王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: 徳公 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 35 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第4章 砂利喰〔678〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/徳公=2 ...、信者に化込んで這入つて居ります。それは徳公と云ふ智慧も力も立派に備はつた大親分です......に備はつた大親分です』玉治別『ナニ、あの徳公が貴様の親分と云ふのか。彼奴は聖地で門掃... 1
2 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第1篇 暗雲低迷 第3章 不知火〔695〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...プス教の教主と云うて威張つて居られた時、徳公を聖地に入り込ませ、玉の在処を考へさして... 2
3 霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 第3篇 峠の達引 第22章 蛙の口〔963〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 25 件/徳公=25 ...いか分りやしないよ』 徳は泣声になつて、徳公『こりや、高公、貴様は何と云ふ勿体無え事......……でも無い酒を辛抱して飲んでやるのだ』徳公『勿体ない事を言ふな。こんな結構な酒があ......の素首を引つこ抜きに来るから用心せいよ』徳公『馬鹿云ふな。そこには底があり蓋もあるの......れちや、身体も何も潰げて了ふぢやないか』徳公『貴様は馬鹿だな。あれ丈け親分が恋慕して......』高公『何で又そんな妙な事をしたのだい』徳公『馬鹿だなア、貴様等には親分の神謀鬼策は......云はないから、俺に其訳を聞かして呉れえ』徳公『やあ何奴も此奴も酒に喰ひ酔うて寝りよつ......なら云つてやらう。抑も其理由は斯うだ。此徳公はな、遠国から来たものだからまだ虎公やお......とも無い。捕ぬ狸の皮算用しても駄目だぞ』徳公『何、大丈夫だ。チヤーンと確信があるのだ... 3
4 霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 第3篇 峠の達引 第23章 動静〔964〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/徳公=6 ...早く往つて呉れないと、遅れちや駄目だぞ』徳公『ヘエ、行く事は行きますが、どうも根つか......貴様に言ひ付けるか。サア早く用意をせよ』徳公『用意をせよと仰有つても、是丈ヨーイが廻......に酔うて如何なるものか、サア早く立てい』徳公『親方、何と云つて下さつても、腰が立ちま......うかい』三公『ドウも仕方のねえ奴だなア』徳公『本当にドウも仕方のねえ奴だ。他人の女房......与三『親分、何ぞ御用でげすかなア』三公『徳公を一つ裏の谷川へ連れて行つて、水を呑ませ......だ。そんな事で親方勤めが出来ると思ふか』徳公『トクと思案をして見た所、何を言うても人... 4
5 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...を跋渉し、屋方村の男達大蛇の三公の乾児の徳公と、虎公実は虎若彦の部下の久公を引連れ、... 5
6 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第1篇 向日山嵐 第5章 案外〔969〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/徳公=4 ...に来たのだから、三公の親分を初め与三公、徳公、高、勘の兄弟分にも早く知らして下せえよ......る。 源公外二人の乾児は驚いて、与三公、徳公等が酒に酔ひ喰うて管を捲いて居る座敷に慌......釈もなく酒宴の場に乗込み来る。 与三公、徳公は弱腰を抜かし狼狽へ廻る可笑しさ、吹き出......分だ、有難う御座いやす』『もしもし親方、徳公もどうか一つ願ひます。如何にも斯うにもな... 6
7 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第1篇 向日山嵐 第6章 歌の徳〔970〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/徳公=6 ... あゝ惟神々々 御魂幸はへましませよ』 徳公はツと立ちてうたひ出した。『あゝ惟神々々......た。『あゝ惟神々々  神の恵みを蒙りて 徳公が此処に言霊の  お歌をうたひ奉る 大蛇......身魂となりながら 今の今まで知らず顔  徳公さまを急き立てて 向日峠の山麓に  埋め...... 与三公の奴まで騙されて  本当になつて徳公よ 早く行かなきや親方が  大きな目の玉......後にツと廻り  擦つてくれた御親切 この徳公もこれを見て  轟く胸を撫で下し ヤツと......心したと云ふ証  思ひ違ひのない様に 此徳公の言ふ事を  うまく呑み込んで下さんせ ... 7
8 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第1篇 向日山嵐 第7章 乱舞〔971〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ... 八公は徳公の歌にそそられて、覚束なくも謡ひ初めたり... 8
9 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第1篇 向日山嵐 第8章 心の綱〔972〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 7 件/徳公=7 ...た喧嘩もなく、極めて無事である。 六公、徳公、高公及び虎公の乾児なる新、久、八の六人......……ハイ……と云つて、あの優しい目元で、徳公の顔を恋しさうに眺めながら、気よく注いで......なア、大したものだらう、オツホン』『オイ徳公、こんな奴の云ふ事、本当にしちやならねえ......まぬが、親分と此新公計りだよ』『一つこの徳公にソツとお愛さまの素性を明かしては呉れめ......時もガヤガヤ騒がしいのは当然だ。此新公と徳公と寄つて、新徳を発揮し、乱麻の如き乱れ果......らな、アツハヽヽヽ』と肩をゆすつて笑ふ。徳公は「フーン」と云つた限り、感に打たれてゐ......く鐘の音、ゴーンゴーンと静かに聞え来る。徳公『ヤアもう子の刻だ。皆さまこれから休みま... 9
10 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第1篇 向日山嵐 第9章 分担〔973〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...変りだからなア。本当に素敵なものだ。オイ徳公、俺が一つ貴様の改悪記念にお梅さまを女房... 10
11 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第3篇 火の国都 第17章 霧の海〔981〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 8 件/徳公=8 ...いへぬ気分になつて、眠たくなりますよ』『徳公さま、随分あなたは地理に詳しい方ですなア......首の絶えた事のないといふ危険区域です。此徳公は地理には精通し且豪胆者だといふことを、......と、命じたのですから、何事があらうとも、徳公のゐる限り大丈夫ですから御安心なさいませ......ことをいつて、荒井ケ岳の曲神を慴伏させる徳公が一厘の仕組、実に勇ましき次第なりけりと......すわい、アハヽヽヽ』『オホヽヽヽ、元気な徳公さまだこと』『オイ徳、モウ夜が明けてゐる......か、それツ!』といひ乍ら、前をまくつて、徳公の方に向つて竜頭水の如く塩水を噴出する。......のは当然だ。これでも三公の身内に於ては、徳公と云つてバリバリ者だから、グヅグヅ吐すと......助けて上げやせう、アハヽヽヽ』『コレコレ徳公、久公、冗談もいい加減にしておきなさい。... 11
12 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第3篇 火の国都 第18章 山下り〔982〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 11 件/徳公=11 ...みて見えざれど  高山彦の頭見えつつ。 徳公と久公二人を伴ひて  実に面白き旅をなす......に包まれて  風静かなる荒井ケ岳の尾』 徳公は尻馬に乗つて詠ふ。『黒姫に従ひ来れば山......。 腰抜けの弱い男と道連に  なつた迷惑徳公の損だ。 急坂を泡吹きながらキウキウと ......ふ。『トク頭病見たよな禿げた山の上に  徳公の野郎が慄ひ居るなり。 口ばかり十年先に......心のゆくまで脂とつてやろか  不道徳なる徳公のために。 野も山も霞や霧に包まれて  ......  久公一人で事足りぬべし。 心から嫌な徳公と山登り  一しほ汗が深く出るなり。 屋......奴 深い罪科を重ねつつ  身の程知らずの徳公が 高い山坂登るとは  是こそ天地転倒だ......教を  忘れて居つたか待て暫し 黒姫様よ徳公よ  今云うたのは俺ぢやない お前の肉体... 12
13 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第3篇 火の国都 第19章 狐の出産〔983〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 10 件/徳公=10 ...く様にして交る交る手に掬ひつつ喉を霑す。徳公『旅人の生命養ふ清水かな。 滾々と水の御......らな。俺も一つ此清水で駄句つてみようか』徳公『風流を知らぬ貴様に如何して俳句が出来る......』久公『何、俺の名句をよく聞け! 岩清水徳公の餓鬼の生命かな。 餓鬼達が集まり来る清......生命かな。 餓鬼達が集まり来る清水かな』徳公『アハヽヽヽ、もつと云はないか。もうそれ......な。 湧き返る胸板冷す清水かな。 岩清水徳公の腹に虫がわき』......徳公『馬鹿にするない。水臭い事ばかり柚ぢやな......値はあるよ』 久公は黙して答へず。『これ徳公さま、出産と云ふものは大切なものだから、......一体合点のゆかぬ代物ぢやないか』『これ、徳公さま、お黙りなさい。産婦に障りますよ』『... 13
14 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第3篇 火の国都 第20章 疑心暗狐〔984〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/徳公=2 ...従いて「ドツコイシヨ」  やつて来たのは徳公だ 狐の嫁入「ドツコイシヨ」  すると云......れても  此黒姫は構はない さはさり乍ら徳公よ  チツトは慎みなされませ 此神国は言... 14
15 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第3篇 火の国都 第24章 歓喜の涙〔988〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...姫は愛子姫に厚く礼を述べ、無礼を謝し且つ徳公、久公にも其労を謝し別れを告げ、いそいそ... 15
16 霊界物語 第47巻 舎身活躍 戌の巻 第2篇 中有見聞 第11章 手苦駄女〔1244〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...いでも、間接に落して居るのだ。現に今来た徳公でもさうぢやないか』 叶枝は稍言葉馴れ、... 16
17 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 前付 総説 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 2 件/徳公=2 ...輪の玉を、反逆者なる小北山の役員、初公、徳公に命じ、文助の手より奪還せしむる場面より......苦悶の淵に沈むところより、ケース、初公、徳公が狸のために裸体となつて角力を取らせらる... 17
18 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第1篇 霊光照魔 第2章 怪獣策〔1317〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 7 件/徳公=7 ...改悪致して、お菊は入れない事にし、初公と徳公を、ここへ呼んで、ドツサリ酒を飲まさうぢ......杯奢つて下さつても損はいきますまい。のう徳公、本当に羨ましいぢやないか』妖幻『ハハハ......は、全く神様のお仕組だ。オイ、初公さま、徳公さま、俺の盃を一杯うけてくれ』初『イヤ、......れし郎党ばかりか、ヤヤ面白い面白い、サ、徳公、一杯行かう』『ヤ、これはこれは誠に以て......らぬぢやないか』『イヤ、分りました。のう徳公、貴様も賛成だらう』徳『ウーン、お前が賛......マウマと 占領せむとの企みごと  初公、徳公両人を うまく抱込み酒飲まし  さうして......ますぞ  これこれ高姫、杢さまよ 初公、徳公両人よ  胸に手をあて思案して 臍をかむ... 18
19 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第1篇 霊光照魔 第4章 乞食劇〔1319〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 4 件/徳公=4 ...ヘン、之が違ひつこはありませぬわい、のう徳公』と初公は、『ウン ウン ウン』と拳を握......山には何一つ用もなければ権利もない。おい徳公、貴様は高姫さまの代理ぢやないか。何故黙......まの代理ぢやないか。何故黙つてゐるか』 徳公は高姫気分になり、肩を揺り首をふり婆声を......めつつ 慄ひゐるこそ可笑しけれ  初公、徳公よく聞けよ 杢助司と名告りゐる  彼は誠... 19
20 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第1篇 霊光照魔 第5章 教唆〔1320〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 5 件/徳公=5 ...なつた妖幻坊の無理をなだめながら、初公、徳公の両人が返答如何にと心待ちに待つて居た。......タスタと青い顔して帰つて来たのは、初公、徳公の両人であつた。高姫は目敏く之を見て、『......あつた。松姫は驚いて、『ヤアお前は初公、徳公、血相変へて何しに来たのだ』初『そんな事......矢庭に初公の足を銜へて引き倒した。続いて徳公の足を又もや銜へて其場に引き倒し、ウウー......ませる方が無難でよからう。其代りに初公、徳公は乱暴を働いた奴だから、松姫の前に連れて... 20
21 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第1篇 霊光照魔 第6章 舞踏怪〔1321〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 5 件/徳公=5 ...ても構はぬから三百ばかり叩いて上げよう、徳公さまは私の名を騙つたのだから私が叩いてあ......芝居ぢや、痛くもないのに猿のやうに初公と徳公が泣いて居るわ。ありや八百長だよ。お母さ......やりませう』とピシヤピシヤと撲りつけた。徳公は息が切れむばかりになつてヒーヒーとひし......せ。これお千代や、お菊さまと二人、初公、徳公の側に筵をもつて行つて其上に寝かせ、お前......来れ』と一生懸命坂道を逃げ出した。初公、徳公両人は之を見るより尻の痛さも忘れ、トント... 21
22 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第2篇 夢幻楼閣 第7章 曲輪玉〔1322〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 2 件/徳公=2 ...。文助はビツクリして手を放した、トタンに徳公は漸く遁れ、初公と共に足をチガチガさせな......そんな物は知らぬといふのです。そこで私と徳公が、何知らぬ筈があるものか、其ブンブン玉... 22
23 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第2篇 夢幻楼閣 第8章 曲輪城〔1323〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...へ後逐うて 追つつき来る高姫や  初公、徳公両人と しばし息をば休めつつ  肝腎要の... 23
24 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第4篇 夢狸野狸 第16章 暗闘〔1331〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...りを幸に、『ヒヤー、恨めしやなア、初公、徳公の両人に頭をコツかれ、ブンブン玉をボツた... 24
25 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第4篇 夢狸野狸 第17章 狸相撲〔1332〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...ひ興じてゐた。立変り入変り、古狸が初公、徳公を相手に相撲を取つてゐる。けれども初、徳... 25
26 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第4篇 夢狸野狸 第18章 糞奴使〔1333〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...五教の未来の宣伝使初公別命だ。もう一人は徳公別命だぞ』ケース『お名を承はりまして初め... 26
27 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第4篇 夢狸野狸 第19章 偽強心〔1334〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...くなるのだから裸でも結構だ。おい初公別、徳公別、急いで斎苑の館へ参る事にしよう』初『... 27
28 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第4篇 夢狸野狸 第20章 狸姫〔1335〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 2 件/徳公=2 ...します』『某は初公別と申します』『拙者は徳公別と申す、未来の宣伝使で厶います。何分宜......を、どうしても取返さなくてはなりませぬ。徳公と両人力を協せて高姫、杢助の魔法を破つて... 28
29 霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 第4篇 夢狸野狸 第21章 夢物語〔1336〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...り上り行く。ケース『オイ、ガリヤ、初公、徳公、もうやけだ、飛び下りようぢやないか。何... 29
30 霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 第2篇 文明盲者 第10章 霊界土産〔1346〕 出口王仁三郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...妙の真理をば  含ませ給ふ有難さ 初公、徳公両人は  妖幻坊や高姫の 醜の曲津に欺か... 30
31 霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 第2篇 文明盲者 第11章 千代の菊〔1347〕 出口王仁三郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...封じ込み  守り居たりし折もあれ 初公、徳公帰り来て  曲輪の玉を奪はむと 文助さま... 31
32 霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 第4篇 怪妖蟠離 第18章 臭風〔1354〕 出口王仁三郎 1925刊 DB
RMN
全 2 件/徳公=2 ...、否ヘーユさして見たいものだ。オイ初公、徳公、何かいい考へはあるまいかの。こんな奴が......『まるで化物みたやうな女だなア』ガリヤ『徳公、化物は始めから定つてるぢやないか。此奴... 32
33 霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 第4篇 怪妖蟠離 第20章 険学〔1356〕 出口王仁三郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/徳公=1 ...、ケースであらうがな。そして二人は初公、徳公の両人、随分貴様も悪事にかけては抜目のな... 33
34 霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 第4篇 怪妖蟠離 第21章 狸妻〔1357〕 出口王仁三郎 1925刊 DB
RMN
全 6 件/徳公=6 ...せう。何と云つても曲輪城ですから、本気で徳公もお受けは出来ませぬ、アハハハハ』 高姫......人、盛装を凝らして現はれ来り、一人の女は徳公の首玉に喰ひつき、柔かい頬を顔ににじりつ......ねえ四人のお方』 四人は一時にうなづく。徳公に喰ひついた女は名をサベル姫といふ。『徳......耳を舐めたり、手を舐めたりして恋しがる。徳公は魂が有頂天となつて、耳を咬み取られ、指......サベル姫さま、こんな所へお越しになると、徳公さまが気を揉みますよ、ハハハハハ』『ホホ......すよ、ハハハハハ』『ホホホホホ、あたえ、徳公さまが嫌ひで嫌ひでたまらなくつて、逃げて... 34
35 霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 第4篇 怪妖蟠離 第22章 空走〔1358〕 出口王仁三郎 1925刊 DB
RMN
全 2 件/徳公=2 ...ランチ、片彦将軍は青い面して慄うてゐた。徳公は耳たぶをむしられ、大の字になつて、シク......感謝してゐる。そこへランチ、片彦両将軍は徳公を助けて入り来り、初稚姫の前に危難を救は... 35
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki