興を計らむと昼夜心魂を砕きゐたりける。
 話変りて国津神の諸々は、エールス王の暴政に苦しみ、怨嗟の声は国内に充ち満ちたりけるが、王以下の帰幽を知るや、町々村々より愛国の志士奮起し、到る処に維新の声潮の寄する如く湧き立ちにける。中にも愛国派の大頭目マークとラートの両雄は、時こそ到れりと、都鄙到る処に立ち現はれ、馬上より国津神の奮起を大声叱呼しつつ促しにける。
 群衆は法螺貝を吹き、磬盤を打ち、太鼓を鳴らし、到る処に示威運動起り、山岳も為に崩るるばかり騒がしき光景を現出したりける。マークはイドム城外の広場に群衆を集めて、馬上に突立ちながら、声高々と維新の歌をうたふ。
イドムの国の国人よ
 奮ひ立つべき秋は来ぬ
 天地は暗く日月の
 光は地中に没したり
 アヅミ、ムラジの王をば
 奪はれながら敵王に
 従ひ来りし天罰は
 報い来りてわれわれは
 塗炭の苦しみ味はへり
 斯くなる上は吾々は
 飢ゑて死するの外はなし
 わが国民よ兄弟よ
 イドムの国は汝等が
 祖先の神より受け継ぎし
 生命を助くる楽土ぞや
 この美しきよき国を
 サールの国のエールスに
 奪はれ吾等は日に夜に
 妻子を奪はれ家倉を
 焼かれて苦しみ居たりけり
 奮ひ起て起て今や秋
 祖国を守り永遠の
 国の平和を計れかし
 われ等はこれより王城に
 轡並べて進むべし
 汝等ためらふことなかれ
 イドムの国を永遠に
 守るは汝等がためなるぞ
 進めよ進めよいざ進め
 国の平和の来るまで
 悪魔のあとの絶ゆるまで』
 ラートは歌ふ。
『ああ国人よ国人よ
 われ等が起たむ秋は来ぬ
 汝が生命を永遠に
 託して楽しむわが国は
 サールの国に奪はれて
 悲しき憂目をみたりけり
 天は必ず暴虐に
 くみし給はず無道なる
 エールス王の生命とり
 つづいてサツクス、チクターや
 その他の曲津を滅ぼして
 禊を始め給ひけり
 汝等国民諸々よ
 日頃の恨み晴らすべき
 秋は来れり国民の
 生命を守り永遠の
 平和を来す秋は今
 勇めよ勇めよ奮ひ立て
 われは神の子神の宮
 進む勇気のあるならば
 決して戦に負けはせじ
 軍師のエーマン只一人
 イドムの城に頑張りて
 われ等国民を
 苦しめ悩めむ謀
 企図み居るを知らざるか
 今この秋ぞこの秋ぞ
 エーマン軍師を滅ぼして
 国の光を輝かし
 元の昔の天国に
 かへすは汝等が責任ぞ
 ああ惟神々々
 正義に刃向ふ刃なし
 われ等は神の守りあり
 汝等も神の子神の宮
 決してためらふことなかれ
 進めよ進めよいざ進め
 国の平和を来すまで
 維新の大望遂ぐるまで
 悪魔のエーマン亡ぶまで
 この大敵の亡ぶまで
 ひるまずたゆまず進めかし
 マーク、ラートは先頭に
 立ちてすくすく進むべし
 従ひ来れ国民よ
 汝等が生命を守るべく
 汝等が仇を酬ゆべく
 イドムの城に攻め寄せよ』
 斯くて群衆は大挙して、イドム城に一斉に攻め寄せければ、軍師のエーマンは、この光景を見るより驚きあわてふためきて、高殿より身を躍らせ、水乃川の激流に飛び込み、あと白浪と消えにける。
 国民を虐げ驕りしエールスの
  一族ことごと鬼となりけり

 チクターは女王に悪事を勧めつつ
  神の怒りに滅ぼされける

 アヅミ王を追ひ退けし後釜に
  据りしエールス夢なりにけり

 エールスの栄華もわづか一年の
  夢なりにけり浅ましの世や

 国民はここぞとばかり奮ひ立ち
  イドムの城に攻め寄せにけり。

(昭和九・八・五 旧六・二五 於伊豆別院 内崎照代謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki