王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第5巻 言霊解・其他
文献名2【随筆・其他】よみ(新仮名遣い)
文献名3よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2016-11-28 17:49:49
ページ431 目次メモ
OBC B121805c217
本文の文字数555
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 春の野に咲く百花千花  蝶々の如くに飛び交ひて
次へ次へと移り行く  主の浮気のじれつたさ
わたしや悩まし寝られない  もしもお酒が飲めたなら
一時二時三時でも  胸の悩みを忘れむものを
ほんに此の世はままならぬ  女と生れたかなしさは
いか程胸のさわぐとも  一人をつつしむ春の宵。
   ○
主をあやつる心猿意馬を  のろふ心はなけれども
思へばかなしい春の夜半  小さい女のこの胸に
警鐘乱打の響きあり  ほんにつれないこの思ひ
いづれに向つて吐逆せむ。
   ○
春は悩まし君の留守  今日で二十日も顔をみぬ
親しい主の友が来て  庭の桜をかこつけて
酒を進むるじれつたさ  み空の月も吾が胸を
あはれみたまふかおぼろげに  のぞかせたまふとみるうちに
しとしと降り来る春の雨  ほんにつれないはづかしい。
   ○
女ざかりの二八の春を  桜の娘とうたはれて
一人寝る夜の淋しさは  神より外に知らざらむ
深山の奥の柴栗も  ひらくためしのあるものと
さとらぬ父上母上の  心の空がじれつたい
このままいつまでしのび得む。
(昭和六・二・一三 更生日記 二の巻)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki