王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 入蒙記 山河草木 特別篇
文献名2第4篇 神軍躍動よみ(新仮名遣い)しんぐんやくどう
文献名3第25章 風雨叱咤よみ(新仮名遣い)ふううしった
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-07-21 17:11:34
あらすじ五月二十一日、盧占魁が幹部・参謀を引き連れて日出雄を訪問に来た。佐々木を介して盧が日出雄に懇願するには、だんだん蒙古兵も集まってきたので、救世主来迎のうわさを確実なものとするため、風雨を呼び起こして彼らの肝玉を奪ってもらいたい、とのことであった。日出雄は、用もないのに勝手に風雨を起こして神界の規則に触れることを心配したが、真澄別が大事のためなら、自分が身代わりとなって行ってみたい、と申し出たので、許可した。盧占魁は、実はすでに奇跡を起こすと部隊に布告してしまっていた、と明かし、日出雄が了承してくれたことを喜んだ。日出雄はトール河畔に自ら聖域を卜し、真澄別の修業を指導した。五月二十三日、朝日は麗しい光を地上に投げ、青空には一点の雲もなかった。午前八時ごろに魏副官が日出雄一行を迎えに馬車でやってきた。日出雄に従って同行するはずだった温長興はにわかに頭痛が激しくなったため、車に乗せて下木局子へと向かった。下木局子では、盧占魁の部隊が日出雄一行を待っていたが、このような蒙古晴れの空から雨を降らすなどは到底無理だろう、などと噂をしながら待機していた。日出雄一行が下木局子に来着すると、小憩の後、日出雄の目配せを合図に真澄別が何事か黙祷するやいなや、たちまち司令部の上天は薄暗くなり、またたくまに全天雨雲に覆われ、一陣の怪風吹くとともに、激しい暴風雨が来襲した。一同は驚きあわて、みなあっけに取られて言葉もなかった。しばらくして、今日は写真は駄目でしょう、という失望の声が聞こえてきた。真澄別は日出雄に、五分も経てば大丈夫、と言った。日出雄はやおら身を起こして雨中に降り立ち、点に向かって「ウー」と大喝した。すると風勢は衰え、雨は次第に小降りとなり、真澄別の宣言のごとく、暴風雨は消え去って空は元のごとく晴朗に澄み切った。盧占魁は人々の間を立ち回り、自分の宣伝が誇大ではなかったことを誇って回った。ここで幹部一同記念撮影をなし、卓を囲んで会食をしたときに、真澄別は温長興を指して、実は大先生(日出雄)が今日の役目を承った竜神を、温さんに懸けておいたので、温さんは朝から頭痛がしていたのだ、と説明すれば、一同はただ感嘆の言葉を漏らすほかはなかった。夕方日の没するころに、再び天候が変わって雨模様となってきた。盧占魁らは今日はここに泊まっては、と言ったが、日出雄は自分の旅立ちに雨は止むでしょう、と微笑しつつ帰って行った。果たして、帰途には雨は降らず、日出雄が帰着と同時に強雨が降り注ぎ、地上の塵を一時に流し去るほどであった。
主な人物【セ】源日出雄、大倉、真澄別、盧占魁【場】-【名】温長興、貝勒貝子、劉陞三、佐々木、魏副官 舞台 口述日1925(大正14)年08月 口述場所 筆録者 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年2月14日 愛善世界社版228頁 八幡書店版第14輯 630頁 修補版 校定版231頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rmnm25
本文のヒット件数全 2 件/兇党界=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  五月二十一日(陰暦四月十八日)上木局収の仮殿に、日出雄は真澄別等と西漸の時機に就て種々協議を凝してゐた。折柄護衛の温長興は、夥しき馬隊並に轎車が砂塵を蹴立てて、此方へ向つて来る事を報じた。それは盧司令が蒙古の貝勒貝子、劉陞三、佐々木、大倉、其他幹部参謀連を引具し、日出雄訪問の為に来たのであつた。
 盧は佐々木を介して日出雄に請ふやう『だんだん蒙古兵も集まつて来るし、救世主来降の噂が益々盛に宣伝せられつつある際なれば、此際彼等の肝玉を奪ふ為、風雨を喚び起して貰ひたい』といふのである。
日出雄『私に風雨雷霆を叱咤し得る自信は経験上から言つてもありますが、併しそれは神界から見て真実必要と認むる場合以外には用ゆる事は出来ない事になつてゐます。必要のない……言はば奇術かなぞの様に濫用するのは兇党界に属する仕事であるので、一寸困るなア』
大倉『併し先生、皆が渇望してゐるし、蒙古人等が更に信仰の度を高める材料になるのですから、神界から見て必要な場合と認めてやつて頂く訳にはいかぬでせうか』
日出雄『困るなア、鎮魂で各自相応の霊界でも見せてやればそれで可いぢやないか』
大倉『併し部分的でなく、大勢一緒に見られる様な不思議を、一つ現はして頂きたいものですなア。司令も熱心にあゝ云ふてゐるのですから……』
日出雄『キリストですら、奇蹟を請はれて怒つたではないか……』
真澄別『奇蹟を見ずして神を信ずる者は幸なり……といふ神言もありますけれど、現今で言はば、朦昧の人々の間に出かけて来てるのですから、何とか工夫せねばなるまいと思ひます。私は永久兇党界へ堕落しても、それがお道の為になるなら構ひませぬから、先生さへ御許し下されば、私をお使ひ下さつて彼等の肝玉を挫いでおくのも満更無駄ではありますまい。奇蹟を見たがる者は強ち蒙古人許りぢやありますまいから……』
 日出雄は少時沈思黙考して、
『では、潔斎修行して見るが可い、真澄別が行る事になれば構はぬだらう』
 盧占魁は、
『実は全隊へ布告して、一同一週間の精進を命じ置き、此二十三日を以て終ります。其日には先生が奇蹟を見せて下さると申渡して了つたのです。何れ更めてお迎へに参りますから、是非御願ひ致します。序に記念の撮影も致したう御座いますから』
との意を述べて、雑談の後嬉々として一同駒の足並も勇ましく、下木局子の司令部指して帰り行く。
 日出雄は止むを得ず、真澄別をして其衝に当らしむべく、洮児河畔に聖域を卜し、自らも出張して真澄別の修業を指導した。
 五月二十三日(陰暦四月二十日)朝暾殊の外麗はしき光を地上に投げ、蒼空一点の雲翳なく、樹々に飛交ふ鳥の声は恰も天国の春を歌ふが如く、庭前に休らふ馬の嘶きも一層勇ましさを加へて聞え来る。午前八時頃魏副官は日出雄、真澄別を迎ふべく馬車を急がしてやつて来た。折しも日出雄に扈従すべく準備せし温長興は、俄に頭痛烈しく、乗馬に堪へずと愬ふ。日出雄は思ふ所ありと見え、温長興を轎車に乗らしめ、自らは真澄別其他の護衛兵と共に馬に鞭ち、法衣を風に靡かせつつ下木局子に向ひ、仮殿を出発した。一方下木局子の西北自治軍司令部にては、各分営の団長以下悉く来集し、『斯くの如き蒙古晴の空より雨を降らすなど、幾ら神様でも嘸困難であらう』などと、とりどりに噂をし乍ら、日出雄一行の来着を待ち兼ねて居た。時しもあれ、魏副官の先導にて日出雄の一行は総員整列出迎への中を堂々と乗込んで来た。少憩の後、日出雄の目配せを合図に、真澄別が何事か黙祷すると見るや、司令部の上天俄に薄暗くなり、瞬く間に全天雨雲に蔽われ一陣の怪風吹き来ると共に、激しき暴風雨窓を破らむず計りに襲来して来た。一同驚きあわて、窓を閉めるやら、記念撮影の為とて庭に列べてあつた椅子を持込むやら混雑一方ならず、皆々呆気に取られて、暫し言葉もなかつたのである。稍あつて『大先生、二先生、今日は写真は駄目でせう』と、さも失望らしい声が聞える。真澄別は日出雄の顔を見て『ナアニ五分間経てば大丈夫だ』と云へば、日出雄はやおら身を起して雨中に降り立ち、天に向つて『ウー』と大喝すれば、風勢頓に衰へ雨は漸次小降りとなり、果して向ふ五分間てふ真澄別の宣言に違はず、如何に成り行くかと案ぜられし暴風雨は、夢の如く消え去り、再び日は赫々と輝きわたり、空は元の如く晴朗に澄み切つたのである。盧占魁は嬉しさの余り、驚嘆自失せる人々の間を立廻り、自己の宣伝の誇大にも虚偽にもあらざるを誇つたといふも真に無理ならぬ事である。
 茲で各営の幹部一同芽出度撮影の後、卓を囲んで会食し、談は徹頭徹尾此日の奇蹟に関する驚嘆と讃美に終始し、真澄別は、此時已に朝来の頭痛は忘れた様に平癒しニコニコして何くれとなく斡旋の労を執りつつありし温長興を指し、『実は今朝出発の際大先生が今日の役目を承るべき竜神を、温さんに取り懸けられたので、それで温さんは頭が痛かつたのですよ。つまりあの轎車に竜神が乗つて来たのです』と云へば、科学万能かぶれの人も、虚妄と感ずる余裕もなく思はず感嘆の詞を漏らす外はなかつたのである。
 日は漸く西天に傾き、日出雄等の辞し去らむとする頃は天候変りて又もや雨模様となり、今にも空は綻び相に見えて居た。盧占魁等は『今晩は此処にお泊りになつては如何です。強つてお帰りなさるなら、こんな空模様ですから、雨具を差上げませう』といふのを、日出雄は『ナアニ俺が旅立ちすれば降つてゐる雨も歇むのだ』と微笑し乍ら、上木局子の仮殿指して帰り行く。果して日出雄一行の帰着迄は雨の神様も遠慮されたのか、其帰着と同時に沛然として、地上の塵を一時に流し去るかの如く強雨が降り注いだのである。
(大正一四・八 筆録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki