王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第5巻 言霊解・其他
文献名2【随筆・其他】よみ(新仮名遣い)
文献名3嗚呼歌人よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例旧仮名遣いを新仮名遣いに改めた。 データ最終更新日2021-04-20 13:40:12
ページ573 目次メモ
OBC B121805c263
本文の文字数1324
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  昔から歌人と言えば十中の八九はいずれも世捨人の寝言であったかの感じがする。故に英雄豪傑と言わるる人の歌はあまり専門的に多作は無いようだ。しかしながら日本は言霊の幸わう国である以上、あまり世捨人や坊主や医者にのみ任しておきたくない。それで自分は努めて和歌を作り新進の空気を社会に注入し、活発なる社会を造り万民の幸福をはからんと明光誌を発行しつつあるのである。現代の歌壇を一通り見渡すに、いずれも貧弱なる思想と生活にあえぐ小人鼠輩の集合で、一として豪放さも真面目さも無く、いたずらに世を呪い強者を敵視し外来思想にかぶれたるものばかりである。敷島の歌なぞと実に敷島の道が聞いて涙をこぼすであろう。自分は今まで日本現代の歌壇を買いかぶっていたことを今さら悔ゆる次第である。とうてい物にならないのは現代の歌壇だ。
 貧乏生活をさらけ出して得意気に歌ってみたり、悲観的な辞句を際限もなく長々と羅列したり、細心的な小心翼々たる文句を並べ立てて、どこに日本男子の本領があるか。女々しい泣き言を上手に言ったのが佳作としている現代の歌人なるものは決して正気の沙汰とは思われない。活字から目を放せば皆目記憶に残らず、歌を誦読すれば舌を噛むような音律の乱れたるもののみにして、その心事の狭隘なる、卑劣なる、実に言句も出ない有様である。もはや現代の歌壇においては、一人として吾が恐るべき作歌者の無きを看破した自分は、吾が明光社員の高尚優美なる歌に対して力強く感ずる次第である。
 俗に言う、牛は牛連れ馬は馬連れだ。なまじいに人間が牛の中へ飛んで出ても意志と想念に天地の差があるのだから、あまりかれこれ言うのも口の汚れだ。筆の損失だ。とは言ふものの惟神の大道をあまねく天下に宣布して理想天国を地上に建設し、世界万民永遠の幸福と安心を得させんとする機関明光社の歌と、人類の生活のみに即して不平を並べ立てる歌壇の人たちとは、根本的にそりが合わないのはむしろ当然だとすれば、現代歌壇に対してあまりこき下ろすのも可愛想でもあり、また無理かも知れない。日本には立派な言霊が幸わっていながら努めてそれに遠ざかり、かつ喜んで脱線せんとする現状は真に憐れむべき状態である。明光社人よ、必ず国風の粋を学びて大成されんことを切望する。
    ○
 天下経綸の大神業に奉仕し、世界永遠の平和と幸福を希う吾々大本人にとっては、現代の歌壇の趨勢や歌の作意を見て、たちまち心性の堕落を感じ、天国より急転直下、地獄道に墜落したる観念が起こってくるようで実に不快である。自分が今回歌壇に入ったのも、その新しきを憧憬してでも無く、現代のいわゆる歌人なるものの心理状態を探らんがためであった。しかしながら天下有用の材を今の歌壇に求めんとするは労して功なく、意志想念の概して地獄的であり、自己本位であり、生活のみに没頭して我が国体の精神を知らざるもの多く、否、知りても知らぬ顔する小人の多きに愛想をつかしてしまったのである。これから考えてみても、吾が明光社は国家のため、斯道擁護のため、層一層奮励努力せざるべからざるを切に感ずるものである。
(昭和五・七・三一 庚午日記 七の巻)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki