王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: 竹山彦 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 15 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第5篇 百花爛漫 第29章 九人娘〔422〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 11 件/竹山彦=11 ...輝いてゐる。 春山彦の門前には、照山彦、竹山彦の二人が数多の家来を引き連れ、突棒、刺股......、『これはこれは、何方かと思へば照山彦、竹山彦の御両所様、数多の供人を引き連れ、この真......を致せ』 春山彦は二人を導き一間に入る。竹山彦は数多の部下に向ひ、『その方共はこの館を......訳も、空吹く風と聞き流すこの照山彦だ』 竹山彦は威儀儼然として、『かうなつた以上は百年......、吾々はここに休息して待つことに致さう、竹山彦がお請合申す』『しからば半刻の猶予を与ふ......、暫くお待ち下さいませ。今直に参ります』竹山彦『何をぐづぐづ埒の明かぬこと。早く三人を......れへ連れ参ります。よく御実検下さいませ』竹山彦『オー、早く出せ。ここの家には秋月姫、深......は聞いてゐる。その娘の顔をよく見知つたる竹山彦、身代りを出さうなどと量見違ひいたして、... 1
2 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第5篇 百花爛漫 第30章 救の神〔423〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 9 件/竹山彦=9 ...人の男、見れば今三人の宣伝使を伴れ帰つた竹山彦なるにぞ、春山彦はハツと驚き、一つ免れて......折角助かつて、ヤレ嬉しやと思ふ間もなく、竹山彦のあとへ引返して、これに来りしは、途中に......より真ツ二つにせむと、真向に振り翳すを、竹山彦は大地に倒れながら悠々迫らず、『春山彦、......、思ひ知れよ』とまたもや斬つてかかるを、竹山彦はヒラリと体を躱したまま、ツカツカと座敷......と座敷へ進み入る。夏姫を始め六人の娘は、竹山彦の再び現はれしに驚き、夢に夢見る心地し、......ヤア、悪逆無道の鷹取別に組する悪魔の張本竹山彦、この春山彦が正義の刃喰つて見よ』と、又......の刃喰つて見よ』と、又もや斬り付くるを、竹山彦は利腕を確乎と握り、『アハヽヽヽ、春山彦......、大江山に現はれたる鬼武彦の化身にして、竹山彦とは仮の名、松、竹、梅の三人の宣伝使を救... 2
3 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第5篇 百花爛漫 第31章 七人の女〔424〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/竹山彦=1 ...の危さ、手段をもつて鷹取別が臣下となり、竹山彦と佯はつて甘く執り入り、常世神王の覚も目... 3
4 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第5篇 百花爛漫 第37章 凱歌〔430〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/竹山彦=1 ...玉にあらずやとの鷹取別の御疑ひ、照山彦、竹山彦の証言もあれど、念のため、汝が娘三人を一... 4
5 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第1章 常世城門〔431〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 8 件/竹山彦=8 ...の峰分け昇る天津日に、丸い頭も照山彦や、竹山彦は勇ましく、松、竹、梅の宣伝使、輿に舁が......、声を張り上げ、『ヤアヤア門番。照山彦、竹山彦が帰城。一時も早くこの大門を開けよ』 折......と開けば、長途の旅に疲れ果てたる照山彦、竹山彦も功名心に煽られて、馬上裕に門番を睥睨し......門さして走り来り、『これはこれは照山彦、竹山彦の御両所様、暫くお待ち下さいませ。常世神......奏上した上、お指図に任せ下さいますやう』竹山彦『エイ、何を愚図々々、横さの道を歩むに妙......ら叱りつけたり。赤熊はきつとなり、『ヤア竹山彦様、それはあまり傍若無人と申すもの。吾等......居る。忽ち門内より声あつて、『照山彦殿、竹山彦殿、常世神王の御機嫌最も麗しく、首を伸ば......よ。各部屋に立ち帰り緩りと休息せよ、ヤア竹山彦殿、続かせられい』と先に立ち、輿を舁がせ... 5
6 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第2章 天地暗澹〔432〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/竹山彦=1 ...り候へば、篤と御実検を願ひ奉る』 続いて竹山彦も大音声、『仰せに従ひ、漸う使命を果し立... 6
7 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第3章 赤玉出現〔433〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 12 件/竹山彦=12 ...張りしが如く傲然として構へ居る。照山彦、竹山彦はズツと退つて下座に控へ、間の国に使ひせ......大自在天だと、途上にての噂、聞いたる時の竹山彦の心の裡の腹立しさ。......竹山彦の竹を割つたる清い正しい心は何とやら、常......何に三五教の宣伝使、常世の国に来るとも、竹山彦のあらむ限りは、わが天眼通力にて所在を探......さ臍茶の至り、ワハヽヽヽヽ』と四辺に轟く竹山彦の笑ひ声。 日は早西に傾きて、黄昏告ぐる......倒し、息も絶え絶えに呻き苦しむ折もあれ、竹山彦は暗中より大音声、『ヤア、奇怪千万なる此......リと止みて、空には一面の星光り輝き渡る。竹山彦は火打を取り出し、カチカチ火を打ち銀燭を......たり常世神王様、お怪我は御座いませぬか。竹山彦、御案じ申す。イヤなに松代姫殿、神王の御... 7
8 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第4章 鬼鼻団子〔434〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 4 件/竹山彦=4 ...貴女様の御指揮を仰ぎ奉る。何分粗暴極まる竹山彦、御遠慮なく宜敷く御叱り下さいませ』と敬......、ヤア、今迄は鷹取別様の家来となつて居た竹山彦、今日より常世神王のお言葉に依りて、直々......。貴下は吾々の同僚と心得られよ。斯く申す竹山彦の顔の真中なるこの鼻は、何時とはなしに、......。少しく変ではござらぬか』『ハイ……』 竹山彦は恭しく、『これはこれは御上使様、よく入... 8
9 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第5章 狐々怪々〔435〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 15 件/竹山彦=15 ...だ。マアマアお役目柄、斯う云ふ時は下役の竹山彦は都合がいいワイ。サアサア鷹取別さま、上......フガフガ、ホンナホトハなんて、何の事だか竹山彦にはさつぱり分りやしない。ハナハナもつて......ンチキチン、コンチキチンだ』照山彦『オイ竹山彦、ソンナ無駄口を言つてる場合ぢやなからう......ア、誰ぞよい智慧貸しては呉れまいか、この竹山彦に』 かかる処へ、広国別の偽常世神王は、......り申さなくてはならぬ。ぢやと申して……』竹山彦『ぢやと申して、鬼と申して、虎と申して、......『ぢやと申して、鬼と申して、虎と申して、竹山彦には何とも、しし仕様がありませぬワイ。こ......きチン、コンコンチキチン、コンチキチン、竹山彦、カンカンチキチン、カンチキチン』 斯か......五教の宣伝使照彦、よく御検視下さいませ』竹山彦『ヤー、これはこれは中依別殿、お手柄お手... 9
10 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第6章 額の裏〔436〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 4 件/竹山彦=4 ...た。さてもさても不思議な事で御座るワイ』竹山彦『不思議と言つても、斯様な不思議が御座ら......で御座らう』鷹取別『フギヤフギヤフギヤ』竹山彦『是はしたり鷹取別殿、まだ明瞭とは申され......伝歌でも歌へば消えるでせうかな。コレコレ竹山彦殿、貴下は何とか御工夫はあるまいか』『サ......のであらう。ヨヽヽ余程よい白痴ぢやワイ』竹山彦『ヤイ、その方共は何を小さい声で吐いて居... 10
11 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第7章 思はぬ光栄〔437〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 10 件/竹山彦=10 ...り暇を遣はす。一時も早くこの場を立去れ』竹山彦『これはこれは、中依別殿の御言葉とも覚え......られよ』蟹彦『イヤア、偉いえらい、流石は竹山彦の御大将、それでこそ人民の水上に立ち、人......心あらば貴下先づ責任を以て退職せられよ』竹山彦『コラコラ蟹彦、門番の分際として声名高き......つて無礼であろうぞよ』蟹彦『これはこれは竹山彦の御大将様、中依別は常世城に、大勢上役の......ます。旗色の好き方につくのが当世、もはや竹山彦の一声にて日ごろ傲慢不遜なる中依別が退職......ペロと散るやうなざまになりました。どうぞ竹山彦の御大将、一時も早く御英断を願ひます。私......まい。高野川にでも身を投げて死んで了へ』竹山彦『コラコラ両人、此処を何と心得て居る、勿......イ改心改良仕ると四這になつて謝れ。然らば竹山彦が暫らくの猶予を与へる。その間によつく胸... 11
12 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第8章 善悪不可解〔438〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/竹山彦=3 ...り、門番となつて表門を堅く守れ。イヤ何、竹山彦殿、今日よりは貴下と同役、今後はお心安く......は貴下と同役、今後はお心安くお願ひ申す』竹山彦『これはこれは痛み入つたる御挨拶、何分よ......となる。何と合点のゆかぬ事で御座るワイ』竹山彦『ヤア鷹取別、照山彦、何をグヅグヅ致して... 12
13 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第19章 替玉〔449〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/竹山彦=1 ...うものなら如何することも出来ない。せめて竹山彦だけなりと残して置けばよかつたに』広国姫... 13
14 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第20章 還軍〔450〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 9 件/竹山彦=9 ...えゐる。『ヤアヤア、吾は常世神王の従臣、竹山彦なるぞ。この門速に開けよ』倉彦『オイ、黄......よ』倉彦『オイ、黄泉島へ出陣したと思つた竹山彦が帰つて来よつたぞ。こりやきつと敗軍ぢや......二人は立つて閂を外し、左右に門を開いた。竹山彦は雲霞の如き大軍を率ゐて、威風堂々と入り......神王夫婦は、青息吐息思案に暮るる折しも、竹山彦の帰り来りしと聞きて合点ゆかず、四五の侍......かず、四五の侍臣と共に本殿に現はれ来り、竹山彦に拝謁を許した。......竹山彦は威勢よく神王の前に座を占めたり。常世神......く神王の前に座を占めたり。常世神王『汝は竹山彦に非ずや、黄泉島に出陣せしに非ざるか。然......は其意を得ず、これには深き仔細のあらむ』竹山彦『御不審御尤もなれど、ロッキー城には悪人... 14
15 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第23章 神の慈愛〔453〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/竹山彦=1 ...、ハイヨーハイヨと鞭を加へて進み行く。 竹山彦その他の部将は、この光景を見て、抵抗する... 15
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki