王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年
文献名3荷車
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B121808c19
本文の文字数689
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─十七八歳の頃─

霜の夜の一番鶏に起き出でて凍てたる道を荷車曳き行く
凍て道に足すベらせて土橋のうへより荷車もろともに落つ
父と子が川底に落ちてさいはひに微傷だもせず神の救助か
生活の資料の荷車破壊して貧しき世帯のなやみは増しぬ
亀岡の寝しづまりたる町中を毎夜カラカラ荷車曳きゆく
篠村のとろとろのぼり坂道を霜夜に汗して荷車を曳く
大枝坂松風洞を出づるころ東の空はしらみそめけり
松風洞東に出づればくだりざか車の轍やすやすころがる
大枝坂七本杉のかげに立ち霜夜の汗を拭きつつやすらふ
真夜中を大枝の坂に車曳きて山賊共におびやかされたり
夜から夜へ働きてえし利得をば一度は残らず山賊にとらる
霜の朝も夏の真夜中も厭ひなく荷車曳きし若き日のわれ
生活におびやかされて止むを得ず昼夜わかたず働きしわれ
田を作るいとまいとまに柴を刈り車をひきて若き日はすぐ
生活に忙しき身も歌を詠み句を作りつつ楽しき日ありぬ
    ○
音頭の声破らむとして囂囂とみなぎり落つる瀧浴び唄ふ
瀧の音と声を競ひて咽を破り血を吐きしこと毎度ありけり
七匹の狸の昼寝発見し鎌をふるつて二匹まで獲る
柴の荷に狸ぶらさげ帰るさの月夜にあやまり山池に落ちぬ
たそがれて柴担ひつつ墓の下ものをもいはず走りてかへる
穂芒の風になびける夕まぐれ墓下道にきもをつぶしぬ
臆病とひとにわらはれ腹立てど墓の下道何時もいやらし
薮陰の辻の地蔵に線香立ついやらしき道も恋許り通へり
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki