王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年よみ(新仮名遣い)
文献名3教鞭よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ28 目次メモ
OBC B121808c16
本文の文字数692
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─十三歳より十六歳まで─

背の高き生徒におぶさリボールドに白字しるして教鞭をとる
十三の教師のわれは何も知らず女工場の女にからかひつづけし
満二年小学校に教鞭をとりて十五の春にしりぞく
    ○
父の業たすけて農事や醤油売り附近の村落荷ひまはりつ
醤油うりし代金くれぬもどかしさ腹のたつまま廃業なしたり
    ○
わが村の豪農斎藤源治氏の家にやとはれ近侍つとむる
酒呑みの主人に毎夜つれられて亀岡附近の料理屋まはれり
奥様と主人の中にはさまれて苦しき立場をあぢはひにけり
    ○
玉の井の池に関して村人の圧迫つよく窮地におちいる
プロレタリヤ小作の父は地主等に小作田のこらずとり上げられたり
雇はれし主家にいとまをこひながら村全体と論争をなす
論争の結果やうやくわれ勝ちて池の年貢を村より収むる
弱ければ踏みつぶさるる世と知りて心の駒をたてなほしたるも
    ○
小作田も少なくなりてやむを得ず車をひきて生活をなす
夜昼の差別もわかず京都市に薪の運送なしてくらせり
夕されば友だちのこらず夜遊びに出づれどわれは車ひくなる
雪霜の道ふみしめて真夜中に寒さしのぎて車ひきたり
雨雪の日はことさらに苦しけれ車のわだちいやおもくして
何故にわれかくのごとく不遇なる家に生れしかとかこちてもみし
    ○
筋も骨もくだくるばかりの苦しさに隣家の雇はれびととなりけり
垣一重へだてし隣の百姓家に雇はれ田作るわざにいそしむ
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki