王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年
文献名3病牛
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B121808c42
本文の文字数1289
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─二十三四歳の頃─

牛畜の流行性感冒むらむらにありて井上往診いそがし
井上の留守に薬をとりにくる飼主にわれ薬をあたふ
重曹や規那末芒硝酒石酸調合なして十銭に売る
十銭にやつたと云へば井上は十五銭よと目をむきいかる
二銭ほどの薬を十銭に売つたのに何が悪いと抗辯をなす
猪古才な世帯知らずといひながら梶棒もちてなぐりにかかる
逃げながら麦畑の土をひつつかみ井上目がけて投げかけにけり
土埃目にかかりしにや井上はばたりとたふれ涙して居り
われもまた驚き如何にとたち寄ればこん畜生と怒りてなぐる
真清水をバケツに汲みて目を洗ひふくれ面して家に帰れリ
約五里を隔てし和知より病牛の往診たのみ百姓来れり
井上はいそいそとして金儲けまた出来たりと急ぎ出でゆく
    ○
井上の母は来りて一石の蚕を棚に飼養してをり
急電によりてわが伯母郷里なる高屋の里にいそぎ帰れり
井上の母はわがため伯母なりきわが子を褒めてわれのみそしる
わが伯母の高屋に帰りしそのあとで二眠の蚕をもみつぶしたり
真夜中に井上和知より帰り来て棚の蚕をつくづくみてをり
おい喜楽えらい鼠が荒れよつた猫かりてこよとやかましくいふ
わが為せしこのいたづらを井上は鼠といひしにはつと落ちつく
    ○
真夜中に南陽寺の門をうち叩き猫借りたしと和尚に言ひこむ
真夜中に猫をかせとは不思議なりそのわけ話せと和尚は迫る
やむを得ずありしことごと詳細に話せば和尚はふき出し笑ふ
そんなことするよな男に寺の猫は貸してはやらぬと和尚は笑ふ
いたづらを鼠と思てる井上も耄碌してると言ひつつわれ笑ふ
わが声を聞きて寄り来る寺の猫をぐつと抱へて逃げ出しにけり
喜楽さん解剖してはいけないよと和尚は大声あげて云ひけり
解剖もしませぬ炊いて食ひませぬしばらく貸してと言ひつつ走る
猫抱へ家に帰れば井上は何処の猫かとしきりに尋ねる
南陽寺和尚にかつて来ましたと言へば井上眉さかだてる
南陽寺和尚にかつて来た猫は去なせと井上目をつる
南陽寺の猫でも鼠はとりますよと云へばこの猫蚕食ふといふ
井上の言葉の如くこの猫は蚕をむしやむしや食ひはじめけり
井上はこん畜生と猫とわれを一度にぴしやりと杖にてなぐる
流行性感冒の牛出来たりとまた真夜中に百姓きたる
洋服に身をかためつつ靴の音たかく井上出でゆきにけり
あくる朝ふたたび猫をつれ来たり蚕の虫をくはせて楽しむ
わが伯母は早朝高屋ゆ帰り来て直はゐぬかとわれに問ひをり
直やんは牛の流行性感冒でどつかへ行たとわれ答へたり
蚕食ふ猫をみつけてわが伯母は気をつけぬかと甲高にいふ
知らぬ間に猫が出て来て知らぬ間に蚕をむしむし食たと答ふる
井上の帰りし靴音ギウギウと聞きつつわれは牧場に走る
留守番がなくては蚕も飼へないと伯母井上に妻帯すすめをり
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki