王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻
文献名2第3篇 玉置長蛇
文献名3第12章 霊婚〔1420〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月04日(旧01月17日) 口述場所竜宮館 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
本文の文字数5134
本文のヒット件数全 1 件/竜宮館=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  四辺暗澹として日月星辰の光もなく肌を劈く如き寒風は上下左右より吹雪となつて吹き来る。魑魅魍魎の叫ぶ声、山の尾の上や川の底より嫌らしく聞え来る。身体兀立し、痩せ衰へた一人の男、杖を力にトボトボと崎嶇たる隧道を当途もなしに下り行く。ややホンノリと明るくなつたと見れば野中に立てる大なる家屋の前、何処の果かは知らねども、かかる淋しき一人旅、何は兎もあれ、立寄つて一夜の宿を乞はむものと門を潜つて入り見れば、柱は虫喰ひ、処々に壁破れ、高き堂舎も柱根砕け朽ち、梁棟傾き歪み、垂木梠、脱け落ち、得も云はれぬ臭気四辺に充ち満ちたり。熊、鷹、鷲、蚖蛇、蟒、蝮、蜈蚣、蚰蜒、百虫、貉を始め名も知れぬ悪虫の輩、屋内を前後左右に往来し、屎尿の臭鼻をつき、蛆虫、糞虫、足許に集まり来る其嫌らしさ。テームスは途方に暮れて此家を立去らむと思ふ折しも山犬の群、幾百ともなく現はれ来りて、左右よりテームスを取囲み、飢疲れたる様にてテームスを噛み喰らはむと吠猛る。テームスは命限りに此家を立出で救ひを呼べど如何はしけむ、声調乱れて吾乍ら其何を云へるやを弁じ難き迄になつて来た。されど恐怖心に駆られて萱草の生えたる薄暗き野路を、杖を力に転けつ輾びつ逃げ出せば前方より夜叉、悪鬼、二人の女を追ひ駆け来る。女はテームスが前に躓き倒れた。よくよく見れば吾子のスミエル、スガールの二人である。夜叉、悪鬼は忽ち追つき、苦しむ二人の娘を忽ち四肢を引きちぎりテームスが面前にて噛み喰らう、その嫌らしさ。目の前吾子の危難を見る、身も世もあられぬ心の苦み、神を念じ、せめては吾身なりと救はれむと合掌せむと焦れども如何はしけむ身体強直し、自由の利かぬ浅間しさ。こりやかうしては居られぬと八九分迄も喰ひ尽された娘の首を眺め、これ今生の見おさめと転けつ輾びつ、北へ北へと走れども、何者か足にまつばる心地して、焦れば焦る程進み得ざるぞ悲しけれ。後の方より幾百万とも数へ難き程の夜叉、悪鬼の叫び声、
悪鬼『ヤアヤアそれへ逃げ行くテームスの爺、一時も早く引捉へ吾等の食に供せむ』
と呼ばはる声に驚いて空打仰げば空中に六面八臂の妖怪、妻のベリシナの頭髪を掴み空中にブラ下げてゐる。ベリシナは悲鳴をあげて、
ベリシナ『テームス殿、助けておくれ』
と呼ぶ声、五臓六腑に沁み渡り、煩悶苦悩やるせなく進退ここに谷まつて、因果を定め佇む折しも、以前の妖怪は数千人の曲鬼を率ゐて、テームスが前に現はれ来り、雷の如き声を放つて言葉鋭く、
妖怪『吾は兇党界の大魔王、妖幻坊を使役せる羅刹なり。汝が家は祖先代々より民の膏血を絞り、巨万の財を積み乍ら、饑餓凍餒の民を救ふ事を知らず、貪婪悪徳日に月に重なり罪障滅する時なく、ここに汝が祖先は冥罰を蒙り、かくの如き夜叉悪鬼となり、屎尿を飲食し、悪獣悪虫を餌食となし、極熱極寒の苦みに日に幾回となく悩められ悲惨の生涯を送りつつあり。然るに汝、此度弥勒神政の太柱神、大国常立大神の守らせ玉ふ三五教の宣伝使治国別の助けにより最愛の娘が危難を救はれ、一時は命の親と喜び崇め、三五教の信者とならむとまで誓ひたりしに、汝の精霊頑愚鈍慳にして心中已に三五教を忌避し居るに非ずや。又バラモン教の宣伝将軍鬼春別以下の司に救はれ赦されたる真人に対し、その言葉に、行ひに無限の悔蔑を表はし人々の精霊を悩ます罪、万死も尚及ぶべからず。汝今の間に心を改めざれば、これより極寒地獄に突堕し、無限の永苦を与ふべし。早く来れ』
と手を執つて北へ北へ無理無体に引摺り行く。
 テームスが祖先と聞えたる夜叉、悪鬼の数々は後より嫌らしき声を一斉に放ちて追かけ来る浅間しさ。骨肉相食む地獄道の此惨状にテームスは人心地もせず、魔王がなす儘に泣き叫び乍ら、際限もなき枯野ケ原の石道を真裸足のまま、足を破り血を路上に染つつ無我夢中になつて曳かれ行く。
 何時とはなしにテームスは薄暗い険峻な山の麓に着いてゐた。以前の悪鬼羅刹の影は煙の如く消え、四方の山の上へ悲しげな叫び声が、間歇的に風のまにまに聞えてゐる。火の様な風が吹いて体を焦すかと思へば、凍てつく様な寒風が忽ち吹き返し、氷柱の雨火の雨交る代る頭上に集中し下り来る。漸くにして目を開き四辺を眺むれば虎、狼、熊、獅子等が食物に飢たる如き様子にて幾百とも限りなく一人のテームスの肉を食まむと狙めつけて居る恐ろしさ。忽ち『キヤツ』と女の叫び声、よくよく見れば妻のベリシナが獅子、虎の群に両方より足を啣へられ吾目の前にて青竹割れにされ、群獣は忽ち寄り集つてバリバリと音を立て、残らずいがみ合ひ乍ら食つて了つた。
 テームスは進退谷まつて運を天に任せ、観念の眼を閉ぢて居る。暑さと寒さに殆ど人心地もなかつた。忽ち雷鳴轟き電光閃き渡り、テームスの身体は空中に捲き上げられ、フワリフワリと幾百里とも知れぬ山河を下に眺め、火焔の濛々と立上る山の頂に落下した。黒煙は異様の臭気を放つて瞬く内に彼の身体を包んで了つた。何処ともなく、
『目を開け!』
と大声に呼はるものがある。怖々乍ら眼を開けば先に空中より下り来りし妖怪羅刹は彼が前に二人の女の両足をグツと左右の手に握り、頭を逆様にして崎嶇たる岩の上にコツリコツリと杖をつく様に臼搗いて居る。二人の娘はキヤーキヤーと悲鳴をあげ苦しげに泣き叫ぶ。テームスは一言を発せむとすれども、息塞がり舌つりあがり、ウの声も出なかつた。羅刹は巨眼を開き、声を荒らげて云ふ、
羅刹『汝、宿世の罪業によつて、現在の愛児の血をすすり、肉を喰ひ骨を粉にして食すべし。然らざれば汝も亦かくの如くなすべし』
と云ふより早く、二人の女の頭部を力限りに岩に打ちつけメヂヤ メヂヤに砕いて了つた。
 テームスは止むを得ず肯づいた。羅刹は姫の頭肉の断片を竹篦の先に掬うてはテームスの口に捻ぢ込む。テームスは止むを得ず、之を食はざるを得なかつた。口は痺れ醶く苦く毒薬を呑む如き苦しさを感じた。羅刹は大口開けて高笑ひ、
羅刹『アハハハハ、その方は今娘の肉を一口食つて味を知つたであらう。汝が祖先は玉置村の里庄として人民を苦しめ数多の貧者の膏血を絞り、汝が代になつては益々甚だしく、其富巨万を重ね玉木の村に巍然たる邸宅を構へ、天地を畏れず、驕慢の限りを尽す不届者、吾は人民の怨霊団結してここに羅刹として現はれしものぞ。いざ之よりは汝が精霊肉体ともに石を以て叩きつけ、幾百の肉団となし、汝が為に生前苦しめられたる精霊に分与すべし。さア早く此岩上に横はれ』
と罵り乍ら、その場に突き倒した。
 かかる処へ天の一方より霊光輝き来り、テームスが前に落下した。羅刹は此火団に驚いて何処ともなく姿を隠した。火団は忽ち一柱の神人と化した。よくよく見れば鬼春別将軍が円満具足なる霊衣を身に着し、莞爾として立つてゐる。テームスは打驚き初めて口を開き、
テームス『ああ貴方は鬼春別様で厶いましたか。誠に失礼な事ばかり心の裡で思ひました。それ故祖先の罪と自分とで斯様な処へ落されたので厶いませう。何卒私の罪をお赦し下さいませ』
と手を合し涙を流して頼み入る。
鬼春『拙者は御存じの通りバラモン教のゼネラル、鬼春別で厶る。三五教の宣伝使治国別の一行の霊光に包まれ自我自愛の夢も醒め翻然として神の道を悟り、生き乍ら地獄道に陥落せし身を救はれ、吾精霊は神界の命によつてエンゼルとなり、今ここに治国別宣伝使の命によつて汝を救ふべく下り来れり。汝も今より吾に做つて前非を悔い、神の御前に犯し来りし罪悪を陳謝せよ。然らば汝が娘も妻も神の恵みに救はるべし。夢々疑ふ勿れ』
と云ひ放ち紫の雲に乗つて嚠喨たる音楽の響と共に中天高く帰り行く。後見送つてテームスは名も知れぬ高山の上に跪き其勇姿のかくるる迄涕泣し乍ら合掌し悔悟の念に駆られつつあつた。
 俄に聞ゆる阿鼻叫喚の声、テームスは何心なく谷底を見れば焔々たる猛火に包まれ、嫌らしき妖怪や黒蛇の数限りなく猛火に焼かれ、悶え苦しみ泣き叫ぶ声であつた。此山の麓は空地もなく火に包まれ、妖怪毒蛇が焼き亡ぼされつつあつた。翼なき身は空中を翔り此場を逃るる訳にも行かず、頻りに天津祝詞を奏上し神の救ひを祈りゐる。
 かかる処へ雲に乗つて勢よく降り来る一人の神人がある。よくよく見れば吾家に逗留したる万公である。万公は莞爾として、その前に立現はれ軽く目礼し乍ら、
万公『舅殿、此谷底を御覧なさいませ。沢山な妖怪や毒蛇が焼き亡ぼされてゐるでせう。これは皆テームス家の祖先が作つた罪業の化生した悪魔で厶いますよ。又此万公は貴方の祖先代々に苦しめられた憐れな人民の霊が凝結して万公となり、此世に生れ来たものです。私はそれ故どうしてもテームス家の後を継いで此テームス家の財産を人民に平等に分配し罪を亡ぼさねば、舅殿を始め祖先の罪は赦されますまい。お気がつきましたかな。万民の精霊が集まつて万公と名を負ひ現界に生れたのですよ』
テームス『いや、どうも有難う厶ります。因果応報の道理によつて先祖代々地獄の苦みを受けるのも已むを得ませぬが、三五教を奉じ玉ふ貴方が吾家の養子となり、祖先の罪を赦して下さるのなら、此位有難い事は厶いませぬ。併し乍ら、スミエル、スガールの両人は悪鬼羅刹の為に肉体を粉砕され、もはや現界には居りませぬ。どうして家を継ぐ事が出来ませうか。娘がなくても養子になつて下さるでせうか』
万公『御心配なさいますな。治国別の宣伝使がお守りあればスミエル、スガール両人は極めて安全に肉体を保つてゐられます。さアこんな処に何時迄居つても堪りませぬ。私と一緒に帰りませう』
テームス『伴れて帰つて下さるか。あ、それは有難い。然し罪多い吾々、どうして此火焔の山を下る事が出来ませう』
万公『いや宜しい。貴方も大変に足も疲れて居りまする。私が背に負うて帰りませう。僅か三千里ばかり走れば玉置村の宅へ帰れますから』
テームス『何、三千里、大変に遠い所迄何時の間に来たのだらうな』
万公『精霊の世界では三千里や五千里は現界の一丁を歩する暇もかかりませぬ。さア早く背をお抱へ下さい』
と手をつき出せばテームスは小児の様な気になり、
テームス『ああ老いては子に従へだ。そんなら婿殿、宜しく頼みます』
万公『親が子に礼なんか云つたり、頼む必要はありませぬ』
と云ひ乍ら甲斐々々しく背に負ひ、猛々たる火焔の中をドンドンと火傷もせず、矢を射る如くに下り行く。
 万公に負はれて山を下れば、際限もなき青草茂る原野があつた。原野の真只中を一瀉千里の勢でトントントンと駆け出せば、水晶の水を湛へた沼に行きあたつた。流石の万公も之には辟易して息を休め、思案を凝らさむとテームスを青芝の上にソツと卸し双手を合せて、
万公『三千世界の梅の花  一度に開く常磐木の
 松の神世となりにけり  顕幽神の三界を
 救はせ玉ふ三五の  救ひの神と現れませる
 国治立の大御神  豊国姫の大御神
 神素盞嗚の大神の  瑞の御魂に仕へたる
 治国別の宣伝使  松彦、竜彦神司
 万公別が真心を  憐れみ玉ひ今ここに
 現はれまして此沼を  首尾克く渡らせ玉へかし
 朝日は照るとも曇るとも  月は盈つとも虧くるとも
 仮令大地は沈むとも  神の恵みは常久に
 変らせ玉ふ事あらじ  守らせ玉へ惟神
 玉置の里のテームスが  世継となりし万公別
 真心こめて神々の  御前に慎み願ぎ奉る
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 只何事も人の世は  直日に見直し聞直し
 世の過ちを宣り直す  恵も深き神勅
 仰ぎ敬ふ今日の空  救はせ玉へ惟神
 尊き神の御前に  親子二人が慎みて
 救ひを願ひ奉る  ああ惟神々々
 御霊の恩頼を賜へかし』
 かく歌ひ終るや際限もなき沼は忽ち変じて青畳となつた。テームスは目を開きよくよく見れば、鬼春別が読経せし隣室に目を眩して倒れてゐたのである。治国別、鬼春別、松彦、竜彦其他の人々は枕頭に集まつて懇切に介抱をし、天の数歌を頻りに奏上してゐた。ああ惟神霊幸倍坐世。
(大正一二・三・四 旧一・一七 於竜宮館 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
霊界物語を始めて読む人のための参考書『はじめて霊界物語~第1巻を読んでみよう』(Kindle版)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータの大半はオニドで配布しているテキストデータ(青空文庫形式)をもとに作成しています。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)