王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1惟神の道
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3世界非常時の真因よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考出典不明
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ218 目次メモ
OBC B123900c074
本文のヒット件数全 0 件
本文の文字数896
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  古来、真実に天地を達観し、顕幽を一呑し、時間と空間とを超絶し、永遠一貫の史実として、わが神代史を解く人の無かった事は実に痛嘆の至りである。
    ○
 全一の大神、即ち大宇宙の中をことごとく一身と為し給ふ大御神、及びその御分神の神々御素性並びに御動作等は、古事記の中に明示されてある。これら八百万の神々は奇魂、荒魂、和魂、幸魂をそれぞれ御所持あって大々的御神業を営み続けて居られるのである。故に奇魂の御作用には天も為に動き応じ、荒魂の御作用には火も為に動き応じ、和魂の御作用には水も為に動き応じ、幸魂の御作用には地も為に応ずるのである。
    ○
 人道の紊乱が即ち天道の変動を来し、君臣の乱離顛倒が天変地妖の源を為す因となるのである。君主臣民に対応して天地火水の感応することは、天機妙用の恐るべき神約である。我が国は神人合一、祭政一致の国柄と称ふる本意義はここにあるのである。即ち政治は宗教であり、宗教即ち祭事である。祭事とは天上と地上とを真釣り合せ、国土を清めて麻柱の大経綸を整備完成することである。
    ○
 天地火水と奇魂、荒魂、和魂、幸魂の詳細なる関係並びに宇宙万有の間に、この四大四魂の活動する有様、生物無生物、有形無形の間に、神徳神業の機を織ります御経綸の詳細は、容易に説き尽す事が出来ないが、要するに大神業の御発動は天地を掌中にもてあそび、万有を指先にて動かしめ給ふのである。
    ○
 日本の神代史においては神と人との境目が確然としてゐない。日本の神代史は到底解すべからずなどと云ってゐる学者があるが、かくの如く神と人との区別の分らないほどに日本国は天国に接近した国であり、大宇宙を所領し給ふ大神の神ながらの血統が永遠につづき、人と神とが区別の判然せぬほど接近してゐるのが本来の姿である。故に日本の道を神ながらの大道と云ふのである。即ち、この神人合一、祭政一致の道を離るれば離るるだけ、天の変動を来し、地妖到るところに生ずるのである。世界非常時の真因は実にここにあるのであるから、この真因を覚り、日本人本来の面目を発揮し、祭政一致、神人合一の境に入るべく努力しなければならぬ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki