王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第8巻 わが半生の記
文献名2【上巻】故郷の弐拾八年
文献名3野送
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B121808c73
本文の文字数798
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 ─二十六七歳の頃─

この日頃病に臥せるわが父はどれなと女房にきめおけといふ
内縁の妻はあれども一生の妻見あたらずと吾こたへけり
わが生命もう長からじ一日もはやく安心させよと父言ふ
大いなる希望ある身はやすやすと会心の妻見当らざるなり
父と吾の話をそつと立聞きて彼女はたちまち泣きいだしたり
しまつたと心をののき次の間にたち出でみれば彼女のかげなし
裏口の戸をあけみればわが母は彼女の袖をひきとめてをり
喜楽さんの心の底が見えましたあきらめましたと泣き泣き逃げゆく
心には少しかかれど男子の身追ひかけゆくを恥ぢらひてやむ
    ○
吾が父の病おもりて親戚に危篤の電報いそぎ打ちたり
京都市や亀岡園部河内など親族おのおのあつまりきたる
吾が父は吾に抱かれてやすやすと眠るがごとく息絶えにけり
吾が父の国替さへも知らずして母は炊事にいそしみませり
母の名を呼べばおどろき来給ひし時には既にこときれてをり
わがが父は五十四歳を一期としかへらぬ旅にやすやすつきぬ
一生の別れを父と告げにけり吾二十七歳になれるはつ秋
金剛寺住職たのみ仏式で西山墓地に野送りなしたり
野送りの後にひそひそ随ひて泣き泣き彼女も加はりてをり
垂乳根の父に別れし悲しさに吾が浮きごころとみに沈まる
貧乏な世帯の主となる身ぞと思へばしばし恋にとほざかる
雨のおと風のひびきも何となくさびしくなりぬ秋の夕暮
大任の身にふりかかりし心地して貧乏世帯の主人となりぬ
祖母と母弟妹五人を如何にして養はむかと思へば寂しき
亡き父の借金返せと村人のきびしき談判に吾悩みつつ
はたらきて弁済すると吾が宣れば鼻であしらふ金貸の男
碌でない女にうつつ抜しつつ金返せるかと危ぶむ金貸
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki