王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年よみ(新仮名遣い)
文献名3米搗よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ78 目次メモ
OBC B121808c37
本文の文字数495
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─二十三四歳の頃─

早魃の稲田に水をそそがむと昼夜わかたず注水をなす
稲の田は白くかわきて土地亀裂萎びし稲葉見る目もさびし
    ○
用水井掘らむと水筋かんがへて深夜に地下の水脈さぐりぬ
地の中の流るる水の脈さぐることに妙得しわれとなりけり
村人に頼まれ地中の水脈を探りて井掘ればあやまたざりけり
用水井掘る村人はかならずやわが指揮待ちて水筋にあたる
    ○
百姓の夜業に毎晩米を搗く脚のだるさにくるしみなやむ
どうかして楽に米の搗ける機械発明せむと日夜焦慮す
後前に唐臼を据ゑ杵つけて米搗き見れど結果良くなし
米搗の機械の発明失敗し父にしかられ村びとにわらはる
米搗の機械の失敗したるより米屋と綽名付けられにける
このほかに二三の農具の発明を考案したれどいづれも失敗
冬されば雪積む小柴かきわけて小柴を刈りぬ百姓われは
春の日は芝草を刈り車曳き貧乏生活平気に暮れ行く
秋来れば松山に入り落松葉篭に充たして農を楽しむ
夏の日は仕事の暇に溝川に小魚をあさりて楽しみしわれ
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki