王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年
文献名3髪梳
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B121808c72
本文の文字数815
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─二十六七歳の頃─

友禅の派手な蹴出しを冬の風にまくらせ彼女は吾を送れり
高下駄を穿ちて雪道かへるさの田圃のなかに転げ落ちたる
起きるのは容易なれども彼女の手に抱かれむ為そのままにをり
彼の女悲鳴をあげてわが身体力にまかせ抱きおこしたり
雪道はもう歩けない負うてくれと駄駄こねてみし夜明けの野路に
大力の女わが身を背に負ひて人里近くあゆみつきたり
喜楽さんもう夜が明ける恥しいここから歩いておくれと女のいふ
こんなこと恥しやうで神聖の恋出来るかとわらひつなじる
どうなつと勝手におしよ知りませぬこれから家へ帰ると泣き出す
左様なら一人で穴太へ帰りますと下駄を手に持ち跣足で走る
走りつつふり返り見れば彼の女跣足になりて追ひかけきたる
川上の村にかかれば流石にもうら恥しく消えたく思ひぬ
    ○
牧場にかへりてみれば時おくれ村上技手のすごき顔付
これからは心得ますと頭掻けば村上にやりと笑うて顔みる
ついて来た彼女は軒にたたずみて恥しさうに泣きわらひせり
村上氏彼女にむかひ寒いのに御苦労さまと皮肉言ひ居り
この頃はどうかしてゐる喜楽さんを気をつけなされとやじる村上
こら親爺かまうてくれなと言ひながら薪ふりあげて吾は鍋を打つ
叩きたるはづみに鍋の耳とれて村上爺さん舌打ちいかりぬ
門口から小便はこく鍋は割るえええ餓鬼やなーとまたも舌うち
彼の女三日四日と流連し母の宅までたづねて行きぬ
お母さん私は喜楽の妻ですと初めて逢うた人にかたる彼女
ああさよかお前が伜の女かとすましがほなる気楽な母上
お母さん髪をとかして下さいと母の黒髪くしけづりをり
女房になるのは可いが吾が伜欺す注意と母いらぬこと言ふ
喜楽さんにだまされましても満足と彼女も気楽なことを云つてる
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki