王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年
文献名3紅筆
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B121808c56
本文の文字数662
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─二十五歳の頃─

大ぞらの月に薄雲かかるごと二人の仲になやみの湧きぬ
朝夕に彼女の面の悩ましさ見るわが胸は裂けなむとせり
悲しみの極みは恋と聞きぬれどかほど辛しとおもはざりしよ
咲き匂ふこころの花は夜嵐にうちたたかれて散らむとぞせし
そよと吹く風にも散らむ桜木の花にひとしき恋となりぬる
春の夜の月に匂へる桜花を手折るとしのぶ浮かれ男の腕
かにかくに独り立つ身にあらざれば暫しさかりて時を待たなむ
花匂ふ月も朧の夜なりけり暫しさかりて時待たむと誓ひぬ
    ○
君と今別れて住むはつらけれど末のためよと抱き合ひて泣く
抱き合ひて落す涙の雨の露に二人の真心かがやく月の夜
誓ひてし彼女を浪花に送りおきてわれ牧場に朝夕いそしむ
彼女よりきたる玉章をひらき見て若きこころはときめきわたる
手紙などかならず送りたまひそと彼女より来る紅筆の文
二ケ月の間隔日に文おくる彼女のやさしき心根に泣きぬ
    ○
青天の霹靂二ケ月半ののち彼女の手紙におこる低気圧
玉章を披きてみれば手も震ひ色あをざめて歯の根もあはず
父と姉の言葉にそむけず結婚の日に入水すと震へる手の跡
あたら世に命捨つるには及ばじとなだめすかして返し文送りぬ
若者われもののあはれをさとりてゆ心の空に雲たち迷ふ
あきらめてみむと幾度思へどもむらむらもえたつ胸のほのほよ
身も魂もやきつくされむおもひにて青息吐息月にかこてる
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki