王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年よみ(新仮名遣い)
文献名3毛布よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ80 目次メモ
OBC B121808c38
本文の文字数618
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─二十三四歳の頃─

物ごころさとりはじめて夜遊びに赤毛布肩にかけて出でたり
毛布裏に小砂利や木の葉の付着せるを翌朝見出でて顔赤めつつ
夜遊びに毛布かかへて出る奴は男惣嫁よとわらふ友がき
二人坐す夜辻に人の気配しておどろき毛布捨ててて逃げたり
小夜更けて毛布拾はむと潜みゆけば跡方もなく梟の鳴く
梟の鳴く音も吾をあざけるごと耳にさはりて腹の立つ夜半
梟の鳴く音憎しとたたずめば木下陰より細い手が出る
怪物が出たかとこはごは近よれば毛布要らぬかと女の苦笑ひ
箸豆なあなたの心なほるまで毛布あづかりおくと女の声
種種と言ひ訳すれどあざ笑ひ首を左右にふりつつすすり泣く
この毛布わたしが上げた真心と泣きつつ怒れる是非もなき夜半
赤毛布しきの田舎の青年の恋にも涙のある世なりけり
    ○
秋されば村人交夜稲の番を夜な夜な辻の藁小屋になす
秋の夜の長き徒然に畦の豆根こそぎにしてあぶりては食ふ
藁の火にあぶりし秋の畦豆ははぢけたるまま焼けて残れる
藁灰の中の焦豆選り出して食ふくちびるの真黒になりたる
灰混り焼けたる豆を口にして黒き唾液をプツプと吐き出す
稲盗む奴は居ぬかと木を拍つて野路をめぐる秋の夜寒し
稲盗む人かげ見付け大声に呼べば稲の荷捨てて逃げたリ
稲盗む奴は百姓何人としらべ見れども手がかりさへなし
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki