王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年よみ(新仮名遣い)
文献名3角力よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ33 目次メモ
OBC B121808c18
本文の文字数808
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─十六歳の頃─

金剛寺夜学にかよひて友がきと毎夜菎蒻飯をたきくふ
親の目をしのびて米をかくし持ち菎蕩買ひて夜学の友と食ふ
金剛寺栗山禅師に漢籍をならひをはりて経文をよむ
棒よみに一切経ををしへられチンプンカンプン訳が分らず
その意味がわからぬながら経文をなめらに読むぞ楽しかりけり
法華宗妙見ごりのばあさんに宗教心をそそられしわれ
    ○
初秋の山に柴かり角力とりて腰の関節またもやいためし
籾荷ふ事さへかなはぬ下僕吾は腰なほさむと越畑にかよふ
越畑にかよふ夕暮愛宕山ふもとの森林にまよひて泣きぬ
夜嵐の吹きすさぶなる森林の闇にひと夜を泣き明しけり
路とはむ人かげもなき深山路の秋の夕べは淋しかりけり
東の空明けはなれ羊膓の小径つたひて村みしうれしさ
越畑の接骨医者の棟はるか目に入りしばし嬉し泣きせり
一本の杖を力にチガチガと山路たどれば腰のいたかり
整骨医表の門をおとなへば子供と侮りはねつけ入れず
涙声しぼりてこんこん頼みこめば不承不承に門あけくれたり
何をして腰いためたかと尋ねられ角力のかたみといつて呶鳴らる
これからは百姓の下僕の分際で角力とるなと声高にいふ医者
今年の秋の仕事の間にあはぬなどといひつつ腰もみにけり
チガチガとビツコひきつつ主家に帰り医者の言葉を伝へて叱らる
腰痛をこらへしのびて重き荷をになひて秋を泣き泣きはたらく
何時の間にか腰の痛みは止まりけり生命を的に重荷かつぎて
忙しき秋の農業の終りし日間にあはぬとて追ひ出されたり
追ひ出され家に帰ればたらちねの父は怒りてまた追ひ出せり
    ○
腰いためながらもわれは辻角方飯より好きといひつつやまずも
貧しさに昼夜はたらく若き日のわれは一しほ苦しかりけり
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki