王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年よみ(新仮名遣い)
文献名3妙妙よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ110 目次メモ
OBC B121808c51
本文の文字数940
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─二十四歳の頃─

わが父は家に祭壇あひもうけあした夕べに妙妙と宣る
村人に妙妙さんと綽名され若き自分は恥ぢらひたりけり
歯のいたみ封じて呉れた神様も妙妙だけはいやになりしなり
わが村に五人の妙霊新信者父が宣伝のために出来たり
月次祭に祝詞称へに廻れよと父にいはれて困り果てたる
何よりもはづかしいのが一杯でどうしても口から妙妙が出ず
天津祝訶神言ばかり奏上し妙妙いはず逃げかへりける
本部より岸本布教師巡教のためにきたりて布教師すすむる
岸本氏のすすめによりて吾が父の布教師すすむることの辛さよ
    ○
故郷の穴太にしばし帰りゐしがまたも園部に逃げ出してゆく
園部町藤坂方にゆきみれば主人は妙妙さんとからかふ
園部にも妙霊信者数十人あれど一つもろくなものなし
内藤の家に到りてやすみをれば河内十人斬りの歌うたひ来る
十人斬りの歌おもしろく門芸者のあとに終日したがひてゆく
村村を従きまはりつつ夕暮に腹をへらして叔父の家訪ふ
叔父の家にいたりて夕飯請求し一夜泊りてまたすすめらる
おまへならきつと立派な布教師になると教祖が宣らせしといふ
又しても叔父の勧めのうるささに朝未明より逃げ出しにけり
心短気な熊太郎弥五郎十人殺して名を残すと吾はそれより唄ひつづけり
十人斬りの歌をうたひて藤坂の主人にきつくどなられしわれ
人斬つて名を残すやうな奴の歌うたふ奴は家へ出て来なといふ
ごもつとももうこれからは来ませぬと向ひの内藤方に出でゆく
内藤の菓子屋に入りておもふさま雇人等とうたひあきたり
翌日もその翌日もおなじ歌うたひてつひに内藤氏に怒らる
    ○
止むを得ず惟平翁のもとにゆきふたたび和歌の講釈をきく
来年は獣医試験を受けぬかと井上来りしきりにすすむる
畜生の医者になるより人間の医者がましだと吾こたへたり
井上は勝手にせよと言ひ捨ててプンプン怒りかへつてぞゆく
井上のかへりし後で諸手組みしばし思案にくれてゐたりき
獣医試験はねつけ見たれど何となく惜しき心地ししばし考慮す
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki