王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
表示がおかしくなる場合は、ブラウザのキャッシュやクッキーを削除してみて下さい。

文献名1霊界物語 第37巻 舎身活躍 子の巻
文献名2前付
文献名3
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ霊界物語も凡百の艱難を排し、ようやく第三十六巻まで完結を告げた。四百時詰め原稿用紙四万五千枚、着手日数は百八十日におよんだ。
しかしながら過去・現代・未来における顕・神・幽三界の際限なき物語であれば、とうてい三輯や四輯で大要を述べ尽くすことはできない。
神命によれば、三十六巻を一集としてもこれを四十八集を口述しなくては徹底的に解くことはできないとの話である。そこで神界をお願いして十輯・百二十巻くらいで神示の大要を口述したい。
ついては、瑞月王仁が霊界に仕えた経路をあらかじめ述べておく必要があるとみとめ、第四輯『舎身活躍』の初めにおいて穴太の幽祭修行の状況や、綾部に来たって出口教祖に面会し神業に奉仕した次第を述べて、読者の参考に供することにした。
『舎身活躍』は『海洋万里』の継続的物語である。神素盞嗚尊は数多の神人を教養し、これを宣伝使として四方の国々に遣わして八岐大蛇や邪神悪狐の霊魂を言向け和した。
そして出雲の日の側上において村雲の剣を得て天照大御神に奉り、五六七神政の基礎を築き固め、天下万民の災害を除いて救世の大道を樹立したもうた長大な物語である。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年10月08日(旧08月18日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm370001
本文の文字数697
本文のヒット件数全 1 件/教祖=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  霊界物語も凡百の艱難を排除し、漸く三十六巻、原稿用紙百字詰四万五千枚、着手日数百八十日にて完結を告げました。併し乍ら過去、現代、未来に於ける顕、神、幽三界の際限無き物語なれば、到底三輯や四輯にてその大要を述べ尽す事は最も至難事であります。神命に依れば、四万五千枚の原稿即ち四百五十万言の三十六巻を一集(実は三輯)としても、優に之を四十八集口述せなくては、徹底的に解く事は出来ないとの話であります。さうすれば三百六十字詰四百頁を一巻として一千七百二十八巻を要し、瑞月が記録破りの大速力を以て、一年に三輯づつ口述するも、今後四十八年を要する訳になります。実に某新聞紙の評する如く阿房陀羅に長い物語でありますから、神界へ御願致して可成十輯位にし百二十巻位にて神示の大要を口述して見たいと思ひます。就ては瑞月王仁が霊界に仕へたる経路をも予め述べて置く必要ありと認め、第四輯『舎身活躍』の初に於て、『霊主体従』第一巻(第一篇)に漏れたる穴太に於ける幽斎修行の状況や、綾部に来つて出口教祖に面会し神業に奉仕したる次第をも、略述べて読者の参考に供する事と致しました。又この『舎身活躍』は『海洋万里』の継続的物語で、神素盞嗚尊が数多の神人を教養し、之を宣伝使として、四方の国々嶋々に遣はし、八岐大蛇や邪神悪狐の霊魂を言向和し、終に出雲の日の側上に於て、村雲の剣を得て天照大御神に奉り、五六七神政の基礎を築き固め、天下万民の災害を除き救世の大道を樹立したまひし、長大なる物語であります。アヽ惟神霊幸倍坐世。
  大正十一年十月十二日 於五六七殿
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki