王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年よみ(新仮名遣い)
文献名3親子よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ157 目次メモ
OBC B121808c71
本文の文字数679
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─二十六七歳の頃─

夕暮に吾が住む舘にたづね来しをみなをおくる真夜中の道
小幡橋わたるころより雪降りて吹く風さむく家路にともなふ
約二里の彼女がやかたへ雪の道高下駄はきておくり着きたり
中村の彼女の父はおどろきてお前は何処の馬骨かと訊く
侠客の名を売つてゐた多田亀は一人むすめの彼女の父なる
多田亀は吾が首筋を押へつけこれでもどうだと拳骨ふりあぐ
吾が家の一人娘を貴様等の自由にさせぬと声高に呶鳴る
僕ばかり悪いのではないお互ひよと首押へられつ言ひかへしたり
ふりあげたその拳骨を如何するかお前の可愛い娘の男よ
多田亀はプツと吹き出し手をはなしお前は度胸が太いとほめる
俺とこの養子になるならこの娘やつてもよいと微笑みて言ふ
百日目に養家を出されたこの男これでもお気に入るかと吾云ふ
そんなこととくの昔に聞いてゐる俺は娘のこころ次第だ
彼の女両手をついてお父さん貰つておくれよ一生の願ひだ
これからは侠客の道教へてやるなどとそろそろ喧嘩の話す
盃を片手ににこにこ多田亀は穴のあくほどわが顔をみる
一寸気の利いた男よ侠客になればかならず名を挙げるだらう
多田亀といへば丹波の山中で押しも押されもせない侠客
脊はたかく身体はふとく力強く一寸見てさへおそろしき男
鬼とでも組みつくやうな侠客も娘の愛におぼれしとみゆ
やがてもう夜があけるから穴太まで送つてあげよ彼女に父いふ
親と子の縁を結びの盃を重ねてひよろひよろ雪道かへる
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki