王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献名1霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻
文献名2前付
文献名3総説歌
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ三月三日の弥生の春も夢と過ぎ、奥の一間に王仁始め、三男一女の筆将は、共に神助を蒙りながら、五つの身魂は睦まじく、五六七の神の永久に尽きない物語。
八千代の君の瑞光を心の空に輝かして現れた瑞月が、卯月の六日より数えて三日の光陰を、神のまにまに述べ伝える。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年05月14日(旧04月18日) 口述場所錦水亭 筆録者 校正日 校正場所
OBC rm200003
本文の文字数336
本文のヒット件数全 1 件/教祖=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  待ちに待ちたる三月三日  弥生の春も夢と過ぎ
 若葉の色も濃厚に  彩る初夏の風清き
 松雲閣や教祖殿  奥の一間に王仁始め
 三男一女の筆将は  共に神助を蒙りつ
 五つの身魂睦まじく  五六七の神の永久に
 尽せぬ長き物語  西と東に立別れ
 錦の機のおりおりに  瑞雲たなびく大御空
 八千代の君が瑞光を  心の空に輝かし
 現はれ出口の瑞月が  卯月の中の六日より
 数へて三日の光陰を  呑んで吐き出す言糸の
 粗製濫造の譏り走りも  元より覚悟の夢物語
 神のまにまに伝へ侍りぬ。
   大正十一年旧四月十八日 於錦水亭 王仁
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2017 Iizuka Hiroaki