王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年よみ(新仮名遣い)
文献名3相聞よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ122 目次メモ
OBC B121808c55
本文の文字数532
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─二十五歳の頃─

真夜中に雪踏みわけて想ふ人の家にかよひぬ二十五の春
二十五の春迎へども初初しく子供のやうだといへる彼はも
あまりにも人目の関のたかければ小暗き薮の細道ゆかよふ
ふつくらと肥えたる彼女の白き顔闇の夜半にも目の前に浮けり
につこりと笑める彼女の面ざしに暫し忘れぬ貧しき生活も
親と親の許しをうけてあからさまに添ひ遂げばやと手を握り泣く
朝なさな得意に牛乳配りをへて少しの間さへ逢ひて楽しむ
田舎にはたぐひまれなる美人よと噂聞くたび胸とどろきぬ
吾が外に彼女を恋ふる人あらば如何にせむかと心いためし
色白きか弱き女はめとらせじと叱言いひ出しぬ頑固なる父
わが家は百姓なれば尻ふとく色黒き女が適すると父いふ
たらちねの父の言葉に叛くべきみちはなけれど忘らえぬ彼女よ
恋といふ味はひ彼女に逢ひてより深くも深くもさとり初めたり
牧場は稲田隔ててむかひあへり朝夕遠く見合ひてほほゑむ
玉の緒のいのちの綱を握りあひし二人のなかに雲霧もなし
今しばし待たせ給へよひとり世に立つとき来れば晴れて添はまし
覚束なわが独立をたのしみて待てる彼女はいとしかりけり
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
超訳霊界物語 八人乙女(やたりおとめ)編 ~世界に間配られた16人のスサノオ・ファミリー
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki