王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献名1霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻
文献名2前付
文献名3総説歌
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ世は常闇となり果て、天岩戸を開くよしもない状態である。
九月十八日より述べ始めた霊界物語は、三つの御魂にちなんだ三筋の糸に引かれて、二度目の天の岩戸を開く、めでたい神嘉言である。
常世の国の自在天は、三つ葉葵の紋章を高く掲げている。
思想の洪水は氾濫して、ヒマラヤ山をも浸すほどであるが、この混乱が収まる兆しはまだ見えない。
妖邪の気は満ち満ちて、人の心は腐り果てている。この惨状を救う神はいったいどこにいるのだろうか。
三五教の御教えこそが、この世の光明であり、とどめ(艮)の教えなのである。
キリスト、マルクス、釈迦、竜樹、アインシュタインらが世界の実相を説き明かしてきたと言うが、果たしてそれは真理の究明であったであろうか。
宗教学者が主張する死した神仏を葬って、最後の光が墓を蹴り倒す。そうしてよみがえらすのは、五六七神(みろく神)である。
そこに胎蔵されているのは、根本的な改造の大光明である。仏者の言う、尽十方無碍光如来(あらゆる方向に向かって何物にも妨げられない光を発する如来、阿弥陀如来)とはこれである。釈迦に悟りを開かしめた暁の太白星も、東方の博士をキリスト生誕の馬小屋に導いた怪星も、否定の闇を打ち破る大統一の太陽も、捨身供養の炎も、みなすべて五六七(みろく)の顕現なのである。
精神上の迷信に根ざす宗教はもちろん、物質上の迷信に根ざす科学をも焼き尽くして、迷える魂を導いて神国に復す導火線にしようと、密かにただ一人自負を抱き、二人の吾が真の知己のために注ぐ熱血なのか、自暴自爆の懺悔の火なのか、自分ではわからないが、神のまにまに述べ伝う第十巻である。
本巻は、三個の桃の実と現れた松・竹・梅の三姉妹の、獅子奮迅の大活動を後の世に残す物語である。三姉妹の活動が八洲の国の礎を築いたごとく、この物語が、多くの人を大神の誠の道に導き、雄雄しい魂となさしめ給いますように。
黄泉比良坂の大峠の物語は、今も昔も同じことである。三つの神魂に習い、桃の花・桃の実となって御国のために尽くすべきである。
神は汝とともにある。仁慈深い大神の御手に引かれてやってきた曲神たちを、誠の教えの剣、善言美詞に打ち払い、自身の身そのまま神となって、皇御国のために力限りに尽くせ。
神を離れて神に就き、道を離れて道に就く。三五教の月の心を心として尽くす真人こそ、頼もしい限りである。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月27日(旧02月01日) 口述場所 筆録者王仁 校正日 校正場所
OBC rm100003
本文の文字数1592
本文のヒット件数全 1 件/竜宮館=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  世は常暗となり果てて  再び天の岩屋戸を
 開く由なき今の世は  心も天の手力男
 神の御出まし松虫の  鳴く音も細き秋の空
 世の憂事を菊月の  十まり八つの朝より
 述べ始めたる霊界の  奇しき神代の物語
 三つの御魂に因みたる  三筋の糸に曳かれつつ
 二度目の岩戸を開き行く  一度に開く木の花の
 色香目出たき神嘉言  常世の国の自在天
 高く輝く城頭の  三ツ葉葵の紋所
 科戸の風に吹きなびき  思想の洪水氾濫し
 ヒマラヤ山頂浸せども  明の烏はまだ啼かず
 長鳴鳥も現はれず  橄欖山の嫩葉をば
 啣みし鳩の影もなし  天地曇りて混沌と
 妖邪の空気充ち充ちて  人の心は腐りはて
 高天原に現はれし  ノアの方舟尋ね佗び
 百の神人泣きさけぶ  阿鼻叫喚の惨状を
 救ひ助くる手力男の  神は何れにましますぞ
 天の宇受売の俳優の  歌舞音曲は開けども
 五つ伴緒はいつの日か  現はれ給ふことぞかし
 つらつら思ひめぐらせば  天の手力男坐しませど
 手を下すべき余地もなく  鈿目舞曲を奏しつつ
 独り狂へる悲惨さよ  三五教の御諭しは
 最後の光明艮めなり  ナザレの聖者キリストは
 神を楯としパンを説き  マルクス麺麭もて神を説く
 月照彦の霊の裔  印度の釈迦の方便は
 其侭真如実相か  般若心経を宗とする
 竜樹菩薩の空々は  これまた真理か実相か
 物理に根ざせる哲学者  アインスタインの唱へたる
 相対性の原理説は  絶対真理の究明か
 宗教学者の主張せる  死神死仏を葬りて
 最後の光は墓を蹴り  蘇へらすは五六七神
 胎蔵されし天地の  根本改造の大光明
 尽十方無碍光如来なり  菩提樹の下聖者をば
 起たしめたるは暁の  天明閃く太白星
 東の方の博士をば  馬槽に導く怪星も
 否定の闇を打破る  大統一の太陽も
 舎身供養の炎まで  残らず五六七の顕現ぞ
 精神上の迷信に  根ざす宗教は云ふも更
 物質的の迷信に  根ざせる科学を焼き尽し
 迷へる魂を神国に  復し助くる導火線と
 秘かに密かに唯一人  二人の真の吾知己に
 注がむ為の熱血か  自暴自爆の懺悔火か
 吾は知らずに惟神  神のまにまに述べ伝ふ
 心も十の物語  はつはつ爰に口車
 坂の麓にとどめおく  あゝ惟神々々
 御霊幸はへましませよ。
    ○
 三箇の桃と現はれし  松、竹、梅の姉妹が
 獅子奮迅の大活動  智仁勇をば万世に
 残す尊き言の葉の  いや永久に茂りつつ
 八洲の国の礎を  造り固めしその如く
 数多の人を大神の  誠の道に誘ひて
 雄々しき魂となさしめよ  黄泉比良坂大峠
 昔も今も同じこと  三つの御魂に神習ひ
 三月三日の桃の花  五月五日の桃の実と
 なりて御国に尽せかし  神は汝と倶にあり
 御仁慈深き大神の  御手に曳かれて黄泉国
 うとび来らむ曲神を  誠の教の剣もて
 善言美辞に打払ひ  その身その侭神となり
 皇御国の御為に  力限りに尽せよや
 神を離れて神に就き  道に離れて道守る
 誠一つの三五教の  月の心を心とし
 尽す真人ぞ頼母しき  あゝ惟神々々
 御霊の幸を賜へかし。
  大正十一年二月廿七日 旧二月一日
      於竜宮館 王仁識
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki